トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 関屋貞三郎関係文書

関屋貞三郎関係文書

関屋貞三郎関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  2,225点

書架延長  5.1m

旧蔵者  関屋貞三郎 (せきやていざぶろう)

旧蔵者生没年  1875−1950

旧蔵者履歴  1875.5.4栃木生まれ。1899.7東京帝国大学法科大学卒、内務属、1900.5台湾総督府参事官、1902.1兼大蔵省参事官、1903.7兼内務大臣秘書官、1904.2兼台湾総督秘書官、1905.5兼関東民政署事務官、1905.7関東州民政署事務官兼台湾総督府参事官、1906.9関東都督府民政部庶務課長兼大連民政署長、1907.10佐賀県内務部長、1908.6鹿児島県内務部長、1910.10朝鮮総督府内務部学務局長、1917.10朝鮮総督府中枢院書記官長兼内務部学務局長、1919.8静岡県知事、1921.3宮内次官、1933.2依願免本官、1933.12貴族院議員、1935.2日本銀行監事、1939.6中央協和会理事長、1946.3枢密顧問官、1950.6.10死去。

受入公開
1981年、個人より寄託。1993年、追加寄託(番号1008〜1085)。2008年3月、寄贈。

主な内容  関屋宛書簡、書類、日記に大別され、書簡が大部分を占める(差出人は900名以上)。日記は宮内次官時代の1926年〜50年まで(1947〜49年欠)系統的に残っており、記述も比較的詳細である。書類は100点弱と数は少ないが、内務官僚として関わった朝鮮関係、宮中・皇室関係の資料が目立つ。

検索手段
関屋貞三郎関係文書目録 (PDF584KB)

複製  冊子複製版(80冊)で閲覧。マイクロフィルム(32巻)でも閲覧可。

関連文献
【資料紹介】
梶田明宏「関屋貞三郎」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡