トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> 「日本占領関係資料」の検索・複写申し込みガイド

「日本占領関係資料」の検索・複写申し込みガイド

 

「日本占領関係資料」の検索・複写申し込みガイド

  このページでは、憲政資料室所蔵の(1)憲政資料 (2)日本占領関係資料 (3)日系移民関係資料のうち、日本占領関係資料の調べ方と複写の申し込み方法について、ご案内します。憲政資料室の利用については 憲政資料室の利用案内外部サイトへのリンクをご覧ください。

1 日本占領関係資料とは?

  主に第2次世界大戦終了後の連合国による日本占領統治に関するアメリカの公文書などをマイクロフィルムやデジタル画像で収集したものです。具体的には連合国最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)文書や琉球列島米国民政府(USCAR)文書、米国国務省文書などです。資料のほとんどが公文書で、ほかに政策決定過程に重要な影響を及ぼした米国政府高官や軍人個人の日記や書類などがあります。当館が独自にマイクロフィルム化やデジタル化したものと、市販マイクロフィルムを購入したものがあります。「日本占領関係資料 発生機関別索引」「日本占領関係資料 所蔵機関別索引」で一覧することができます。

 

2 日本占領関係資料を調べるには?

  • NDL-OPACで検索する
      NDL-OPAC外部サイトへのリンクの「占領関係」のタブから日本占領関係資料の検索画面に入ります。検索項目、検索方法については、NDL-OPACヘルプ外部サイトへのリンクをご覧ください。また、検索にあたっては、以下の点にご留意ください。
    • 憲政資料室で所蔵している日本占領関係資料のすべてが検索できるわけではありません
        NDL-OPAC外部サイトへのリンクで検索できる日本占領関係資料はNDL-OPACで検索できる資料群をご覧ください。
        加えて、連合国最高司令官総司令部法務局文書(LS)極東軍総司令部法務部文書(JAS)国際検察局文書の一部(IPS-01、38、39)及び巣鴨プリズン文書(SP)については、個人情報保護の観点から、当館内(東京本館・関西館・国際子ども図書館)でのみ検索可能です。
    • 探せるのはフォルダレベルまでです
        NDL-OPACで検索できるのは、一部の資料を除きフォルダ(ファイル、簿冊)レベルまでです。検索項目の「タイトル」は、各フォルダに付けられているタイトルのことを指します。各フォルダには、数枚から数百枚の文書が含まれています。
        フォルダ内にどのような文書があるかを確認するには、実際にマイクロフィルム(またはマイクロフィッシュ)を確認する必要があります。
    • NDL-OPACデータの「所蔵状況」欄「Not Filmed 重複のため撮影せず」について
        原所蔵機関での資料の撮影時に他のボックス等に同じ資料があったためにマイクロ撮影を行わなかった場合は、この注記があります。 その他に、何らかの理由でボックス等に資料が入っていなかったために資料を撮影することができなかった場合も、この表示となっています。いずれの場合も所蔵がありません。
    • 一度に表示できる検索結果には上限があります
        検索条件に一致するフォルダが見つかると、一覧表示画面に結果が表示されます。検索結果の表示件数上限は1000 件です。

     

  • 当館ホームページに掲載されている目録で調べる
      「日本占領関係資料 発生機関別索引」「日本占領関係資料 所蔵機関別索引」から調査したい資料群のページに進むと、当館作成PDF版目録や出版社等のホームページで提供されている目録の情報が利用できる資料群があります。また資料の構成を詳しく紹介している資料群もあります。
  •  

  • 憲政資料室(東京本館)備付冊子目録で調べる
      資料群ごとの目録が憲政資料室内に開架されています。目録により、閲覧したい資料の請求記号を特定して下さい。

3 複写申し込みについて

  • 日本占領関係資料の遠隔複写申し込みは郵送用資料複写申込書を使用します
      日本占領関係資料の遠隔複写申し込みは、NDL-OPACからはできません。NDL-OPACでは「遠隔複写不可」と表示されます。
  • 複写申し込みには文書の特定が必要です
      フォルダレベルまでしか検索できず個々の文書の特定ができないため、登録利用者・登録機関の方であってもNDL-OPACからの日本占領関係資料の遠隔複写の申し込みはできません。郵送用資料複写申込書を使用した申し込みになります。NDL-OPACで検索できない資料についても同様です。
      複写をご希望の場合は、憲政資料室に来室して資料を閲覧の上、複写個所を特定して申し込みをしてください。来室が困難な場合は、お近くの公共図書館や大学図書館を経由した当館へのレファレンスサービスによりお探しの文書を特定した上で、当館の 遠隔複写サービス外部サイトへのリンクをご利用ください(NDL-OPAC「占領関係」の1件の書誌データで示されている文書の全てを複写するのであれば、レファレンスによる文書の特定は不要です)。
      なお、マイクロフィッシュ資料については、1枚のマイクロフィッシュに1つの請求記号が付与されており(例:CPC 01754)、最大で98コマが含まれています。遠隔申し込みの複写の場合は、原則として2コマ分を1枚の用紙(B4サイズ)に複写します。

4 新しく公開された資料を探す

  新しく公開した日本占領関係資料は、当館ホームページ上の「憲政資料室 新規公開資料」のページで随時ご紹介するほか、憲政資料室内にも掲示しています。

 

5 電子展示会(当館HP内)にみる憲政資料室所蔵資料(カラー画像)

  当館HP上のいくつかの「電子展示会」では、憲政資料室所蔵資料の一部をカラー画像で見ることができます。

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡