トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> 「日本占領関係資料」の検索・複写申し込みガイド

「日本占領関係資料」の検索・複写申し込みガイド

「日本占領関係資料」の検索・複写申し込みガイド

  このページでは、憲政資料室所蔵の(1)憲政資料 (2)日本占領関係資料 (3)日系移民関係資料のうち、日本占領関係資料の調べ方と複写の申し込み方法について、ご案内します。プランゲ文庫については、別途プランゲ文庫の検索でご案内しています。憲政資料室の利用については 憲政資料室の利用案内外部サイトへのリンクをご覧ください。

1 日本占領関係資料とは?

  主に第2次世界大戦終了後の連合国による日本占領統治に関するアメリカの公文書などをマイクロフィルムやデジタル画像で収集したものです。具体的には連合国最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)文書、米国戦略爆撃調査団(USSBS)文書、琉球列島米国民政府(USCAR)文書、米国国務省文書などです。当館が独自にマイクロフィルム化やデジタル化したものと、市販マイクロフィルムを購入したものなどがあります。資料のほとんどが公文書ですが、政策決定過程に重要な影響を及ぼした米国政府高官や軍人個人の日記や書類などの個人文書もあります。当館ホームページのリサーチナビのコーナーにある「日本占領関係資料 発生機関別索引」「日本占領関係資料 所蔵機関別索引」で一覧することができます。

 

2 日本占領関係資料を調べるには?

  • 国立国会図書館オンラインで検索する
      国立国会図書館オンライン外部サイトへのリンクの「詳細検索」をクリックし、「その他」のプルダウンリストから「日本占領関係資料」を選択します。検索項目、検索方法については、ヘルプ外部サイトへのリンクをご覧ください。現在、書誌データの遡及入力を進めており、憲政資料室で所蔵している日本占領関係資料の多くを検索することができます。検索できない資料については下掲の≪参考≫ 国立国会図書館オンライン「日本占領関係資料」では検索できない資料でご確認ください。「日本占領関係資料」ではプランゲ文庫の検閲新聞ゲラ及び米国議会図書館所蔵内務省検閲図書も併せて検索することができます。
      検索にあたっては、以下の点にご留意ください。
    • 憲政資料室所蔵の資料は、国立国会図書館オンラインで検索できる資料であっても、国立国会図書館オンラインから閲覧の申し込みはできません。憲政資料室で紙の「憲政資料室資料請求票」に氏名、請求記号、マイクロフィルムのリール番号、マイクロフィッシュのシート番号、文書番号等必要事項をご記入の上ご請求ください。ご請求の際には検索結果一覧だけでなく、必ず詳細表示もご確認ください。
    • 当館が独自にマイクロ化やデジタル化した資料については、フォルダレベル(一部はアイテムレベル)までの検索ができます。各フォルダ(ファイル、簿冊)には、一枚から数百枚の文書が含まれています。
    • 市販マイクロフィルム等については、原則として販売単位で書誌データを作成しています。書誌データだけでは文書の特定ができませんので、憲政資料室(東京本館)備付冊子目録や当館ホームページ(リサーチナビ)を調べる必要があります。一部の書誌データには当館ホームページ(リサーチナビ)へのリンクがあります。
    • 憲政資料室所蔵の日本占領関係資料全部が検索できるわけはありません。検索できない資料については下掲の≪参考≫ 国立国会図書館オンライン「日本占領関係資料」では検索できない資料でご確認ください。
    • 国立国会図書館オンラインの「所蔵情報」欄「Not Filmed 重複のため撮影せず」について
        米国国立公文書館での撮影時に重複する資料とみなしてマイクロ撮影を行わないことがありました。具体的には以下のような場合です。
          ・既に撮影している場合: General order、極東委員会文書、GHQ/SCAP各部局の報告類(例: CI&E special report、Monthly civil affairs activities report、NRS Weekly Summary)など
          ・市販のマイクロに含まれている場合: Supreme Commander for the Allied Powers Directives to the Japanese Government (SCAPINs)、 History of the Non-Military Activities of the Occupation of Japan, 1945-1951、Press Translations and Summariesなど
          ・当館の蔵書に含まれる場合: 主に官報、英文官報、帝国議会速記録、国会会議録などの政府刊行物や現行法令集覧などの法規集
        国立国会図書館オンラインの書誌の詳細表示の「注記」の欄にSee 5184 (44)やSee NDL Filmsと参照先が表示されていることがあります。
        このほか、 何らかの事情で撮影できなかった場合には、「Not Filmed ( )」と表示され、( )内にその理由を記しています。例えば、撮影時にフォルダーのみで資料がないときには「 Not Filmed (Folder only)」、撮影時にフォルダー全体が非公開のときには「 Not Filmed (Withdrawal notice only)」などと表示されます。
  • 当館ホームページ(リサーチナビ)に掲載されている目録で調べる
      「日本占領関係資料 発生機関別索引」「日本占領関係資料 所蔵機関別索引」から調査したい資料群のページに進むと、当館作成PDF版目録や出版社等のホームページで提供されている目録の情報が利用できる資料があります。また資料の構成を詳しく紹介している資料もあります。
  • 憲政資料室(東京本館)備付冊子目録で調べる
      資料群ごとの目録が憲政資料室内に開架されています。憲政資料室で紙の「憲政資料室資料請求票」に氏名、請求記号、マイクロフィルムのリール番号、マイクロフィッシュのシート番号、文書番号等必要事項をご記入の上ご請求ください。

3 複写申し込みについて

  • 「日本占領関係資料」は、登録利用者であっても、一部を除き国立国会図書館オンラインから遠隔複写を申し込むことができません(「遠隔複写」を選択できません)。国立国会図書館オンラインで遠隔複写を申し込むことができない資料及び国立国会図書館オンラインで検索できない資料については、「郵送用資料複写申込書」をご使用ください。「遠隔複写」を選択できる資料は国立国会図書館オンラインで遠隔複写を申し込むことができます。なお、当館の遠隔複写サービス外部サイトへのリンクは、登録利用者に限られていますので、登録利用者でない方は登録利用機関(公共図書館、大学図書館など)からお申し込みください。
  • どちらの場合にも複写申し込みには文書の特定が必要です
      複写箇所が特定できない場合には、憲政資料室に来室して資料を閲覧の上、 東京本館の複写サービス外部サイトへのリンクをご利用ください。来室が困難な場合には、お近くの公共図書館や大学図書館を経由した当館への レファレンスサービス外部サイトへのリンクによりお探しの資料を特定した上で当館の 遠隔複写サービス外部サイトへのリンクをご利用ください。
  • 当館が独自にマイクロ化やデジタル化した資料の場合、1件の書誌データで示されている文書の全てを複写するのであれば、レファレンスによる文書の特定は不要です。
      マイクロフィッシュの場合:例えば請求記号が「ESS(D) 12391-12394」と表示された資料の場合、マイクロフィッシュ4枚からなっています。マイクロフィッシュは1枚あたり最大で98コマが含まれています。この場合は、原則として2コマ分を1枚の用紙(B4サイズ)に複写します。
      マイクロフィルムの場合:例えば請求記号がYF-A13 R02: 0001-0082と表示された資料の場合、82コマからなっています。この場合は、原則として1コマ分を1枚の用紙(A4サイズ)に複写します。
  • 市販フィルム等の場合には、当館ホームページ(リサーチナビ)に掲載された目録やリンク先の目録で文書を特定できる場合もあります。国立国会図書館オンラインの検索結果から、リサーチナビの各資料の概要のページにリンクしていますのでご活用ください。

4 複写物の掲載等について

5 新しく公開された資料を探す

  新しく公開した日本占領関係資料は、当館ホームページ上の「憲政資料室 新規公開資料」のページで随時ご紹介するほか、憲政資料室内にも掲示しています。

 

6 電子展示会(当館HP内)にみる憲政資料室所蔵資料(カラー画像)

  当館HP上のいくつかの「電子展示会」では、憲政資料室所蔵資料の一部をカラー画像で見ることができます。

 

≪参考≫ 国立国会図書館オンライン「日本占領関係資料」では検索できない資料

  以下の資料については、国立国会図書館オンライン「日本占領関係資料」では検索で検索できません。《平成30年7月2日現在》

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡