トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 柴田家門関係文書(所蔵)

柴田家門関係文書(所蔵)

柴田家門関係文書(所蔵)

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  20点

書架延長  0.1m

旧蔵者  柴田家門 (しばたかもん)

旧蔵者生没年  1862−1919

旧蔵者履歴  文久2(1862).12.18山口生まれ、1890東京帝国大学法科大学卒、内閣書記官、内務省地方局長を経て、1901.6〜06.1第1次桂内閣内閣書記官長、1903.7貴族院議員(勅撰)、1908.7〜11.8第2次桂内閣内閣書記官長、1911.5兼拓殖局総裁、1912.12〜13.2第3次桂内閣文相、1919.8.25死去。

受入公開
1970年度、個人より寄贈

主な内容  地方長官会議での桂首相訓案や帝国議会での開院式勅語案など、内政に関する意見書・案などがある。

整理の方法  目録は「柴田家門関係文書(MF:個人蔵)」と一体

検索手段
柴田家門関係文書目録(仮)(所蔵と寄託を合冊) (PDF 134KB)

関連資料の所在
「柴田家門関係文書(MF:個人蔵)」(当室所蔵)

関連文献
【資料紹介】
季武嘉也「柴田家門」『近現代日本人物史料情報辞典』第4巻、2011

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡