トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 島内登志衛関係文書

島内登志衛関係文書

島内登志衛関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  1,497点

書架延長  3.8m

旧蔵者  島内登志衛 (しまうちとしえ)

旧蔵者生没年  1870−1922

旧蔵者履歴  明治3(1870).10.1高知生まれ。明治33年頃高知市で新聞高知夕報を発刊、のち上京し1907. 東京朝日新聞記者となる、1914ころ朝日新聞を退社し著述業に入る、のち黒潮社社長、1922.10.12死去。号は柏堂。

受入公開  2014年1月、個人より受入、同2月28日公開

主な内容  島内登志衛宛書簡、島内登志衛発書簡の控、島内登志衛の著書である『谷干城遺稿』・『大正名人録』・『頓知物語』・『書画売買の手引』の原稿・編纂資料、谷子爵邸売却関係資料

検索手段  島内登志衛関係文書目録(PDF 1.30MB)

関連資料の所在  「島内志剛関係文書」(当室所蔵)

関連文献
【資料紹介】
「憲政資料室の新規公開資料から」『国立国会図書館月報』643、2014.10
【伝記】
乾文雄「島内登志衛」『土佐史談』第175号、1987

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡