トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 島内志剛関係文書

島内志剛関係文書

島内志剛関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  1,523点

書架延長  4.7m

旧蔵者  島内志剛 (しまうちゆきたか)

旧蔵者生没年  1893−1957

旧蔵者履歴  1893.2.7高知生まれ。1916.5陸軍士官学校卒業、1928.3東京外国語学校露語科卒、1934.3~1935.2参謀本部附、1935.8~1937.8関東軍司令部附、1937.9~1938.10歩兵第103連隊大隊長、中支戦にて負傷、1939.8~1940.12参謀本部附、1940.12~1944.3第2航空軍司令部特種情報部長、1944.3~1945.12歩兵第417連隊長・中国軍管区司令部附、1944.8歩兵大佐、1946.9~1949.12広島蠣粉化学工業有限会社常務取締役、1953.6~外務省調査員、1957.11.19死去。

受入公開  2014年1月、個人より受入、同2月28日公開

主な内容  島内志剛宛一般書簡、父・島内登志衛や妻・島内瑞穂からのものを中心とする家族・親族発書簡、留守宅にあてた島内志剛書簡、出征時を中心とする日記(1912年、1927年、1935年8月~1945年11月)。その他の書類には点数は少ないもののロシヤ会関係のものなどがある。

検索手段  島内志剛関係文書目録(PDF 1.34MB)

関連資料の所在  「島内登志衛関係文書」(当室所蔵)

関連文献
【資料紹介】
「憲政資料室の新規公開資料から」『国立国会図書館月報』643、2014.10

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡