トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 清水谷公考関係文書

清水谷公考関係文書

清水谷公考関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  195点

書架延長  1.2m

旧蔵者  清水谷公考 (しみずだにきんなる)

旧蔵者生没年  1845−1882

旧蔵者履歴  弘化2(1845).9.6京都・堂上公家(羽林家)の家に生まれる、安政5(1859).12元服、文久2(1862).9侍従、慶応4(1868).4.函館裁判所設置に伴い副総督、慶応4.閏4総督に昇任、函館府知事、明治2(1869).7蝦夷地開拓使次官、在職3ヶ月にして辞し、大阪開成所等で学問の研鑽を積む、明治4(1871).10ロシアに留学、1875.2帰朝、1882.12.31死去。

受入公開
1952年8月、個人より譲渡

主な内容  幕末・明治の北海道、特に函館に関する資料。函館裁判所の日記類などは公文書的性格を帯びた重要資料である。この他に函館一件、蝦夷地開拓、御廻文留がまとまって残される他、書簡も50通余ある。

検索手段
清水谷公考関係文書目録(PDF 299KB

複製  資料番号1〜63はマイクロフィルム(4巻)で閲覧。64以降は原資料で閲覧。

関連資料の所在
函館市立図書館(北海道)に、函館裁判所時代の資料(写本)あり
北海道大学附属図書館北方資料室に、「清水谷公考書簡集並履歴書」(1930年筆写)あり

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡