トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 新自由クラブ関係文書

新自由クラブ関係文書

新自由クラブ関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  1,227点

書架延長  2.5m

旧蔵者  新自由クラブ (しんじゆうくらぶ)

旧蔵者生没年  1976−1986

旧蔵者履歴  1976.6.25河野洋平・田川誠一・西岡武夫・山口敏夫ら6議員が「腐敗との決別」を掲げて自民党を離党。新自由クラブ結成。代表は河野洋平。1979.7 西岡幹事長離1979.大平首相と4項目の政策合意。衆院本会議での首相指名選挙で4票を大平に投票、1980.2田川誠一が代表に、6月の衆参同日選挙で衆院は12議席に回復、1980.7参院新自由クラブを解消、1981.9臨時国会を前に社会民主連合と衆院で統一会派「新自ク・民主連合」を結成。柿沢弘治離党、1982.9田川代表らが反金権キャンペーンを開始、1983.9全国幹事会で「新自由クラブ・民主連合」の解消を決定、1983.12中曽根連立内閣に参画、田川代表国家公安委員長として入閣、1984.6河野洋平が代表に復帰、1984.10第2次中曽根内閣で山口幹事長が労相として入閣、1985.9中曽根首相との党首会談で河野代表は防衛費のGNP1%枠厳守を申し入れ、1985.12 自民党と五項目の政策協定を結び連立を継続。河野代表が科技庁長官として入閣、1986.3党大会で「スケールの大きい政策連合」を決定、1986.7衆参同日選挙でで衆院は6議席になる。自民党が304議席と大勝し連立解消、1986.8.11自民党への復党申し入れの方針決定、1986.8.15全国代議員大会で正式解党。

受入公開
1988年、個人(新自由クラブ元代表河野洋平名義)より寄贈

主な内容  解党(1986)後の1988年に寄贈された資料であり、結党から解党までの期間に、党内の幅広い部署から生じた事務文書が中心。結党にかかわる設立規定・会則・綱領や、全国幹事会の会議録、代議員大会の会議資料、活動方針、離党問題、党声明・談話、パンフレット(広報資料)、政策委員会が担った多様な政策の資料、国会関係、選挙(1976〜1986年)など。

検索手段  新自由クラブ関係文書目録(PDF 513KB)

関連資料の所在
「大中睦夫関係文書(新自由クラブ関係)(当室所蔵)
「憲政資料室関係文書関係文書」(当室所蔵)1338にも新自由クラブ関係資料あり

関連文献
【資料紹介】
「新自由クラブ関係文書 一括当館に」『国立国会図書館月報』328、1988.7
山本真生子「政党資料の収集・保存について 新自由クラブ関係文書を事例として」『国文学研究資料館紀要 アーカイブズ研究篇』1、2005
鈴木宏宗 「今月の一冊 国立国会図書館の蔵書から 新自由クラブのジャガー・マーク」『国立国会図書館月報』568、2008.7(資料番号114・ポスター1-1等の紹介)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡