トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> シュタイン関係文書(MF:個人蔵)

シュタイン関係文書(MF:個人蔵)

シュタイン関係文書(MF:個人蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  1巻

旧蔵者  シュタイン,ロレンツ.フォン(Stein, Lorenz von)

旧蔵者生没年  1815−1890

旧蔵者履歴  1815.11.15生まれ、ドイツの公法・経済・行政学者。須多因(漢字表記)。キール大学に学びパリに留学、1855ウィーン大学教授、政治学・経済学を講義、1882憲法制定調査のためウィーン滞在中の伊藤博文に憲法・行政法を講じた。のちに山県有朋・黒田清隆ら政府首脳にも助言を行った。1890.9.23死去。

主な内容  シュタイン宛の日本人書簡57通であり、発信者は黒田清隆、陸奥宗光、伊東巳代治、渡辺廉吉、谷干城、松方正義、海江田信義、藤波言忠、河島醇。全般に1880年代の書簡が中心である。

複写のための注記  複写禁止

検索手段
シュタイン関係文書(MF:個人蔵)目録(仮)

原資料の所在  個人蔵

関連文献
【資料紹介】
「Lorenz von Stein関係文献」星健一、『参考書誌研究』(15)、1977

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡