トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 曽祢益関係文書

曽祢益関係文書

曽祢益関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  323点

書架延長  0.8m

旧蔵者  曽祢益 (そねえき)

旧蔵者生没年  1903-1980

旧蔵者履歴  
1903.12.5東京生まれ。1926.3東京帝国大学法学部政治学科卒、1925.11高等試験外交科試験合格、1926.3外務書記生、1926.4~1927.2陸軍入隊(近衛歩兵第1連隊)・軍曹、1927.2仏国在勤、1927.6着任、1928.9外交官補、1929.3陸軍歩兵少尉、1933.10外務事務官・アジア局第1課、1934.6東亜局第1課、1936.8大使館3等書記官・中華民国・上海在勤、1938.6 2等書記官兼領事、1939.2企画院書記官・財務部、1939.10外務書記官・通商局三課長、1940.9大使館1等書記官兼領事・中華民国・上海在勤、1943.3政務局第2課長、1945.1政務局第1課長、1945.9外務省参事官、1945.10終連中央事務局第1部長、1946.3終連中央事務局政治部長、1946.6大使館参事官・総務局、1946.9九州事務局兼終連福岡事務局長、1946.12戦災復興院京都特別建設出張所長、1947.6内閣官房次長、1948.3連絡調整中央事務局長官、1948.10依願免本官、1949.8社会党入党、1950.6~1967.1参議院議員、1960.1~1962.10民主社会党書記長、1967.1~1972.11、1976.12~1979.9衆議院議員(第31、32、34回総選挙当選)、1980.4.25死去。

受入公開  2008年3月21日、政策研究大学院大学より搬入、2011年5月個人より寄贈、同年7月6日公開。

主な内容  主に議員時代の自筆の原稿および原稿の掲載された雑誌類。書類では、1955年の左右両社会党統一に向けた草案類などが目立つ。戦前の外交官時代の史料は上海在勤時代のアルバムのみ。

整理の方法  『金杉秀信関係文書目録・曽祢益関係文書目録』<近現代史料・関係文書目録16>近代日本史料研究会編、政策研究大学院大学、2008年3月の「曽祢益関係文書目録」を基礎にして整理。

検索手段
曽祢益関係文書目録 (PDF 492KB) 
※他に『金杉秀信関係文書目録・曽祢益関係文書目録』<近現代史料・関係文書目録16>近代日本史料研究会編、政策研究大学院大学、2008年3月で検索可能。

関連文献
【資料紹介】
伊藤隆「曽祢益」『近現代日本人物史料情報辞典』第2巻、吉川弘文館、2005
『金杉秀信関係文書目録・曽祢益関係文書目録』近代日本史料研究会、2008
【自伝】
『私のメモアール―霞が関から永田町へ―』日刊工業新聞社、1974

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡