トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 武田邦太郎関係文書

武田邦太郎関係文書

武田邦太郎関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  244点

書架延長  0.4m

旧蔵者  武田邦太郎 (たけだくにたろう)

旧蔵者生没年  1912−2012

旧蔵者履歴  1912.12.20広島生まれ、1921東京帝国大学文学部卒、1936鐘紡農林部入社、中国にて大農牧場の建設・経営に参加するとともに、池本喜三夫に代わり『池本農業政策大観』(1942)を執筆出版(これが東亜連盟の「農村改新要綱」に発展)。1946山形県遊佐町西山開拓地に入植、1961新農政研究所(池田勇人首相の私的諮問機関)入所、農政部長を経て1977所長、この間田中角栄内閣日本列島改造問題懇談会委員等を歴任、1983武田平和研究所代表、1986武田新農政研究所設立、1992.7参議院議員(日本新党のち無所属、1期)、参院国会等の移転に関する特別委員会委員長、1998政界引退、2012.11.15死去。

受入公開
2004年11月、武田邦太郎氏(本人)より寄贈

主な内容  2002年夏、武田邦太郎氏が山形県遊佐町の自宅書庫を整理中に、偶然発見した資料。
(1)武田宛書簡も含まれるが、大部分は石原莞爾宛の書簡。時期は1947年〜49年(石原が山形県西山に在住した晩年)に集中する。
(2)この他に「新日本の進路」(石原遺稿)草稿、英文草稿およびその翻訳過程をうかがわせる石原・武田・河野信(翻訳者)らの交信や、「精華会」関係(同会は1934年結成、石原莞爾が関わった日蓮宗関係団体)の書簡・書類もみられる。

検索手段
武田邦太郎関係文書目録(仮)

関連資料の所在
「石原莞爾関係文書(所蔵)」(当室所蔵)
「石原莞爾関係文書(MF:鶴岡市立図書館蔵)」
「高木清寿関係文書」(当室所蔵)
「淵上辰雄関係文書」 (当室所蔵)
「増川喜久男関係文書」(当室所蔵)
「東亜連盟関係資料(淵上辰雄関係)」(当室所蔵)
「池本喜三夫関係文書」(当室所蔵)

関連文献
【資料集(翻刻)】
野村乙二朗「史料紹介 石原莞爾関係書簡」(VII〜IX)『政治経済史学』436〜437・440〜441・443〜445、2002.12、2003(1・4・5・7・8・9の各月)(石原宛および武田宛の、小泉菊枝および曺寧柱発信書簡を収録)
野村乙二朗「武田邦太郎」『近現代日本人物史料情報辞典』第4巻、2011

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡