トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 谷干城関係文書(MF:立教大学図書館蔵)

谷干城関係文書(MF:立教大学図書館蔵)

谷干城関係文書(MF:立教大学図書館蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  15巻

旧蔵者  谷干城 (たにたてき)

旧蔵者生没年  1837−1911

旧蔵者履歴  天保8(1837)2.12高知生まれ。慶応4(1868).2軍監として戊辰戦争に参戦、明治3(1870).2高知藩小参事、明治4(1871).6兵部権大丞、明治5(1872).4陸軍裁判所長、明治5(1872).9少将、1873.4〜75.6、1876.11〜78.12熊本鎮台司令長官、1874.4台湾蛮地事務参軍、1877.2西南戦争従軍、1878.12東部監軍部長、1880.4陸軍士官学校長兼陸軍戸山学校長、1881.7海南学校事務総督、1884.5学習院院長、1884.7子爵、1885.12第1次伊藤内閣農商務大臣、1887.7条約改正に反対して辞職、1890.7貴族院議員、1911.5.13死去。

受入公開
『谷干城関係文書』(マイクロフィルム版)、北泉社、1995(原資料は、立教大学が1962年に購入)

主な内容  書簡の部、書類の部、谷家文書(谷秦山関係)からなる。書簡の部は約440名からの来簡からなる。書類の部は日記・著作・草稿類、陸軍関係、学習院関係、詩文稿、諸団体、履歴・届、書籍、領収書、勲記・辞令他。

整理の方法  マイクロフィルム版作成に際して、立教大学の整理による配列(『谷秦山・谷干城家文書目録』)等を変更

検索手段
『谷干城関係文書(立教大学図書館所蔵)』広瀬順晧・小林和幸編・林英夫監修、北泉社、1995

原資料の所在  立教大学図書館蔵

関連資料の所在
「谷干城関係文書(寄託)」(当室所蔵)
「山内文庫」(土佐山内家宝物資料館(高知県高知市))谷家寄贈本が含まれる)

関連文献
【資料紹介】
広瀬順晧「「谷干城関係文書」について」『谷干城関係文書(立教大学図書館所蔵)』広瀬順晧・小林和幸編・林英夫監修、北泉社、1995(小林和幸「政治家としての谷干城」「年譜」も収録)
『谷干城の見た明治 図録』高知市立自由民権記念館編、2001(展示会図録、谷関係の資料紹介としても有用)
小林和幸「谷干城」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
【資料集(翻刻)】
『谷干城遺稿』上・下巻、靖献社、1912(1976 続史籍協会叢書に4冊本として収録、現立教大学所蔵資料も一部収録。回顧録・日記・意見書、書簡など)
【伝記】
『子爵谷干城伝』平尾道雄、冨山房、1935(著者収集の一次資料を補足して執筆)
『谷干城』小林和幸、(中公新書)、中央公論新社、2011

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究