トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 竪山利忠関係文書

竪山利忠関係文書

竪山利忠関係文書

受入事項 所蔵

資料形態 原資料

数量 314点

書架延長 4.0m

旧蔵者名 竪山利忠(たてやまとしただ)

旧蔵者履歴 1907.1.15鹿児島生まれ、1926.3第七高等学校造士館文科卒業、1926.3新人
会加入、1926.4東京帝国大学経済学部経済学科入学、浜松日本楽器大争議に新人会から派遣、1927大山郁夫早大教授秘書として香川県で選挙支援、1929.3東京帝国大学中退、1937.2山崎経済研究所に就職、以降中国、香港、インドシナ、タイの経済調査を行う(~1944)、1946.6東京帝国大学社会研究所嘱託、1948.4専修大学附属労働学院講師、1948.10日本生活問題研究所に参加、1950.6国鉄中央調停委員(副)、1951総評、全繊、国鉄労組等嘱託、社会党政策審議会参与、民主社会主義連盟理事、1951.6神奈川県二宮町勤労者会設立に参画、1956.7拓殖大学商学部教授、1960国鉄職務評価委員、1961核兵器禁止平和建設会議理事、1963.4拓殖大学商学部長、1965.4拓殖大学政経学部長、1970.10拓殖大学政経学部長辞任、1977.3拓殖大学退職、1977.4創価大学経済学部教授、1981.3創価大学退職、創価大学名誉教授、1993.12.6死去

受入経緯  2009年4月、個人より寄贈(同年6月23日公開)

主な内容  戦後、大学の講義等で使用されたと推測される労働組合論などの自筆ノート類、
家族宛書簡、日記、カセットテープ(神奈川県二宮町の町政、勤労者会関係、佐野博や鍋
山貞親といった社会運動家との対談・回顧録)など。

検索手段 『川崎堅雄・竪山利忠関係文書目録<近現代史料・関係文書目録9>』近代日
本史料研究会、2007

関連文献
【資料紹介】
石堂清倫・竪山利忠『東京帝大新人会の記録』経済往来社、1976
伊藤隆「竪山利忠」『近現代日本人物史料情報辞典』第3巻、吉川弘文館、2007

複写のための注記 音声(カセットテープ)のダビング禁止。

 

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡