トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 寺光忠関係文書

寺光忠関係文書

寺光忠関係文書

資料群名  寺光忠関係文書

受入事項  所蔵

資料形態   原資料

数量  683点

書架延長  6.3m(第1次受入分),1.1m(第2次受入分)

旧蔵者  寺光忠(てらみつただし)

旧蔵者生没年  1908~1996

旧蔵者履歴  1908.12.14広島生まれ、1932.3東京帝国大学法学部卒、1938.9川越少年刑務所所長を経て貴族院に入り1943.5貴族院議事課長、1947.5参議院議事部長、1949.6参議院法制局第2部長を経て1950.7弁護士登録。監獄法改正問題へのかかわりも深く、法制審議会委員、法律扶助協会東京支部長等を歴任。1996.4.25死去。

受入公開
(1)2012年8月、個人より寄贈、同年8月31日公開(第1次受入分581点 資料番号1~338)。(2)2013年7月、個人より寄贈、同年8月7日公開(第2次受入分102点 資料番号1001~1062)

主な内容
<第1次受入分>帝国議会や国会改革にかかわる資料、監獄法改正問題、広島平和記念都市建設法の制定関連資料、明治大学・亜細亜大学等の講義資料、著訳書の原稿(『国会の運営』『会議の原則と運営』他)など。
<第2次受入分>大正14年(学生時代)及び昭和17年~昭和23年(貴族院、参議院奉職中)の日記・ノート、ジャスティン・ウィリアムズ著『マッカーサーの政治改革』出版に関する書簡、第2回参議院議員通常選挙に立候補した際の関係資料、写真類など。

整理の方法  第2次受入分は資料番号1001より開始

検索手段
寺光忠関係文書(第1次受入分)目録(PDF 695KB)
寺光忠関係文書(第2次受入分)目録 (PDF 355KB)

関連資料の所在  広島市公文書館に関連資料あり(「寺光忠資料目録」資料紹介 広島平和記念都市建設関係資料、『広島市公文書館紀要』11、広島市公文書館、1988に紹介)

関連文献
【資料紹介】
「憲政資料室の新規公開資料から」『国立国会図書館月報』632、2013.11

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡