トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 得能良介関係文書

得能良介関係文書

得能良介関係文書

受入事項 所蔵

資料形態 原資料

数量 8点

書架延長 0.5m

旧蔵者 得能良介(とくのうりょうすけ)

旧蔵者生没年 1825-1883

旧蔵者履歴 文政8(1825).11.9鹿児島生まれ。嘉永5(1852).5御側御用人座書役、安政2(1855).1~安政4(1857).4江戸詰、文久2(1862)島津久光に従い上京、明治元年(1868)まで小松帯刀・西郷隆盛・大久保利通らと共に国事に奔走。明治元年(1868).3御小納戸頭取御用取次見習、明治2(1869).2伝事、明治3(1870).4民部大丞兼大蔵大丞、明治4(1871).8出納頭、1874.1紙幣頭、1877.1紙幣局長、1878.12~83.12印刷局長、1883.12.27死去。

受入公開 2009年7月、平成21年度明治古典会七夕古書大入札会にて落札。2010年4月公開。
主な内容 折り本8冊に書簡など105点が貼り込まれている。主に得能良介宛の書簡。発信人は親族の他、小松帯刀・大久保利通・黒田清隆・杉孫七郎・神山郡廉など、旧薩摩藩士や明治政府の要人が多い。

検索手段
得能良介関係文書目録 (PDF 100KB)

関連文献
【伝記】
『得能良介君伝』渡辺盛衛編、印刷局、1921

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡