トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 東京湾要塞司令部資料

東京湾要塞司令部資料

東京湾要塞司令部資料

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  64点

書架延長  0.5m

旧蔵者  東京湾要塞司令部 (とうきょうわんようさいしれいぶ)

旧蔵者生没年  1894−1945

旧蔵者履歴  1880東京湾要塞の築造が観音崎第2砲台の起工により開始。1894.7日清戦争の開戦に際して臨時東京湾守備隊司令部が設置、1895.3.30要塞司令部条例・要塞司令部編制を制定、1895.5要塞砲兵連隊内に司令部が開設、1909.12参謀本部が要塞整理案を策定、さらに第1次大戦後に要塞整理要領が策定されて整理に着手。1923.9関東大震災で甚大な被害を蒙り、その復旧に伴い再整理が行われた。太平洋戦争末期には、物資が窮乏するなかで本土上陸に備えての改変が相次ぎ、1945.4東京湾守備兵団として編成され第12方面軍の隷下に入る、1945.6東京湾兵団戦闘序列を発令、東京湾兵団は、終戦業務に従事した後、1945.10.15解散。

受入公開
2006年2月、個人より譲渡

主な内容  本資料のうち、「東京湾要塞歴史」(1894〜1943年)は、主として東京湾要塞司令部の人事・兵器・戦役経過・演習・増改築等を日付順に記載したもので、後年にまとめたものと推定される。これに対し「要塞歴史附録」(1944年)、「要塞歴史原稿(附録)」(1945年)は、当時の命令原本や計画類から成る公文書である。さらに、「東京湾要塞歴史 附録」の中には関東大震災、上海事変、2・26事件などの関係記録も含まれている。

検索手段
東京湾要塞司令部資料目録(仮)

関連文献
【資料集(翻刻)】
『東京湾要塞歴史』毛塚五郎編、1986(私家版1966〜67年の合冊複製。当資料群[一部]の翻刻、東京湾要塞主要歴史年表を付す)
『東京湾要塞司令部極秘史料』全3巻、茶園義男編集・解説、現代史料出版、2004(第1巻:本資料群の資料番号1〜2、3[命令原本を除く]、8の複製及び解説。第2巻:資料番号4〜6の複製及び解説。第3巻:資料番号3[命令原本]、7、9〜11の複製[一部を除く]及び解説。)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡