トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 上原勇作関係文書

上原勇作関係文書

上原勇作関係文書

資料群名  上原勇作関係文書

受入事項  所蔵

資料形態   原資料

数量  219点

書架延長  1.2m

旧蔵者  上原勇作(うえはらゆうさく)、上原七之助 (うえはらしちのすけ)

旧蔵者生没年  上原勇作1856‐1933、上原七之助1898‐1945

旧蔵者履歴
〈上原勇作〉安政3(1856).11.9(12.6)宮崎生まれ。父は薩摩藩支藩の家臣龍岡資弦、明治2(1869)鹿児島造士館入学、明治4(1871)上京、明治5(1872).6大学南校入学、1875上原尚実養子、1875.6陸軍幼年学校生徒、1876家督相続、1879.12陸軍士官学校工兵科卒業、1881.2工兵第1大隊付、1881.4‐1885.12フランス留学、1882.8‐1884.8フォンテンブロー砲工校学生、1882工兵中尉、1885.6工兵大尉、1886.2陸軍士官学校教官、1886.12臨時砲台建築部本務官、1889.3‐1890.1欧州出張、1890.5工兵少佐、1890.10工兵第5大隊長、1892.8参謀本部副官、1893.7‐11ベトナム・タイ出張、1893.11参謀本部第2局員、1894.7‐1895.5出征、1894.8第1軍参謀、1894.9工兵中佐、1895.3第1軍参謀副長、1896.2‐8ロシア出張、1896.5参謀本部第4部長、1897工兵大佐、1899.1‐1901.7参謀本部第3部長(外国軍事諜報担当)、1899.1‐1899.4兼参謀本部第5部長、1899.4‐1899.10欧州出張、1900.7少将・兼砲工校長、1901.7工兵監、1903.8‐1904.2欧州出張、1904.6‐1906.2第4軍参謀長、1906.2‐1908.12工兵監、1906.7中将、1907.9男爵、1908.12第7師団長、1911.9第14師団長、1912.4陸軍大臣就任、1912.12 2個師団増設問題で辞職、1912.12待命、1913.3第3師団長、1913.6待命、1914.4教育総監、1915.2大将・兼軍事参議官、1915.12‐1923.3参謀総長、1921.4子爵、1921.4元帥、1924議定官、1933.11.8死去。
〈上原七之助〉1898.12.27生まれ、1925東京帝国大学経済学部卒、東京海上火災保険(株)社員、南満州鉄道(株)嘱託、1925.4.21中村是公五女愛子と結婚、1928.9貴族院議員、1945.2.6死去。

受入公開  (1)2013年1月、個人より寄贈(資料番号1~148、169~185)(2)別途、個人より寄贈(資料番号149~168)これら(1)(2)を2013年1月17日公開。(3)2013年2月、個人より寄贈(資料番号186)2013年2月28日公開。

主な内容
1~4.上原勇作書簡他 上原勇作が伊藤祐武(明治2(1869)2年鹿児島生まれ、1915.10.4陸軍少将、歩兵第31旅団長、1918.7.24待命、1919.1.15予備役)、河野通成(陸軍士官)、上原勇次郎(勇作次男)などに宛てた書簡が中心で、自身の体調や親族問題、近況の報告など、個人的な内容を多く含む。5.上原勇作日記 明治12年から昭和6年上半期にかけてのもので、全部で35冊ある。6.書類(陸軍関係) 上原の工兵作戦や賞勲関係の資料。7.書類(伝記資料) 日記・書簡を除く資料の一部、陸相候補問題資料、病状日記、第七師団写真など。8.上原勇作葬儀関係書類。9.上原七之助資料 大正12年から昭和19年の日記15冊及び貴族院議員記章1点。

検索手段  上原勇作関係文書目録(PDF 490KB)

関連資料の所在
「中村是公関係文書」(当室所蔵)
「上原勇作関係文書」(首都大学東京図書館本館(東京都八王子市)所蔵、なお東京大学社会科学研究所図書室(東京都文京区)で同資料の複製を所蔵)。
「上原文庫」(宮崎県都城市立図書館(宮崎県都城市)に旧蔵書あり。目録は都城市立 図書館ホームページよりPDF形式で閲覧可)。
都城歴史資料館(宮崎県都城市)に辞令、系図、履歴書、フランス留学中の論文など所蔵。  
「上原勇作所蔵資料 日清戦争後の軍制関係資料」および「上原勇作所蔵資料 鉄道敷設会議関係資料」(鉄道会議、工兵・軍制関係の資料45点と日露戦争の折に 河野通成に宛てた書簡48点)が靖国神社靖国偕行文庫(東京都千代田区)にあり。

関連文献
【資料紹介】
清水唯一朗「上原勇作」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
「憲政資料室の新規公開資料から」『国立国会図書館月報』632、2013.11
【資料集(翻刻)】
上原勇作関係文書研究会編『上原勇作関係文書』、東京大学出版会、1976(首都大学東京図書情報センター所蔵「上原勇作関係文書」を翻刻)。
尚友倶楽部編『上原勇作日記』、芙蓉書房、2011(当室所蔵「5 上原勇作日記」大正6年~昭和6年(大正10年・12年を除く 資料番号123~137、139~141)を翻刻)。

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡