トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 海野普吉関係文書

海野普吉関係文書

海野普吉関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  756点

書架延長  9.5m

旧蔵者  海野普吉 (うんのしんきち)

旧蔵者生没年  1885−1968

旧蔵者履歴  1885.8.29静岡生まれ。1914.7東京帝国大学法科大学卒、弁護士登録。戦前は治安維持法事件、帝人事件などの裁判を担当。リベラルな在野法曹として、多くの政治・思想事件を手がけ、第2東京弁護士会設立世話人もつとめた。1945.11日本社会党顧問、1947.8第2東京弁護士会会長、1947.11自由人権協会理事長(初代)、1948.12全国選管委員長、1956.4日本弁護士連合会会長、1957.5総評弁護団長、1968.7.6死去。

受入公開
1981年、個人より寄贈

主な内容  弁護士海野普吉が手がけた、戦前の思想・言論弾圧事件裁判の弁護資料。帝人事件(公判速記禄・判決)、河合栄治郎事件(予審調書・公判調書・弁論要旨・証拠書類など)、人民戦線事件(山川均関係:訊問調書・公判調書・山川均手記・上申書など)、津田左右吉事件(訊問調書・上申書など)、横浜事件(細川嘉六関係:尋問調書・相川博手記など)、日本キリスト教団事件(予審調書など)、西尾末広政令違反事件、大逆事件再審請求関係資料など。また、1953年以降の日記もある。

検索手段 海野普吉関係文書目録 (PDF 344KB)

関連文献
【資料紹介】
「海野普吉文書」『国立国会図書館月報』241号、1981.4
【伝記】
『弁護士海野普吉』「弁護士海野普吉」刊行委員会、1972(若干の資料復刻あり)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡