トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 渡辺千冬関係文書

渡辺千冬関係文書

渡辺千冬関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  1,090点

書架延長  3.5m

旧蔵者  渡辺千冬 (わたなべちふゆ)

旧蔵者生没年  1876−1940

旧蔵者履歴  1876.5.1長野生まれ。渡辺千秋の三男。1895叔父国武の養嗣子。1900東京帝国大学法科卒、日本製鋼、日仏銀行取締役に就任、1908.5衆議院議員、1919.5子爵襲爵、1920.8貴族院子爵議員、1929.7〜31.12浜口内閣、第2次若槻内閣司法大臣、1939.8枢密顧問官、1940.4.18死去。

受入公開
1984年12月、個人より寄贈(資料番号1~47、289~304)。(2)1992年7月、追加寄贈(大蔵省財政史室より移管)(資料番号48~288)。(3)個人より寄贈(資料番号305〜320)。(4)2017年2月寄贈(資料番号501~833)、同年3月13日公開。

主な内容  1929年から31年にかけての司法省の予算、組織、刑務、日本共産党等について司法省関係のものが大部分を占め、他に枢密院、衆議院議員選挙法改正、俸給例改正、学習院赤化事件に関する書類、手帳、日仏銀行関係、来簡などが含まれる。

検索手段   渡辺千冬関係文書目録(PDF PDF 1.3MB)

関連資料の所在
「渡辺国武関係文書 (その1)」(憲政資料室所蔵)
「渡辺国武関係文書(MF:個人蔵)」(憲政資料室所蔵)
「渡辺国武関係文書 (その2)」(憲政資料室所蔵)

関連文献
【資料紹介】
伊藤隆「渡辺千冬」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004(同書第3巻に追加情報あり)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡