トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 山県有朋関係文書(MF:山縣有朋記念館所蔵)

山県有朋関係文書(MF:山縣有朋記念館所蔵)

山県有朋関係文書(MF:山縣有朋記念館所蔵)

受入事項  複製

資料形態  マイクロフィルム

数量  16巻

旧蔵者  山県有朋 (やまがたありとも)

旧蔵者生没年  1838−1922

旧蔵者履歴  天保9(1838).4.22山口生まれ。松下村塾に学ぶ。明治4(1871).7 兵部大輔、明治5(1872).2陸軍大輔、1873.6陸軍卿、1874.2〜76.3陸軍省参謀局長、1874.8〜85.12参議、1874.8〜78.12陸軍卿、1878.12参謀本部長、1882.2参事院議長、1883.12内務卿、1885.12〜90.5第1次伊藤・黒田内閣内務大臣、1886.7〜87.6兼農商務大臣、1889.12〜91.5内閣総理大臣、1892.8〜93.3第2次伊藤内閣司法大臣、1893.3枢密院議長、1894.8〜12第1軍司令官、1894.12〜98.1監軍、1895.3〜4兼第2次伊藤内閣陸軍大臣、1898.1元帥、1898.11〜1900.10内閣総理大臣、1903.7枢密顧問官、1904.6参謀総長、1905.12〜09.6枢密院議長、1907.9公爵、1909.6枢密顧問官、1909.11〜22.2枢密院議長、1922.2.1死去。

受入公開
1950年および1965年頃、個人所蔵資料よりマイクロフィルム作成、1968年頃、防衛庁防衛研究所戦史室作成のマイクロフィルムから作成。

主な内容  主に木戸孝允、伊藤博文、田中光顕などからの山県有朋宛書簡。

整理の方法  目録は所蔵分と合冊。山県家所蔵書簡。マイクロフィルムには次の3種類がある。1.山県家から借用して撮影したもの。2.山県家から再借用し1の撮影もれを補ったもの。3.防衛庁防衛研究所戦史室作成のマイクロフィルムから作成したもの。このうち、3は1および2と重複するところがある。1と2は冊子複製版を作成。ただし、文字が薄くて読みがたい部分は割愛されている。

複写のための注記  複写要許可

検索手段
山県有朋関係文書目録 (山県有朋伝記編纂資料(写本)と合冊) (PDF 313KB)

原資料の所在  山縣有朋記念館所蔵

複製  基本的に、冊子複製版(19冊)で閲覧。ただし、文字が薄くて読みがたい部分は割愛されているため、マイクロフィルムにのみ収録されていて、冊子複製版にない資料が若干あり。

関連資料の所在
「山県有朋伝記編纂資料(写本)」(当室所蔵)
「山県公文庫」(小田原市立図書館)(山県有朋の旧蔵書、『山県公文庫目録』小田原市立図書館編刊、1969)

関連文献
【資料紹介】
ジョージ・アキタ「山県有朋文書」『日本近代思想大系』別巻(近代史料解説・総目次・索引)、加藤周一他編、岩波書店、1992
ジョージ・アキタ「山県有朋」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004
【資料集(翻刻)】
『山県有朋関係文書』第1巻〜、尚友倶楽部山縣有朋関係文書編纂委員会編、山川出版社、2005〜
【伝記】
『公爵山県有朋伝』 全3巻(上中下)徳富猪一郎編、山県有朋公記念事業会、1933(『明治百年史叢書』原書房、1969で復刻)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究