トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 山路鎮夫関係文書

山路鎮夫関係文書

山路鎮夫関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  941点

書架延長  5.4m

旧蔵者  山路鎮夫 (やまじしずお)

旧蔵者生没年  1894−1986

旧蔵者履歴  1894.9.11東京生まれ。1919.7東京帝国大学法学部卒、大蔵省入省。平和条約実施委員等数度欧州出張、1934.1主計局司計課長、1936.8理財局国債課長、1941.6営繕管財局総務部長。1941.8預金部長官。1941.12辞職、産業設備営団理事。1949.2〜62.3国立国会図書館専門調査員、その後日仏会館常務理事等。1986.9.6死去。

受入公開
1990年3月、個人より寄贈

主な内容  和文と欧文の資料に分けて整理。和文・欧文ともに、第1次大戦後の賠償問題に関する資料を多く含む。欧文の多くはフランス語の資料である。和文資料には自筆覚書や第2次大戦処理関係の文書が含まれる。

検索手段
山路鎮夫関係文書目録(仮)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡