トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 安田辰馬関係文書

安田辰馬関係文書

安田辰馬関係文書

受入事項  所蔵

資料形態  原資料

数量  1,353点

書架延長  15.8m

旧蔵者  安田辰馬(やすだたつま)

旧蔵者生没年  1906-2002

旧蔵者履歴  1906.5.26新潟生まれ。1927.3私立東京主計学校本科卒、1928.3内務省社会局(1938厚生省)奉職、東京地方職業紹介事務局配属、1933.5大阪地方職業紹介事務局(~1937.8)、臨時軍事援護部、職業局を経て 1942.8長野県職業課長(~1944.3) 警察部国民動員課長/軍需省軍需官、商工省・厚生省・内閣統計局事務官、1946.12総理庁(総理府)統計局統計官、労働事務官、1949.8労働省公共企業体等仲裁委員会事務局庶務課長、官房秘書課を経て1968.5.1労働省退官、日本職業協会常務理事、2002.11.3死去。

受入公開  2010年5月搬入、2014年1月寄贈、2014年2月15日公開。

主な内容  職業安定・婦人少年問題など労働行政資料が多い。戦前期では近畿地方、戦中期では戦時労働政策関係が多い。戦後の占領期のものには統計調査・産業分類などが、戦後期は国際会議・労働争議の他、新人研修・国勢調査資料がある。

検索手段  安田辰馬関係文書目録(PDF 1.14MB)

関連文献
【資料紹介】
「憲政資料室の新規公開資料から」『国立国会図書館月報』643、2014.10
藤枝賢治「安田辰馬」「近現代史の人物史料情報」『日本歴史』815、2016.4
【本人著作】
『阿讃国境に見るカリコ牛の奇習』、[安田辰馬] 、1937
『但馬出稼母地帯の農山村事情・労力関係及び出稼と同地方に於ける町村組合立職業紹介所の意義』、[安田辰馬]、1937
「労働統計とその調査機関--本邦労働統計史への一資料として」『日労研資料』4(44)、 1951.10
「失業救済事業から失業応急事業へ--失業対策史研究のノートから」『職業安定広報』 3(6)、1952.6
「職業安定法以前の職業行政」『労働時報』10(12)、1957.10
「職業紹介所国営移管の前後」『職業安定広報』9(7) 、1958.07
『豊原又男翁』巻町(新潟県)、1975

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡