トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料> Records of the U. S. Marine Corps, Captured Japanese Documents, 1942 - 1945

Records of the U. S. Marine Corps, Captured Japanese Documents, 1942 - 1945

Records of the U. S. Marine Corps, Captured Japanese Documents, 1942 - 1945

資料群名(日本語仮訳)

米海兵隊鹵獲日本文書

資料形態

マイクロフィルム

数量

45巻

請求記号

YF-A41

旧蔵機関名

U. S. Marine Corps

受入

2007年度に米国国立公文書館(NARA)でデジタル画像により収集した。2010~2013年度にデジタル画像からマイクロフィルムを作成した。ただし、全体の約3分の1は収集未了である。

主な内容

米海兵隊が戦地で鹵獲した日本軍の公文書や兵士の日記や手帳の原本。マイクロフィルムから印画や一部英訳文書を含む。地名、文書の内容または文書の種類により13のシリーズからなる(収集当時)。しかし、シリーズに採用された地名は、文書内容から推測される鹵獲地とは必ずしも一致しないので注意が必要である。

日本軍の公文書には、『呉鎭守府公報』や『横須賀鎭守府公報』のほか戦地での作戦命令が含まれる。満洲関係の公文書はマイクロフィルムから印画で撮影時の焦点が悪いため、判読が難しい部分がある。また、ガダルカナルの戦い(海軍第十一設営隊、一木支隊、川口支隊など)、硫黄島の戦い(第百九師団)に参加した兵士の手帳や日記などが含まれる。

主言語

日本語

原資料の所在

米国国立公文書館(RG127)
※これらの文書の多くは、太平洋地域情報局(ICPOA: Intelligence Center, Pacific Ocean Area)で翻訳されたと思われる(ICPOAは1943年9月に改組され太平洋地域統合情報局(JICPOA: Joint Intelligence Center, Pacific Ocean Area)となる)。また、ワシントン・ドキュメント・センター(WDC)に送付された形跡が認められる資料もあるが、海兵隊文書に含まれるようになった経緯はわからない。

検索手段
関連資料
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡