トップ憲政資料室の所蔵資料日本占領関係資料所蔵機関オーストラリア戦争記念館(Australian War Memorial)> Papers of Sir William Webb

Papers of Sir William Webb

Papers of Sir William Webb

資料群名(日本語仮訳)

ウィリアム・ウェッブ文書

資料形態

マイクロフィルム

数量

3巻

請求記号

YF-A42

旧蔵機関名

オーストラリア最高裁判所(旧ウェッブ判事執務室)

旧蔵者履歴

1887年1月、オーストラリアクイーンズランド州ブリスベンに生まれる。1913年、クイーンズランド大学(法学)を卒業し、クイーンズランド州弁護士の資格を取得。1917年から1922年までクイーンズランド州法務部勤務、1922年から1925年まで同州の法務次官。1925年、同州最高裁判所判事に任命され、1940年から1946年まで同州最高裁判所長官を務めた。1943年6月、日本軍による残虐行為及び戦争法規違反の調査にあたり、翌年3月にオーストラリア政府に報告書を提出した(ウェッブ・レポート。その後、2度にわたり日本軍による残虐行為に関する報告書の作成に関わる)。極東国際軍事裁判所のオーストラリア代表裁判官に選出され、1946年2月にはマッカーサーにより裁判長に任命された。極東国際軍事裁判開廷直後、弁護団から忌避動議が提出され、その理由のひとつにウェッブ・レポートが挙げられた。1948年11月の極東国際軍事裁判の判決では、「裁判長の別個意見」を提出している。1946年5月にはオーストラリア最高裁判所判事に任命され、1958年に退任するまでその地位にあった。1972年8月、ブリスベンで死去。

受入

当館では、2007年度にオーストラリア戦争記念館からその一部をPDF画像で収集した。その後、マイクロフィルム化して2013年5月28日に公開した。

主言語

英語

原資料の所在

オーストラリア戦争記念館(Australian War Memorial)。1958年に法務部(Attorney General's Department)から移管された。

検索手段
資料の構成
  • Series 1: The International Military Tribunal for the Far East, 1946-1948
  • Series 2: Draft judgement volumes, 1947-1948
  • Series 3: Individual cases, 1945
  • Series 4: Correspondence, 1946-1948 (未所蔵)
「極東国際軍事裁判記録(当館収集分)」
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡