トップ憲政資料室の所蔵資料憲政資料> 横尾東作関係文書

横尾東作関係文書

横尾東作関係文書

受入事項  所蔵

資料形態   原資料

数量  229点

書架延長  0.4m

旧蔵者  横尾東作(よこおとうさく)

旧蔵者生没年  1839−1903

旧蔵者履歴  1839.4.1(天保10.2.18)宮城生まれ。1855仙台・新井義右衛門、1862江戸・大学頭林学斎(昇)、1863慶応義塾入学、1865横浜・米人宣教師ジェームス・ブラオンに学ぶ。1868養賢堂英学教授。戊辰戦争では幕府側として新潟に出陣(さらに横浜で各国公使へ中立を守るよう檄文を送付)。函館戦争に参加、捕虜となる。1870.7東京府少属運上所掛、1871.2東京早稲田に英学校北門社創設、1871.7仙台の英学校辛未館で英学教授、1872.11神奈川県出仕、修文館・高島英学校長、1876.1警視庁第3局詰外国掛、1878.8警視庁書記課外国掛、1883.6警視庁記録課長、1886.2非職。1885「南洋公会設立大意」起草、1887.11明治丸にて南洋探検に出発、硫黄島に行く。1888.8『南洋群島 独案内』(横尾訳)刊行、1891日本恒信社設立、1899再度南洋に航海、1903.7.22死去。

受入公開  2012年11月、個人より寄贈、2012年12月18日公開。

主な内容  (1)書簡、(2)書類に大別され、年次は明治年間が中心である。 (1)書簡  内容的には、南洋事業関係、地元宮城県関係、私的などに大別できる。南洋事業関係の書簡について、特に榎本武揚書簡は通数も多い。他に通数は少ないが、阿利孝太郎(小笠原島)、石森吉衛、上田敦門、岡本監輔、関直彦、田口卯吉、松岡好一(木曜島)など。 (2)書類  点数は少なく、仙台英学校関係の資料が若干ある他は、戦後の新聞記事が中心である。

検索手段   横尾東作関係文書目録(PDF 508KB)

関連文献  
【資料紹介】
「憲政資料室の新規公開資料から」『国立国会図書館月報』632、2013.11
季武嘉也「横尾東作」「近現代史の人物史料情報」『日本歴史』791、2014.4
【伝記】
河東田経清編『横尾東作翁伝』河東田経清出版、1917(復刻、横尾帝力出版、1968)

このページの先頭へ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡