世界の林業 : 欧米諸国の私有林経営

日本林業調査会/2010.3

当館請求記号:DM561-J35


目次


CONTENT

  • 細田衛士
    3
  • 本書の概要
    15
  • 第1章
    イギリス
    岡田秀二
    岡田久仁子
    23
    • はじめに イギリスの私有林から何を学ぶのか
      23
    • 1
      イギリスの森林・林業・木材産業の特徴
      23
    • 2
      林業・木材産業の構造変化
      26
    • 3
      林業活動と林業従事者・技術訓練システム
      28
    • 4
      林政の史的展開と林政転換の内容
      31
      • 4-1
        イギリス林政の史的整理
        31
      • 4-2
        林政転換の時期区分と特徴
        32
    • 5
      環境配慮への所有者意向とウェールズの個別経営事例
      35
      • 5-1
        所有タイプ別所有者
        35
      • 5-2
        所有森林の管理目的別所有
        35
      • 5-3
        所有森林の管理責任者
        36
      • 5-4
        木材生産状況とその出荷先
        37
      • 5-5
        環境重視の政策方向と私有林経営
        37
      • 5-6
        中小私有林経営事例
        38
    • 6
      補助金制度の現状と森林認証制度
      40
      • 6-1
        現在の森林助成制度
        40
      • 6-2
        イギリスにおける森林認証
        43
    • 7
      エステートの森林管理・経営と森林管理会社
      45
      • 7-1
        カウダリー・エステート
        46
      • 7-2
        ビーチ・エステート
        47
      • 7-3
        小面積の私有林
        49
    • 8
      グリーン・ニューディールに向けたイギリスの私有林
      49
      • 8-1
        「グリーン・ニューディール」の母国・イギリスの薪生産
        49
      • 8-2
        広葉樹コネクション
        51
      • 8-3
        地元産材利用をめざす地域製材業の事業展開
        52
    • 9
      若干のまとめ
      53
  • 第2章
    ドイツ
    堀靖人
    57
    • 1
      ドイツの概要
      57
      • 1-1
        はじめに
        57
      • 1-2
        ドイツにおける森林・林業
        59
      • 1-3
        木材価格
        66
      • 1-4
        ドイツ社会経済における林業・木材産業の位置づけ
        67
      • 1-5
        木材需要と木材貿易の概況
        68
    • 2
      ドイツの森林法制と森林に対する規制
      69
      • 2-1
        連邦制におけるドイツの森林法制
        69
      • 2-2
        ドイツの森林に対する規制
        70
    • 3
      ドイツにおける私有林への助成策
      72
      • 3-1
        戦後ドイツの林業助成策の沿革と現状
        72
      • 3-2
        共同課題「農業の構造改善と沿岸保護」の中での林業助成策
        72
      • 3-3
        森林に対する直接支払制度(BW州)
        74
      • 3-4
        ドイツの森林管理体制と私有林所有者に対する公的サービス
        78
    • 4
      森林官・林業労働者の育成
      80
      • 4-1
        ドイツの森林官の育成(森林管轄区森林官・幹部森林官)
        80
      • 4-2
        林業作業員の育成
        81
    • 5
      ドイツ林業・木材産業の動向—木材産業の規模拡大・集中化と木材供給体制—
      82
      • 5-1
        木材産業の急激な構造変化
        82
      • 5-2
        製材用原木(幹材)の供給動向
        85
      • 5-3
        供給側の対応
        86
      • 5-4
        中央シュバルツバルト森林組合連合
        87
      • 5-5
        イザール・レッヒ森林組合
        88
    • 6
      BW州の農家林家の経営状況
      89
      • 6-1
        BW州内の小規模私有林の経営調査
        89
      • 6-2
        調査対象の私有林の概況(2005年度の実績)
        89
      • 6-3
        農家林家の木材伐採の推移
        90
      • 6-4
        農家林家の労働力投入量の推移
        90
      • 6-5
        BW州農家林家の林業収入の推移
        91
      • 6-6
        BW州農家林家の林業収入と支出の推移
        92
      • 6-7
        ドイツの農家林経営の動向から示唆される点
        95
    • 7
      まとめ
      95
  • 第3章
    フランス
    古井戸宏通
    99
    • 1
      国の概要
      99
      • 1-1
        フランスにおける土地利用と森林面積
        99
      • 1-2
        一次産業の状況
        102
      • 1-3
        バイオマス利用の可能性
        103
    • 2
      森林・林業・木材産業の概要
      103
      • 2-1
        森林の自然的条件と内容
        103
      • 2-2
        私有林所有構造など
        107
      • 2-3
        所有と林分構造との関係
        109
    • 3
      森林・林業・木材産業の制度
      111
      • 3-1
        新基本法以前の法制の概観
        111
      • 3-2
        行政組織
        111
      • 3-3
        制限とその運用実態
        112
      • 3-4
        森林・環境政策の今後の方向
        116
    • 4
      林業・木材産業の実態
      117
      • 4-1
        森林組合類似組織の役割と実態、制度根拠
        117
      • 4-2
        木材需給(輸入量と輸出量)及び外材との競合における対処法
        120
      • 4-3
        林産物加工・流通の規模・生産性と動向など
        121
    • 5
      林業活動の状況
      121
      • 5-1
        私有林の経営実態
        121
      • 5-2
        木材(立木)販売価格
        122
      • 5-3
        育林・伐採・搬出の担い手
        122
    • 6
      森林経営への支援施策
      122
      • 6-1
        欧州林政の動向とフランス林政
        122
      • 6-2
        フランスの林業財政
        124
      • 6-3
        フランスの森林計画制度
        131
      • 6-4
        林業税制
        132
      • 6-5
        経営合理化に向けての支援施策など
        143
    • 7
      私有林所有形態の変化
      144
    • 8
      新しい収益機会
      145
      • 8-1
        森林吸収源の私有林への還元
        145
      • 8-2
        野生獣の狩猟権の販売
        145
    • 9
      木材・森林と国民とのかかわり
      146
      • 9-1
        森林・木材に係る国民意識の特徴
        146
      • 9-2
        森林管理への国民意見の反映
        149
      • 9-3
        森林レクリエーション利用の実情など
        149
    • 10
      その他参考事項
      150
  • 第4章
    北欧及びオーストリア
    仁多見俊夫
    157
    • 1
      フィンランドの林業
      157
      • 1-1
        森林資源の現状
        157
      • 1-2
        森林に関する法制度
        158
      • 1-3
        森林経営への支援制度
        159
      • 1-4
        森林管理
        159
      • 1-5
        育林・収穫の技術的特異性
        162
      • 1-6
        木材産業の現状と動向
        162
      • 1-7
        その他の森林・林業を取り巻く状況及び今後の課題
        164
    • 2
      スウェーデンの林業
      165
      • 2-1
        森林資源の現状
        165
      • 2-2
        森林に関する法制度
        166
      • 2-3
        森林に対する支援制度
        166
      • 2-4
        森林管理組織
        166
      • 2-5
        育林・収穫の技術的特異性
        167
      • 2-6
        その他森林・林業を取り巻く状況及び今後の課題
        168
    • 3
      オーストリアの林業
      170
      • 3-1
        森林資源の現状
        170
      • 3-2
        森林に関する法制度
        170
      • 3-3
        森林経営への支援制度
        171
      • 3-4
        森林管理組織
        171
      • 3-5
        育林・収穫の技術的特異性
        172
      • 3-6
        その他の森林・林業を取り巻く状況及び今後の課題
        174
    • 4
      ノルウェーの林業
      175
      • 4-1
        森林資源の現状
        175
      • 4-2
        森林に関する法制度
        175
      • 4-3
        森林経営への支援制度
        175
      • 4-4
        森林管理組織
        175
      • 4-5
        育林・収穫の技術的特異性
        176
      • 4-6
        木材産業の現状と動向
        178
      • 4-7
        その他の森林・林業を取り巻く状況及び今後の課題
        178
  • 第5章
    ノルウェー
    佐藤宣子
    181
    • 1
      国の概要
      181
      • 1-1
        ノルウェーの自然条件及び土地利用の特徴
        181
      • 1-2
        社会経済の特徴と人口
        183
      • 1-3
        産業別生産額と林業・木材産業の位置
        183
      • 1-4
        行政組織の特徴
        185
      • 1-5
        ノルウェーの福祉、環境政策の特徴
        185
    • 2
      森林・林業・木材産業の概要
      186
      • 2-1
        森林資源の特徴
        186
      • 2-2
        森林の所有構造
        188
      • 2-3
        私有林における林業活動の現況
        189
      • 2-4
        林産物生産と輸出入実態
        190
    • 3
      森林・林業・木材産業の制度
      191
      • 3-1
        2005年の林業法
        191
      • 3-2
        林業法以外の森林関連の法律
        193
      • 3-3
        木材産業の振興と木質エネルギー需要拡大の施策
        195
      • 3-4
        森林・林業の研究・普及組織
        195
      • 3-5
        ノルウェー独自の森林認証制度
        196
    • 4
      林業・木材産業の実態
      197
      • 4-1
        森林所有者組合の現状と役割
        197
      • 4-2
        グロンメン森林組合の現状
        199
      • 4-3
        北欧森林所有者組合(Nordic forest owners' association)の活動と役割
        200
      • 4-4
        大規模所有者団体ノシュコッグ(Norskog)の活動実態
        200
      • 4-5
        木材産業の実態
        201
    • 5
      林業活動の状況
      201
      • 5-1
        林業生産活動の状況
        202
      • 5-2
        伐採・搬出のシステムの変化とその生産性
        204
      • 5-3
        更新方法と育林施業の体系
        205
      • 5-4
        木材価格の推移と品目別価格動向
        206
    • 6
      林業従事者の状況
      208
      • 6-1
        林業労働者の状況
        208
      • 6-2
        移民及び一時入国外国人による林業参入の実態
        208
      • 6-3
        私有林の施業における投入労働力の構成
        209
    • 7
      施業放棄・森林荒廃の状況
      210
      • 7-1
        施業遅れの原因
        211
      • 7-2
        車両系林業機械による林地撹乱
        211
      • 7-3
        開発による万人権侵害の問題
        211
    • 8
      森林経営への支援施策
      211
      • 8-1
        森林信託基金の運用の実態
        212
      • 8-2
        育林投資額と公的補助の関係
        212
      • 8-3
        架線集材に対する助成制度
        214
    • 9
      私有林所有形態の変化
      214
      • 9-1
        私有地権法の改正と女性所有者の増加
        214
      • 9-2
        分散的な森林所有とその団地化
        215
    • 10
      新しい収益機会
      216
      • 10-1
        森林所有者の副収入確保の実態
        216
      • 10-2
        狩猟及び狩猟権販売の実態
        217
      • 10-3
        大規模森林所有者L家での森林総合ビジネス化
        217
    • 11
      まとめ
      218
  • 第6章
    アメリカ
    大田伊久雄
    大塚生美
    籾井まり
    島本美保子
    223
    • 1
      アメリカの森林・林業の概要
      223
      • 1-1
        アメリカ経済の指標
        223
      • 1-2
        アメリカの行政予算の指標
        223
      • 1-3
        アメリカの森林制度
        223
      • 1-4
        アメリカの森林資源の概要
        224
      • 1-5
        アメリカの森林資源の特徴
        225
    • 2
      PNW地域の林業・木材産業
      228
      • 2-1
        所有形態別素材生産量
        228
      • 2-2
        立木価格(ベイマツ)
        228
      • 2-3
        製品輸出価格
        229
      • 2-4
        丸太輸出
        229
      • 2-5
        製品輸出
        232
      • 2-6
        木材産業雇用労働者
        232
    • 3
      アメリカの森林補助金・森林関係の税制
      233
      • 3-1
        はじめに
        233
      • 3-2
        連邦レベルの森林補助金制度
        234
      • 3-3
        農務省森林局によるもの
        234
      • 3-4
        農務省農地サービス局によるもの
        235
      • 3-5
        農務省の自然資源保全局によるもの
        236
      • 3-6
        内務省魚類野生生物局によるもの
        239
      • 3-7
        連邦レベルの所得税制上の森林資産の税制上優遇措置
        241
      • 3-8
        州レベルの森林補助金・森林税制
        241
      • 3-9
        ミシシッピ州
        242
      • 3-10
        アラバマ州
        243
      • 3-11
        オレゴン州
        244
      • 3-12
        ワシントン州
        245
      • 3-13
        ウィスコンシン州
        245
    • 4
      森林所有者の現状
      246
      • 4-1
        アメリカにおける森林所有者の特徴
        246
      • 4-2
        調査対象地域における私有林の概要
        250
      • 4-3
        小規模森林所有者の実態
        252
    • 5
      南東アラスカの森林管理と自然保護運動
      262
      • 5-1
        温帯雨林
        263
      • 5-2
        南東アラスカの温帯雨林
        264
      • 5-3
        森林所有
        266
      • 5-4
        南東アラスカを巡る自然保護運動
        267
      • 5-5
        アラスカ先住民族と私有林を巡る自然保護運動
        270
      • 5-6
        まとめ
        274
    • 6
      米国における森林所有形態の変化と森林部門への投資
      276
      • 6-1
        森林所有番付
        276
      • 6-2
        TIMO拡大の背景
        278
      • 6-3
        外国籍森林所有者
        279
      • 6-4
        垂直統合型林産企業の森林部門切離し
        280
      • 6-5
        REIT
        283
      • 6-6
        全国森林所有者連盟
        283
  • 第7章
    カナダ
    勝久彦次郎
    285
    • 1
      国の概要
      285
    • 2
      森林の概要
      286
      • 2-1
        森林の自然条件
        286
      • 2-2
        森林所有構造
        288
    • 3
      森林・林業・木材産業の制度
      289
      • 3-1
        森林の管理・経営制度
        289
      • 3-2
        森林・環境政策
        290
    • 4
      林業・木材産業の実態
      290
      • 4-1
        木材需給及び貿易
        290
      • 4-2
        林産企業
        292
      • 4-3
        林業事業体
        292
      • 4-4
        雇用
        293
      • 4-5
        森林認証の取得状況
        293
    • 5
      BC州における森林・林業・林産業
      294
      • 5-1
        森林の現況
        294
      • 5-2
        林業・木材産業の実態
        295
      • 5-3
        林業活動の状況
        299
      • 5-4
        BC州における林業従事者の状況
        307
      • 5-5
        施業放棄・森林荒廃の状況
        309
      • 5-6
        BC州の森林経営への支援施策
        309
      • 5-7
        BC州における私有林所有形態の変化
        309
      • 5-8
        BC州における新しい収入機会
        310
      • 5-9
        BC州における木材・森林と国民との関わり
        310
      • 5-10
        BC州における森林認証の取得状況
        310
    • 6
      ケーススタディ
      310
    • 7
      まとめ
      311
  • 第8章
    オーストラリア
    安村直樹
    313
    • 1
      オーストラリアの概要
      313
      • 1-1
        オーストラリアの自然条件
        313
      • 1-2
        オーストラリアの社会・経済条件
        315
    • 2
      森林・林業・木材産業の概要
      318
      • 2-1
        はじめに
        318
      • 2-2
        森林及び伐採の現況
        318
      • 2-3
        人工林造成の動向
        320
      • 2-4
        製材品、木質パネル、紙・板紙の生産
        322
    • 3
      森林・林業・木材産業の制度
      323
      • 3-1
        オーストラリアの造林政策の歴史
        323
      • 3-2
        鍵となる政策
        324
    • 4
      林業・木材産業の実態
      325
      • 4-1
        丸太、製材品、木質パネル、紙・板紙の消費
        325
      • 4-2
        林産物貿易
        325
    • 5
      林業活動の状況
      327
      • 5-1
        日豪の違い
        327
      • 5-2
        造林投資会社の概要
        327
      • 5-3
        造林投資会社の造林地に対する考え方
        328
      • 5-4
        造林投資会社による人工林施業
        329
      • 5-5
        農家による人工林施業
        331
      • 5-6
        州立試験場
        334
    • 6
      森林経営への支援策
      336
      • 6-1
        管理投資スキーム(MIS)による造林
        336
      • 6-2
        農林業MIS投資の現状
        338
      • 6-3
        農家に対する普及啓発事業
        339
      • 6-4
        VIC州森林造成政策の今後の課題
        342
  • 第9章
    ニュージーランド
    立花敏
    345
    • 1
      ニュージーランドの概要
      345
      • 1-1
        社会・歴史
        345
      • 1-2
        経済・政治
        347
      • 1-3
        土地利用
        349
      • 1-4
        一次産業と森林・林業・木材産業の位置づけ
        352
    • 2
      森林・林業・木材産業の概要
      351
      • 2-1
        人工林資源と造林
        352
      • 2-2
        人工林所有構造とパートナーシップ造林
        355
      • 2-3
        人工林施業
        358
      • 2-4
        丸太生産
        366
      • 2-5
        林業・木材産業部門の労働力
        368
      • 2-6
        林産物生産と製材業の動向
        369
      • 2-7
        林産物の消費と貿易
        372
    • 3
      森林・林業・木材産業の制度
      374
      • 3-1
        森林管理経営・環境に係る法制度
        374
      • 3-2
        森林・環境政策
        375
      • 3-3
        森林認証
        376
    • 4
      得られた知見と総合的な見解
      377
      • 4-1
        ケーススタディ
        378
      • 4-2
        日本が参考とするべき点
        379
  • 終章に代えて
    白石則彦
    383
  • 執筆者紹介
    386