5Gをめぐる海外動向 :技術・市場・政策

マルチメディア振興センター/2015.10.

当館請求記号:DK341-L115


目次


目次

  • 1.
    5G研究開発・標準化動向
    1
    • 1.1.
      標準化機関・業界団体の動向
      1
      • 1.1.1.
        ITU-R
        1
        • 1.1.1.1.
          IMT-2020 標準化のロードマップ
          1
        • 1.1.1.2.
          IMTビジョン勧告の概要
          2
          • 1.1.1.2.1.
            動向観測
            3
          • 1.1.1.2.2.
            2020年以降のIMT利用シナリオ
            5
          • 1.1.1.2.3.
            IMT-2020の能力
            5
        • 1.1.1.3.
          IMTバンドの対象を275-1000GHzまでとする新提案
          7
      • 1.1.2.
        3GPP
        8
        • 1.1.2.1.
          IMTビジョン勧告への合意
          8
        • 1.1.2.2.
          ユースケース及び周波数をめぐる議論
          9
          • 1.1.2.2.1.
            「インダストリービジョン」のアプローチ
            10
          • 1.1.2.2.2.
            欧州オペレーター主導のアプローチ
            11
          • 1.1.2.2.3.
            中国+Alcatel-Lucentのアプローチ
            12
          • 1.1.2.2.4.
            次のステップ
            12
        • 1.1.2.3.
          5G仕様の一部を早期に公開
          13
        • 1.1.2.4.
          6 GHz以上におけるチャネルモデルの研究
          14
      • 1.1.3.
        NGMN Alliance
        15
      • 1.1.4.
        GSMA Intelligence
        17
      • 1.1.5.
        4G Americas
        18
      • 1.1.6.
        Small Cell Forum
        20
      • 1.1.7.
        IEEE
        20
    • 1.2.
      欧州の動向
      21
      • 1.2.1.
        概況
        21
      • 1.2.2.
        英国サリー大学
        21
      • 1.2.3.
        METISプロジェクト
        23
      • 1.2.4.
        5GNOW
        25
      • 1.2.5.
        5G PPP
        26
        • 1.2.5.1.
          概況
          26
        • 1.2.5.2.
          METIS-II
          28
        • 1.2.5.3.
          mmMAGIC(6GHz以上)
          30
        • 1.2.5.4.
          FANTASTIC-5G(6GHz以下)
          31
        • 1.2.5.5.
          5G NORMA
          33
        • 1.2.5.6.
          Flex5Gware
          35
    • 1.3.
      韓国及び中国の動向
      36
      • 1.3.1.
        韓国
        36
        • 1.3.1.1.
          技術標準化
          36
          • 1.3.1.1.1.
            5G開発に向けた政府の取り組み
            36
          • 1.3.1.1.2.
            国際連携に向けた取り組み
            39
          • 1.3.1.1.3.
            技術開発
            40
        • 1.3.1.2.
          国内企業の動向
          41
          • 1.3.1.2.1.
            通信事業者
            41
          • 1.3.1.2.2.
            メーカー
            42
          • 1.3.1.2.3.
            国内業界の課題
            42
      • 1.3.2.
        中国
        43
        • 1.3.2.1.
          中国IMT-2020推進グループ
          43
        • 1.3.2.2.
          国家科学技術重大専門プロジェクト
          43
    • 1.4.
      主要企業の動向
      44
      • 1.4.1.
        主要ベンダー
        44
        • 1.4.1.1.
          Ericsson
          44
          • 1.4.1.1.1.
            スウェーデンのための5G開発プログラム
            44
          • 1.4.1.1.2.
            英独の大学研究機関との提携
            45
          • 1.4.1.1.3.
            産学官横断の5Gの欧州研究開発プログラム
            45
          • 1.4.1.1.4.
            13GHz帯での5Gモバイル端末の試験
            46
        • 1.4.1.2.
          Nokia
          46
          • 1.4.1.2.1.
            産官学連携の5G試験網
            46
          • 1.4.1.2.2.
            独カイザースラウテルン工科大学と5G技術開発で提携
            47
          • 1.4.1.2.3.
            70GHz帯の5G実証実験
            47
          • 1.4.1.2.4.
            73GHz帯での10Gbpsの伝送試験
            47
          • 1.4.1.2.5.
            6GHz以下の5G無線技術の研究開発
            48
          • 1.4.1.2.6.
            5G対応マルチサービスアーキテクチャー
            49
        • 1.4.1.3.
          Alcatel-Lucent
          50
          • 1.4.1.3.1.
            5GNOWプロジェクトの完了
            50
          • 1.4.1.3.2.
            Fantastic-5Gを主導
            51
          • 1.4.1.3.3.
            独ドレスデン工科大学との提携
            52
        • 1.4.1.4.
          華為技術
          53
          • 1.4.1.4.1.
            欧州5G PPPの5つのプロジェクトに参画
            53
          • 1.4.1.4.2.
            5G Vertical Industry Accelerator
            54
          • 1.4.1.4.3.
            5G技術のビジョン
            55
          • 1.4.1.4.4.
            NTTドコモと6GHz以下で5G無線アクセス技術を検証
            55
          • 1.4.1.4.5.
            Vodafoneと5G技術の研究開発でMoUを締結
            56
      • 1.4.2.
        主要通信事業者等
        56
        • 1.4.2.1.
          米国Verizon
          56
        • 1.4.2.2.
          米国Google
          57
        • 1.4.2.3.
          英国Vodafone
          57
        • 1.4.2.4.
          仏国Orange
          58
        • 1.4.2.5.
          独国Deutsche Telekom
          58
        • 1.4.2.6.
          韓国SK Telecom
          59
  • 2.
    新市場動向
    63
    • 2.1.
      5Gの新たな市場領域
      63
    • 2.2.
      自動運転
      64
      • 2.2.1.
        政策的な取組み例
        64
        • 2.2.1.1.
          米国イノベーションの優先課題
          64
        • 2.2.1.2.
          米国国家道路交通局による規制見直し
          65
        • 2.2.1.3.
          英国自動運転車の路上実験エリアの選定
          65
      • 2.2.2.
        実用化の見通し
        66
      • 2.2.3.
        公道走行試験
        67
    • 2.3.
      ドローン
      69
      • 2.3.1.
        ドローンの用途
        69
      • 2.3.2.
        Amazonのドローン配達システム
        70
      • 2.3.3.
        NASAのドローン交通管理システム開発
        72
      • 2.3.4.
        ドローン向け周波数
        74
        • 2.3.4.1.
          中国がドローン専用周波数を配分
          74
        • 2.3.4.2.
          GoogleのLTEドローン試験
          74
  • 3.
    周波数政策動向
    77
    • 3.1.
      5Gの候補周波数帯
      77
      • 3.1.1.
        概要
        77
      • 3.1.2.
        FCC
        78
        • 3.1.2.1.
          ミリ波帯の移動利用に関する公開諮問
          78
        • 3.1.2.2.
          リプライコメント
          80
        • 3.1.2.3.
          5G候補帯域の特定
          81
      • 3.1.3.
        CEPT
        84
      • 3.1.4.
        Ofcom
        84
      • 3.1.5.
        APT
        85
      • 3.1.6.
        韓国
        85
    • 3.2.
      免許不要帯域のLTE利用
      87
    • 3.3.
      米国の官民周波数共用をめぐる取組み
      88
      • 3.3.1.
        DARPAの研究開発
        89
      • 3.3.2.
        実証実験のモデル都市
        89
      • 3.3.3.
        国家高度周波数・通信試験網
        91
  • 4.
    おわりに
    93
    • 4.1.
      電波の柔軟な利用を可能とする制度枠組みの検討
      93
    • 4.2.
      周波数アクセス機会拡大のための官民周波数共用の推進
      94