トップ調べ方案内調べ方一般統計資料レファレンス・ガイド3.総合統計書>3.1 総合統計書:官庁等

3.1 総合統計書:官庁等

ここで紹介している情報は、『参考書誌研究』第60号(2004年3月)、第72号(2010年3月)の記事をもとにしており、各資料について、著編者、発行年、ページ数、税込み価格、出版情報などを示すほか、四角囲みの中に◇で長所を、◆で留意点を記しています。ただし、『参考書誌研究』掲載時点の情報であり、その後の変更は反映されていないため、あくまで参考データとお考えください。

3.1.1 日本統計年鑑 総務省統計局編 日本統計協会〔ほか〕 年刊 \14,700 他言語標題:Japan Statistical Yearbook 共同出版者:毎日新聞社

日本の国土、人口、経済、社会、文化などあらゆる分野にわたる重要で基本的な統計を収録した、包括的な統計書です。約670の統計表を収録しており、分野によって章が分かれています。各章の初めには、掲載している統計の種類と資料源、調査方法と経緯、対象範囲、専門用語等の概要を記述しています。また、巻末には発行機関別の統計目録と、日本語・英語のそれぞれ約5,000のキーワードから引ける索引があります。起源は、1872(明治5)年の『辛未政表』にあり、続く『日本帝国統計年鑑』は1882(明治15)年に創刊されて(最初の4年間の書名は『統計年鑑』)、1941(昭和16)年刊の第59回まで及びました。太平洋戦争の影響で刊行が一時中断されたのち、1949(昭和24)年から『日本統計年鑑』として刊行されています。

◇CD-ROMが付属しています。

◇最新版は総務省統計局ホームページ外部サイトへのリンクからエクセル形式でダウンロードすることができます。

◇各章冒頭の記述の部分は、各分野の統計資料案内の役割も果たしています。これも、上記のサイトで閲覧することができます。

◇英文が併記されています(各章冒頭の記述も含む)。

◇統計表によっては、長期間の数値を得ることができます。

◇『日本帝国統計年鑑』については、第1回(明治15年刊)から第59回(昭和16年刊)まで、東洋書林から複製が出版されています(第1回〜46回各\28,000、第47〜59回各\18,000)。

3.1.2 日本の統計 総務省統計局編 国立印刷局 年刊 \1,848

3.1.1の『日本統計年鑑』の中から特に重要な統計を選び出して、ハンディな形にまとめた統計書です。各分野の基本的な統計を集め、利用しやすいように編集しており、約500の統計表を収録しています。また、巻末には省庁等別資料一覧があります。1956年(昭和31)年に創刊され、1964年(昭和39)年からは毎年刊行されています。索引はありません。

◇最新版は総務省統計局ホームページ外部サイトへのリンクからエクセル形式でダウンロードすることができます。

◆資料の出所や簡単な注はありますが、各統計についての詳しい解説はありません。

3.1.3 PSI(Pocket Statistical Information)(年報) 総務省統計局 年刊 非売品 他言語標題:ポケット統計情報

我が国の人口、経済、社会等の水準および構造等の基本的な統計データを年報版としてコンパクトに編集したもので、極めてハンディなサイズの統計集です。 25分野98項目に関して、近年のデータを中心に掲載しています。創刊は、1989年刊行の1990年版です。

◇最新版は総務省統計局ホームページ外部サイトへのリンクからエクセル形式でダウンロードすることができます。

◇巻末に「付録」として、「原典統計資料作成機関一覧」が掲載されています。

◆解説、索引等はありません。

3.1.4 社会生活統計指標:都道府県の指標 総務省統計局編 日本統計協会 年刊 ¥6,300

我が国で整備している社会・人口統計体系*の統計指標の中から都道府県別の主要な指標をとりまとめ、約600項目収録しています。全体は3部から構成され、「II 基礎データ」では加工されていないデータを、「I 社会生活統計指標」では比較しやすいように人口当たり、面積当たり等の比率で表示した指標を掲載しています。また「III 基礎データの説明」では、各データの資料源、調査概要、用語の定義等を収録しています。創刊は1977年(昭和52)年。巻末にキーワード索引があります。

◇最新版は総務省統計局ホームページ外部サイトへのリンクからエクセル形式でダウンロードすることができます。

◇3.2.4の『地域経済総覧』、3.2.6の『データで見る県勢』と比べて経済産業分野の統計が少なく、安全、教育といった社会分野に比重を置いています。

◇5年前、10年前等の過去の数値も掲載されています。

◇同じ項目が、データ加工の有無によってIとIIに分かれて掲載されているので、キーワード索引もそれに対応しています。各キーワードの後に、その項目の「人口当たり」「面積当たり」「全体に対する割合」といった加工データが収録されているか否かが記号で分かるようになっています。

社会・人口統計体系*

人口・世帯、自然環境、教育、労働、健康・医療、福祉・社会保障等、国民生活の実態をあらわす約4,200の地域別統計データを収集・加工し、体系的に編成したもの。

3.1.5 統計でみる都道府県のすがた 総務省統計局編 日本統計協会 年刊 \2,730 他言語標題:Statistical Observations of Prefectures

3.1.4の『社会生活統計指標:都道府県の指標』から各都道府県の指標が一覧できるように再編成したものです。約450項目が掲載されており、それぞれの指標について、各都道府県の順位がすぐに分かります。2004年版までの標題は『統計でみる県のすがた』でしたが、2005年版から改題されました。創刊は、1981年刊行の1980年版です。

◇最新版は総務省統計局ホームページ外部サイトへのリンクからエクセル形式でダウンロードすることができます。

3.1.6 統計でみる市区町村のすがた 総務省統計局編 日本統計協会 年刊 \5,460 他言語標題:Statistical Observations of Shi, Ku, Machi, Mura

社会・人口統計体系(3.1.4を参照)のデータの中から、市区町村別の主要なデータを取りまとめたものです。約100項目を掲載し、索引はありません。創刊は2000年です。

◇最新版は総務省統計局ホームページ外部サイトへのリンクからエクセル形式でダウンロードすることができます。

◇本ガイドで取り上げた市町村別統計資料の中では項目数が多く、特に町村に関しては充実しています。

◇分野に偏りはありませんが、社会、教育および労働に関する項目が充実しています。

3.1.7 PSI(Pocket Statistical Information)(月報)総務省統計局 月刊  非売品 他言語標題:ポケット統計情報

3.1.3のPSI(年報)の月報版です。我が国の人口、経済、社会等の最新の動向を把握できるよう、基本的統計データをコンパクトに編集しており、年報版と同様、極めてハンディな統計書です。対象は年報版よりも狭く、12分野を対象に、年次データおよび月次データ数か月分の組合せによって、概ね最新2年間の数値を掲載しています。創刊は1986年です。

◇最新版は総務省統計局ホームページ外部サイトへのリンクからエクセル形式でダウンロードすることができます。

◇巻末に「最近のトピックス」として、毎月2つの主題の統計が掲載されています。

◆解説、索引等はありません。

3.1.8 日本銀行統計 日本銀行調査統計局 発売:ときわ総合サービス 季刊 年間購読料: \4,120 他言語標題:Bank of Japan Statistics

旧『金融経済統計月報』の改編に伴い、2005年から新たに刊行された季刊の統計書です。 日本銀行ホームページ外部サイトへのリンクで公表した日本銀行作成統計のうち主要なものについて、主として長期時系列データの形で掲載しています。金融を中心とする13分野の統計に加えて、毎号「特別掲載」の章が設けられ、「預金者別預金(金額階層別および詳細預金者別)」、「都道府県別預金(国内銀行)」等さらに詳細なデータが掲載されています。また、巻末には「解説」(「全体に関する注記」および「個別統計に関する解説および参考情報」)があります。

◇「特別掲載」の一部を除き、日本銀行ホームページ外部サイトへのリンクでデータを参照することができます。

◇「解説」を除き英文併記です。

3.1.9 金融経済統計月報 日本銀行調査統計局  発売:ときわ総合サービス 月刊 年間購読料:\8,400 他言語標題:Financial and Economic Statistics Monthly

旧『金融経済統計月報』のうち「日本銀行関連指標」および「主要金融経済指標」の部分を、内容拡充の上、最近の景気動向を把握するためのハンディな統計書として2005年7月から刊行し始めたものです。統計表によって多少異なりますが、概ね過去20年の年次統計、最近1年半分の四半期統計および最近14か月分の月次データが掲載されています。

◇収録内容は日本銀行ホームページ外部サイトへのリンクで参照することができます。

◇英文が併記されています(巻末のFootnotes は英文のみ)

◆解説、索引等はありません。

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡