トップ調べ方案内出版・ジャーナリズム・図書館情報学図書館情報学>国立国会図書館の歴史を調べる

国立国会図書館の歴史を調べる

国立国会図書館(以下、当館と呼びます)の歴史を調べるためのウェブサイトや文献を紹介します。

書誌事項末尾の【 】内は当館請求記号です。

目次

1.概史
2.館史
3.当館史の関連文献を見つける
3-1.主題書誌
3-2.ウェブサイト
4.関係記事が載りやすい媒体
4-1.当館刊行物・研究紀要
4-2.年次報告書・各種統計
4-3.その他
5.FAQ(よくある質問)
6.衆議院図書館・貴族院図書館(前史1)
6-1.館史
6-2.その他
7.帝国図書館(前史2)
7-1.概略
7-2.館史
7-3.帝国図書館文書

1.概史

当館は昭和23(1948)年に設立されました。あらましは次の資料類でわかります。

2.館史

当館は今までに以下のような館史を編纂しました。資料編には年表、組織変遷図、幹部職員リストなどがあります。

3.当館史の関連文献を見つける

3-1.主題書誌

3-2.ウェブサイト

  • 国立国会図書館オンライン
    (https://ndlonline.ndl.go.jp/)
    「詳細検索」画面で、件名欄に「国立国会図書館」を入力して検索すると、当館についての図書(一部、雑誌記事)が多数検索できます。
  • 国会会議録検索システム
    (http://kokkai.ndl.go.jp/)
    当館の議事の多くは、衆参両院の議院運営委員会図書館運営小委員会、過去には図書館運営委員会で審議されました。
  • 同志社大学学術リポジトリ 田中稲城文書外部サイトへのリンク
    (https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/search/100200/?lang=0&cate_schema=60000&mode=0)
    同志社大学竹林文庫外部サイトへのリンクに含まれる、初代帝国図書館長田中稲城の「帝国図書館設立ノ議」草稿、構想メモ、帝国図書館の「開館式々辞」原稿などを閲覧できます。当館は同文書のマイクロフィルムを所蔵しています(詳細は調べ方案内「田中稲城関係文書(MF:同志社大学図書館蔵)」)。

4.関係記事が載りやすい媒体

4-1.当館刊行物・研究紀要

4-2.年次報告書・各種統計

4-3.その他

  • Web NDL Authorities(国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)
    (http://id.ndl.go.jp/auth/ndlsh)
    キーワード検索で「国立国会図書館」を入力して検索すると、関連団体(制度上は直接関連のない団体も含む)が検索できます。それらの団体名から「著者名検索」もしくは「件名検索」すると関連文献が見つかることがあります。例えば『国立国会図書館野球部三十年史』(国立国会図書館野球部 1978)には当館史に関係する記述が見つかります。ただし、典拠データからたどれない団体が一部あり、その場合は上記の主題書誌からたどります。

5.FAQ(よくある質問)

「真理が我らを自由にする」(国立国会図書館法前文の文言)

納本制度

支部図書館制度

蔵書印

資料群の来歴・請求記号の成り立ち

  • 国立国会図書館百科編集委員会 編『国立国会図書館百科』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(出版ニュース社 1989 【UL214-E6】)
    「NDL請求記号一覧」(pp.79-100)に説明があります。

6.衆議院図書館・貴族院図書館(前史1)

当館の前身には、衆議院・貴族院の図書館と、文部省設置の帝国図書館の二つの流れがあります。これら3館の蔵書は、ほとんど当館に引き継がれています。

6-1.館史

6-2.その他

7.帝国図書館※(前史2)

7-1.概略

7-2.館史

7-3.帝国図書館文書

帝国図書館で作成された文書のうち、個人情報を含むものを除く209点について、順次デジタル化のうえ、国立国会図書館デジタルコレクションで公開予定です。
内容は、寄贈・購入書目、関東大震災での紛失書目、年報の原稿、閲覧統計などです。

※「帝国図書館」という名称について

日本の官立(国立中央)図書館は次のような変遷をたどったので、ここでは移転・改称前を含め、次の系統を便宜的に「帝国図書館」と総称します。 書籍館(しょじゃくかん)(1872年に湯島に開館、1874年に蔵書を浅草文庫へ移管)→東京書籍館(とうきょうしょじゃくかん)(1875年~)→東京府書籍館(とうきょうふしょじゃくかん)(1877年~)→東京図書館(1880年~、1885年に上野へ移転)→ 帝国図書館(1897年~)→国立図書館(1947年~、1949年に支部上野図書館として国立国会図書館へ統合)  湯島から上野へ移転してからは「上野の図書館」「上野図書館」という通称で呼ばれました。

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究