トップ調べ方案内児童書絵本・児童書の探し方資料の種類から探す>しかけ絵本(外国)

しかけ絵本(外国)

外国のしかけ絵本について、国際子ども図書館で所蔵している作品の探し方や、代表作・歴史等を調べるうえで参考になるツールを紹介します。
【】内は当館請求記号です。(ウェブサイトの最終アクセス日: 2017.11.16)

目次

1.参考文献
1-1. 文学事典
1-2. しかけ絵本の歴史・概要
1-3. 書誌・目録等
1-4. 作家研究
2. 参考ウェブサイト
3. 検索方法

 

1. 参考文献

「とびだす絵本」などしかけ絵本について調べるための資料には、以下のようなものがあります。

1-1. 文学事典

  • 『オックスフォード世界児童文学百科』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(原書房 1999 【KE112-G10】)
    「しかけ絵本」や「とびだす絵本」といった項目があり、その歴史や代表作について解説しています。
  • 『絵本の事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(朝倉書店 2011 【KC2-J20】)
    「05-12 しかけのある絵本」では物理的な仕組みの種類を、「06-03 しかけ絵本」ではしかけ絵本の概略や代表作家、技法等を説明しています。
  • "The Oxford Companion to Children's Literature" 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(Second edition. Oxford University Press 2015 【YZ-B3074】)
    「movable picture books」や「novelty book」といった項目があり、その歴史や代表作について解説しています。

1-2. しかけ絵本の歴史・概要

1-3. 書誌・目録等

  • 『チェコへの扉:子どもの本の世界』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(国立国会図書館国際子ども図書館 2008 
    【KP266-J1】)
    pp.56-57で、Voitech Kubasta作のしかけ絵本を紹介しています。
  • 『Pop-up絵本ミュージアム :図録』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(大日本絵画 2009 【KC511-J50】)
    Robert SabudaとMatthew Reinhartの作品や制作過程等を紹介しています。巻末には主要作品のリストも収録されています。
  • "Pop-up and movable books : a bibliography" 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(Scarecrow Press 1993 【YZ1-A12】)
    1850年代から1991年までの英語で書かれたしかけ絵本1600タイトルについて、しかけの詳細な内容を含む書誌を書名アルファベット順に収録しています。
  • "Spielbilderbucher : aus der Spielzeugsammlung des SMCA" 国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(Salzburger Museum Carolino Augusteum c2002 【YZ-B615】)
    2002年にザルツブルク博物館で開催された展示会の目録です。しかけ絵本の歴史について説明し、ドイツのしかけ絵本(翻訳含む)を豊富な図版で紹介しています。
  • "This magical book : movable books for children, 1771-2001"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Toronto Public Library c2002 【YZ-B1309】)
    2002年にトロント公共図書館で開催された展示会の目録です。オズボーンコレクション(Osborne Collection)のしかけ絵本を図版で紹介し、1771年から2001年までのしかけ絵本の歴史をたどっています。

1-4. 作家研究

  • "Lothar Meggendorfers Spielwelt"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Hugendubel 1983 【YZ-B600】)
    19世紀ドイツのしかけ絵本作家Lothar Meggendorferの作品について解説しています。

2. 参考ウェブサイト

  • Pop-up and movable books 外部サイトへのリンク(http://www.library.unt.edu/rarebooks/exhibits/popup2/)
    北テキサス大学図書館のウィーバー・コレクション(Weaver Collection)の中には400以上のしかけ絵本が含まれており、Robert Sabuda, Lothar Meggendorfer, Ernest Nister, Keith Moseley, Jan Pienkowski, Voitech Kubasta, David A. Carterといった作家の作品があります。それらをもとに、19世紀から現代までのしかけ絵本の歴史をたどっています。
  • Pop Goes the Page: Movable and Mechanical Books from the Brenda Forman Collection 外部サイトへのリンク(https://explore.lib.virginia.edu/exhibits/show/popgoesthepage)
    ヴァージニア大学図書館で開催されたしかけ絵本の展示会のページです。しかけ絵本の歴史や代表作家、代表作などを知ることができます。
  • A Concise History of Pop-up and Movable Books 外部サイトへのリンク(https://www.libraries.rutgers.edu/rul/libs/scua/montanar/p-intro.htm)
    ラトガース大学図書館ウェブサイト内にあるページで、しかけ絵本の歴史について簡単に説明しています。
  • Toy and Movable (T&M) Books 外部サイトへのリンク(http://www.loc.gov/aba/cyac/toys.html)
    件名標目の記述について解説した米国議会図書館のページです。しかけ絵本の種類や、検索に有効なキーワードを知ることができます。
  • Movable stationery 外部サイトへのリンク(http://www.movablebooksociety.org/newsletter.html)
    スミソニアン協会図書館ウェブサイト内のページにリンクしており、しかけ絵本に関する"Movable stationery"(Movable Book Society発行)のバックナンバーを読むことができます。
  • 仕掛け絵本でよくわかる ~仕掛けを使った知識の本~ (http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/pdf/2011_pop-up.pdf)
    2011年に国際子ども図書館の第二資料室(現在の児童書研究資料室)で展示したしかけ絵本のリストです。P.5に検索方法についての説明がありますが、現在の蔵書検索システムとは異なりますので、「4. 検索方法」を参照してください。

3. 検索方法

国立国会図書館オンラインで所蔵場所を「子ども:資料室」とし、以下のようなしかけ絵本を意味する語や、絵本作家名・出版者名で検索してください。 国名コードまたは本文の言語コードで絞り込みができます。
日本語以外のすべての資料を対象とするには、NOT検索で言語コードに「jpn」を 指定してください。

Movable bookまたはMovable books (動きを伴う絵本)
Pop-up (とびだすしかけ)
Lift-the-Flap (めくるしかけ)

アメリカの代表的なしかけ絵本作家:Richard Scarry, Robert Sabuda, Matthew Reinhart

イギリスの代表的なしかけ絵本作家:Robert Crowther, Jan Pieńkowski (ポーランドで生まれ、イギリスで活躍)

ドイツの代表的なしかけ絵本作家:Lothar Meggendorfer

チェコの代表的なしかけ絵本作家:Voitech Kubasta (オーストリアで生まれ、チェコで活躍)

代表的な出版者:Dean (またはDean & Son), Braun & Schneider, Ernest Nister

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡