トップ調べ方案内児童書絵本・児童書の調べ方原画展>ボローニャ・ブックフェア

ボローニャ・ブックフェア

目次

1. ボローニャ・ブックフェアとは
2. ボローニャ国際絵本原画展とは
3. ボローニャ・ラガッツィ賞とは
4. 関連情報

1. ボローニャ・ブックフェアとは

毎年3月~4月頃、イタリアで児童書専門の世界的な見本市「Bologna Children's Book Fair」が開催されます。
日本では「ボローニャ・ブックフェア」「ボローニャ国際ブックフェア」「ボローニャ国際児童図書展」などと訳されています。
このブックフェアは1964年に始まり、毎年世界中から出版社を含む多くの児童書関係者が集まり、著作権の交渉などが行われています。

Bologna Children's Book Fairについては、以下の資料に詳しく書かれています。
以下、【 】内は当館請求記号です。

2. ボローニャ国際絵本原画展とは

Bologna Children's Book Fairのなかで、1967年にボローニャ国際絵本原画展(Bologna Illustrators Exhibition)が始まりました。
原画5枚(未出版のものも含む)を提出すれば、プロアマ問わず誰でも応募できる、イラストレーター展です。入選作品はブックフェア会場内に展示されるので、来場する各国の児童書関係者に見てもらえるチャンスとなります。
入選作品は毎年出版される以下の資料に、作品とイラストレーターの紹介が掲載されます。

この原画展は1978年以降、日本国際児童図書評議会(JBBY:Japanese Board on Books for Young People)によって、日本国内数ヵ所を巡回して展示会が行われています。

3. ボローニャ・ラガッツィ賞とは

Bologna Ragazzi Awardは、Bologna Children's Book Fairに出展者として参加している出版社や団体が出版した本が応募できるものです。
日本では「ボローニャ・ラガッツィ賞」「ボローニャ国際児童図書賞」などと訳されています。
この賞は、作家やイラストレーター個人に贈られるのではなく、編集者や装丁者などを含めた総合的な作品として、本そのものに贈られます。

毎年の受賞者情報は、国際子ども図書館ホームページの以下のページで紹介しています。

また、国際子ども図書館では2003年以降、ボローニャ国際児童図書展事務局からボローニャ・ラガッツイ賞応募作品の一部の寄贈を受けています。

4. 関連情報

  • Bologna Children's Book Fair外部サイトへのリンク(http://www.bookfair.bolognafiere.it)(Bologna Children's Book Fair)
    公式ホームページです。英語版のホームページもあります。
  • 板橋区立美術館外部サイトへのリンク(http://www.itabashiartmuseum.jp/)(板橋区立美術館)
    1981年から毎年、「ボローニャ国際絵本原画展」が開催されている美術館です。
    • ボローニャ展外部サイトへのリンク(http://www.itabashiartmuseum.jp/art-2013/bologna/index.html)
      各年の国内の巡回展情報、日本人の入選者情報があります。
      ボローニャ国際絵本原画展の応募要項の抄訳、公式ホームページへのリンクもあります。
  • いたばしボローニャ子ども絵本館外部サイトへのリンク(http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002177.html)(板橋区)
    「ボローニャ児童図書展」事務局から寄贈された海外絵本を主な蔵書にした、絵本の図書館です。
  • 日本国際児童図書評議会(JBBY)外部サイトへのリンク(http://www.jbby.org/)(日本国際児童図書評議会)
    ボローニャ国際絵本原画展で日本の絵本を紹介します。日本国内の巡回展示を行っています。

[last access:2015.02.28]

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡