トップ調べ方案内歴史・地理地理>関西でしらべる:日本の地名

関西でしらべる:日本の地名

関西でしらべるでは、おもに関西地域における、資料の利用方法や所蔵機関、調べ方を提供しています。

日本の地名の読み方や由来についての調べ方です。
地名を調べる際は、まず地名事典を利用します。地名事典は、郷土史や地方史を調べる際にも役立つ資料です。地名事典でお探しの情報が見つからない場合、実際の地図(地形図など)を見て地名の読み方を確認するなどの方法もあります。このページでは主に関西館総合閲覧室で見られる地名事典をご紹介します。

【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、巻によって請求記号が異なります。NDL-OPACでお調べください。

目次

1.関西館の所蔵状況
1-1.一般的な地名事典
1-2.近畿圏の地名事典
1-3.地名の読み方についての事典
1-4.その他の関連資料
2.インターネット情報
3.参考文献

1.関西館の所蔵状況

1-1.一般的な地名事典

  • 角川日本地名大辞典国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』(角川書店 1978-1990 【GB11-38】)
    角川文化振興財団が「角川日本地名大辞典」編纂委員会を組織して編纂した地名辞典です。都道府県別に各1巻全47巻、別巻2巻(別巻1「日本地名資料集成」、別巻2「日本地名総覧」)で構成されています。別巻2「日本地名総覧」は、本編に収録した地名、全項目が50音順に並べられています。別巻を除く各巻は、総説、地名編、地誌編、資料編で構成されています。地名編は、歴史的行政地名、自然地名、人文地名等が立項されています。配列は50音順です。地誌編では昭和55年(1980年)時点での行政区分に従い立項されています。資料編には、小字一覧、地名資料解説が収載されています。

  • 日本歴史地名大系国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』(平凡社 1979-2005 【GB11-44】)
    都道府県ごとに在地の信頼のおける専門研究者に委嘱し作成された歴史地名事典です。都道府県別に各1巻、索引2巻(総索引・分類索引)で構成されています。全体で約20万の地名を掲載しています。総索引は約40万項目が50音順で配列されています。索引を除く各巻は、地域項目編、文献解題、行政区画変遷・石高一覧、索引で構成されています。地域項目は、歴史的行政地名、自然地名、文芸地名等で立項されています。配列は地域ごとに行われています。
    関西館では、冊子体の『日本歴史地名大系』だけでなく、ジャパンナレッジ Lib(当館契約のデータベース:館内限定)から『日本歴史地名大系』を見ることもできます。ジャパンナレッジ Libは、市町村合併の情報を反映するなど、冊子体の情報よりアップグレードされており、全文検索も可能です。

  • 大日本地名辞書国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』(富山房 1969-1971 【GB11-1】)
    『大日本地名辞書』は、吉田東伍が、個人編纂で、明治33年(1900年)から13年を費やして完成させた日本初の全国地誌辞書です。約4万項目の地名が紹介されています。構成は、汎論、索引、各説の三部構成です。各説部では、全国の「著顕の土地」を、道、国、群の順に配列しています。千島・樺太・台湾も含まれています。
    関西館では、増補版(第1巻~第7巻)を所蔵しています。旧版の『大日本地名辞書国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』(2版 富山房 1937-1940 【291.03-Y841d-(s)】)などは、国立国会図書館デジタルコレクション(館内/送信参加館限定)で閲覧可能です。

  • 『日本地名大百科』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(小学館 1996 【GB11-G12】)
    約1万の地名を収録しています。地名についての解説「文化ガイド」もついています。

  • 『日本地図地名事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(三省堂 1991 【GB11-E11】)
    前半が日本地図編、後半は日本地名編となっています。日本地図編には日本全図の地図と主要地域の都市図・地域図が記載されています。日本地名編では各地名について説明がなされています。日本地名編は、日本地図編の索引も兼ねています。収録地名数は2万余です。

  • 日本地名大辞典国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』(日本図書センター 1996 【GB11-G6】)
    昭和14年~16年(1939-1941年)に日本書房が出した『日本地名大辞典国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』(日本書房 1939-1941 【291.03-N688n】)(国立国会図書館デジタルコレクション:館内/送信参加館限定)の復刊本です。全国の地名を50音順に配列し、全6巻で刊行されています。

  • 『古代地名大辞典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(角川書店 1999 【GB11-G20】)
    本巻と別巻(「索引・資料編」)があります。『角川日本地名大辞典』の編集成果を踏まえ、『万葉集』などより地名を採録し、大幅な編集を加えたものです。文治元年(1185年)までに成立した史料に見える地名、自然地名、約12400項目を収録しています。50音順に配列されています。

  • 『地名研究必携』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日本地名研究所 2003 【GB54-H5】)
    天保郷帳に記載された6万以上の村名を引くことができる地名の字引索引です。該当する『大日本地名辭書』のページ数も記載されています。

  • 『新日本地名索引』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(アボック社出版局 1994 【GB11-E24】)
    2万5千分の1地形図に現れる地名の位置を、経緯度で示した索引です。

  • 『新日本地名索引. 別巻』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(アボック社出版局 1994 【GB11-E24】)
    別タイトルを『地名レッドデータブック』といいます。消えた地名を探すことができます。陸軍参謀本部陸地測量部の5万分1地形図に現れた地名より、『新日本地名索引』に掲載されなかった地名だけを採録しています。

1-2.近畿圏の地名事典

近畿圏の地名に関する事典もあります。

1-3.地名の読み方についての事典

  • 『難読・異読地名辞典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京堂出版 1999 【GB11-G22】)
    漢字の画数より難読の地名の読みを引くことができる地名辞典です。

  • 『全国地名駅名よみかた辞典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日外アソシエーツ 2006 【GB11-H37】)
    全国の現行地名および鉄道線の駅名、合わせて約13万件について、読みを明示しています。

  • 『新全国地名読みがな辞典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(人文社 2000 【GB11-G27】)
    2000年1月10日時点の、全国の市町村・大字名の読みを調べることができます。配列は都道府県順です。

1-4.その他の関連資料

NDL-OPACを使うと、上記以外の関連資料も検索することができます。NDL-OPACの詳細検索画面で検索項目「件名」をプルダウンで選択して「地名」と入力した後、検索項目「タイトル」や「件名」に都道府県名などを入力し、検索を行います。

このページの先頭へ

2.インターネット情報

  • 地理院地図(電子国土Web)外部サイトへのリンク(国土地理院)(http://maps.gsi.go.jp/)
    Webブラウザで国土地理院の地図や空中写真を見ることができ、現在の地名を確認できます。日本全国の地形から建物が判別できる詳しい地図まで、様々な縮尺の地図を見ることができます。地図データは基本的に現在のもので、過去の地図を見ることはできませんが、特定地点の経緯度や標高、2万5千分1地形図の図名などを表示させることができます。

  • 郵便番号検索外部サイトへのリンク(日本郵便)(http://www.post.japanpost.jp)
    現在の地名の読みをお探しの方は、日本郵便の、郵便番号検索で調べることができます。全国地図や住所、郵便番号から検索を行うことができます。

  • レファレンス協同データベース(国立国会図書館)(http://crd.ndl.go.jp/reference/)
    地名に関するレファレンス事例や調べ方案内が記載されています。

  • 大阪の地名を調べるには外部サイトへのリンク(大阪府立図書館)(http://www.library.pref.osaka.jp/site/osaka/guide-chimei.html)
    大阪の地名の調べ方を、「放出」「雑喉場」という地名を例に挙げながら紹介しています。

このページの先頭へ

3.参考文献

  • 『地方史研究の新方法』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(八木書店 2000 【GB34-G8】)
    地方史研究の一環としての地名研究について記載があります。
  • 『地名の巨人吉田東伍』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(角川書店 2003 【GK163-H8】)
    『大日本地名辞書』を個人編纂した吉田東伍についての研究書です。
  • 日本歴史地名大系ジャーナル外部サイトへのリンク(ネットアドバンス)(http://japanknowledge.com/articles/blogjournal/interest_chimei/index.html)
    ジャパンナレッジの紹介を兼ねた、地名に関するコラムです。インターネット上からもご覧になれます。
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡