トップ調べ方案内歴史・地理地図日本の地図>関西でしらべる:地形図

関西でしらべる:地形図

関西でしらべるでは、おもに関西地域における、資料の利用方法や所蔵機関、調べ方を提供しています。

地形図とは、地表面の自然および人工物の位置・高さ・形状を、縮尺に応じて正確詳細に表示した地図です。日本では、明治以降、官製地図として作成されています。

【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、巻によって請求記号が異なります。NDL-OPACでお調べください。

目次

1.関西館の所蔵状況
1-1.総合閲覧室で見られる資料
1-2.書庫にある資料
2.インターネット情報
3.主に関西圏の他機関所蔵状況
4.参考文献

 

1.関西館の所蔵状況

関西館では1枚ものの地図は所蔵していないため、地形図そのものは所蔵していません。地形図を収録した地図帳や電子資料のみ所蔵しています。

1-1.総合閲覧室で見られる資料

全国及び近畿圏の地形図(地図帳)を開架しています。主に明治~昭和前期の地形図が対象です。以下、各資料について説明します。

  • 『明治前期関西地誌図集成 : 1884(明治17)年~1890(明治23)年』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(柏書房 1989 【YP6-100】)
    「京阪地方仮製(准正式)2万分1地形図」(初版)の復刻です。陸軍参謀本部陸地測量局および第4師団司令部が作成した地形図です。
    明治11(1878)年、2万分1の縮尺を基本とし、編集による10万分1の編集図と合わせて、日本をカバーするという地形図整備計画が立てられました。ただ三角測量の基準点網の整備に時間がかかることから、まずは局地的な基準にのっとって地形図が作成されることになりました。この時期に作成された地図は迅速図と呼ばれます。
    明治17(1884)年から作成された京阪地方の地図は、正式な三角測量によるものではありませんが、迅速図よりも精度が向上しており、「京阪地方仮製(准正式)2万分1地形図」と呼ばれています。
  • 『正式二万分一地形図集成』(柏書房) 8冊
    陸地測量部により作成された2万分1地形図です。東日本国立国会図書館の所蔵情報へのリンク関西国立国会図書館の所蔵情報へのリンク中部日本1国立国会図書館の所蔵情報へのリンク中部日本2国立国会図書館の所蔵情報へのリンク中部日本3国立国会図書館の所蔵情報へのリンク中国・四国1国立国会図書館の所蔵情報へのリンク中国・四国2国立国会図書館の所蔵情報へのリンク九州国立国会図書館の所蔵情報へのリンクがあります。明治期の主に都市部が対象です。
    明治18(1885)年より、三角点基準点網をもとに、正式の地形測量が開始されます。このとき作成された地図は、迅速図と対置され「正式図」(後に「基本図」)と呼ばれました。
  • 『明治大正日本五万分の一地図集成』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (古地図研究会 1983 【YP6-112】) 4冊
    陸地測量部が作成した5万分1地形図です。北海道・樺太、東北・北陸1、北陸2・関東・中部・近畿、中国・四国・九州の構成となっています。
    明治23(1890)年に予算削減と全国カバーの早期達成のために、基本図の縮尺を2万分1から5万分1へと変更し、20万分1編集図との組み合わせとし、特設地域のみ2万5千分1の地図が作成されることになりました。
  • 『日本列島二万五千分の一地図集成』(科学書院 【YP6-118】) 5冊
    20世紀初頭から第二次世界大戦前までに日本の陸地測量部により作成された「2万5千分1地形図」の復刻です。総合索引『日本列島二万五千分の一地図集成総合索引』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(科学書院 1992 【G62-H13】)があります。

1-2.書庫にある資料

書庫にある復刻資料(明治~昭和)では下記の資料を所蔵しています。

 

2.インターネット情報

国土地理院が、地形図に関する様々な閲覧・検索ページを公開しています。

  • 地理院地図(電子国土Web)外部サイトへのリンク (国土地理院)(http://maps.gsi.go.jp/)
    Webブラウザで国土地理院の地図や空中写真を見ることができます。日本全国の地形から建物が判別できる詳しい地図まで、様々な縮尺の地図を見ることができます。地図データは基本的に現在のもので、過去の地図を見ることはできませんが、特定地点の経緯度や標高、2万5千分1地形図の図名などを表示させることができます。
  • 地図の図名検索外部サイトへのリンク(国土地理院)(http://www.gsi.go.jp/cgi-bin/zumei/zsrch.cgi)
    市区町村が含まれる各地形図、地勢図の図名が検索できます。
  • 地形図・地勢図図歴外部サイトへのリンク(国土地理院)(http://mapps.gsi.go.jp/history.html)
    明治時代からこれまでに作成された地形図の刊行図歴を検索できます。

また、財団法人地図センターでは、地形図を販売しています。地図センターのネットショッピングサービスや、国土地理院地図販売店などを通じて、地形図を購入することが可能です。

公共図書館でも所蔵する地形図をデジタル化して公開している場合があります。近畿圏の公共図書館では下記サイトがあり、地形図画像を見ることができます。

  • 大阪市立図書館 デジタルアーカイブ外部サイトへのリンク(http://image.oml.city.osaka.lg.jp/archive/)
    大阪市立中央図書館が所蔵している古文書や写真、絵葉書、地図などの貴重資料の画像閲覧サービスです。画像登録されている地形図を見ることができます。
    【検索方法】「詳細検索」の「地図」をクリックしてください。縮尺、図名、地名等から検索することができます。
    【備考】地形図は縮尺によって作成された年代が異なります。お探しの年代がない場合は、縮尺を変えて検索してみてください。

 

3.主に関西圏の他機関所蔵状況

国土地理院では、本院(情報サービス館)と各地方測量部において、ディスプレイ上で旧版地図の閲覧が行えます。

  • 旧版地図の閲覧について外部サイトへのリンク(国土地理院)(http://www.gsi.go.jp/MAP/HISTORY/etsuran.html)
    各地方測量部の閲覧窓口の連絡先一覧です。近畿圏の地方測量部は、近畿地方測量部です。
  • 国土地理院近畿地方測量部外部サイトへのリンク(http://www.gsi.go.jp/kinki/index.html)
    〒540-0008 大阪市中央区大手前4-1-76 大阪合同庁舎第4号館
    電話:06-6941-4507 FAX:06-6941-4427

また、特定地域の地形図はその地域の公共図書館で所蔵していることがあります。各図書館のOPACでご確認ください。お探しの資料が見当たらない場合は、各図書館にお問い合わせください。

4.参考文献

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡