トップ調べ方案内科学技術・医学自然科学地球科学・地学>関西でしらべる:活断層について調べる

関西でしらべる:活断層について調べる

関西でしらべるでは、おもに関西地域における、資料の利用方法や所蔵機関、調べ方を提供しています。

活断層とは、地質学でいう「断層」のうち、現在から過去数十万年程度の期間に、繰り返し横滑りなどの活動があり、将来また活動する可能性のある断層のことを指します。地震発生のメカニズムについては、かつてはマグマや熱の役割を重視する考えが有力でしたが、現在では基本的に、地震は断層の活動の結果だと考えられています。
したがって、活断層の詳しい位置や各種性質について知ることは、地震の予測や地震対策の基礎的な資料として重要だと位置づけられます。

【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、巻によって請求記号が異なります。NDL-OPACでお調べください。

1.関西館の所蔵状況

以下に紹介する参考図書類には、活断層を意味する線を地図上に表した文献が多くありますが、活断層の性質は地図上の線だけで表されるものではないため、必要に応じて地図以外の文献も参照する必要があります。
また、情報は日々更新されますので、書籍の出版以降の新しい情報は、学術雑誌記事や、後に紹介する、活断層のデータベースなども併せてご利用ください。

関西館総合閲覧室の参考図書(開架資料)

  • 『新編日本の活断層 : 分布図と資料』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京大学出版会 1991 【YQ19-423】)
    出版当時までになされた研究資料の集大成であり、日本全国の地図上に活断層を統一的な基準で記述したものです。
    国土地理院の20万分1地勢図を約60%に縮小した上に、活動の度合いなど、活断層の種類(分類)が示されるほか、歴史的な地震の概要や近現代の地震の詳細についても地図上に表記があり、日本列島全体の活断層の特徴がとらえられる資料となっています。
    1991年の発行ですが、日本全国を中縮尺の同一スケールで閲覧できる冊子体の資料はほぼ唯一であるため、現在でももっとも基本的な文献のひとつです。
  • 『近畿の活断層』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京大学出版会 2000 【YQ19-568】)
    上記の『新編日本の活断層』は概要や広域の活断層情報の把握には便利ですが、活断層の詳細な位置や変異した地形の種類などは詳しく分かりません。
    本書では、50,000分の1地形図を60%に縮小表示した地図をベースとしており、縮尺が大きい分『新編日本の活断層』よりも詳細な資料となっています。
  • 『第四紀逆断層アトラス』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京大学出版会 2002 【YP6-H2】)
    逆断層は日本の活断層の約7割を占める断層のタイプで、過去に発生した大地震も逆断層によるものが多くあります。
    この資料では、北海道・東北地方から、近畿地方までの逆断層帯を対象とし、これまでの地形図判読などでは評価されづらかった逆断層について、詳細な調査を行い、50,000分1の地図上に示しています。
  • 『京都の活断層』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(第2版 京都市消防局防災対策室 2002 【ME75-J41】)
    京都盆地を中心とした一帯の活断層について、ボーリング調査や音波調査などの詳しい調査結果を掲載した資料です。
    上記3点の資料のように、統一的なスケールの地図上に活断層を図示したものではなく、
    花折断層・京都西山断層など、京都地域の具体的な断層について、まとまった記述のある資料です。

雑誌
活断層の特徴を探るための各種調査の結果などは、一般に学術雑誌で発表されます。同分野の主要な雑誌はインターネット上で全文が公開されています。
NDL-OPACの雑誌記事索引で検索する場合は、断層の名称(例:花折断層)をタイトルに入れると、記事が探しやすいようです。

  • 『活断層・古地震研究報告』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(産業技術総合研究所地質調査総合センター 2001 【Z74-C749】)
    産業技術総合研究所地質調査総合センターが発行する学術雑誌です。以下のアドレスで全文が公開されており、関西館でも所蔵しています。
    1号~(地質調査総合センター外部サイトへのリンク

2.インターネット情報

  • 活断層データベース外部サイトへのリンク(産業技術総合研究所)(https://gbank.gsj.jp/activefault/index_gmap.html)
    活断層に関する文献の書誌データを、1万件以上採録するほか、文献から得られたファクトデータ(活断層がいつ、どのくらい動いたか等)を地図上から検索できます。
    具体的な使用法などは、「調べ方案内:地震に関するファクト/データ情報源」内の「活断層」の項目をご覧ください。

3.参考文献

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡