トップ調べ方案内社会・労働・教育・スポーツ名簿を調べる>歯科医の名簿

歯科医の名簿

代表的な歯科医の名簿には、以下のような資料があります。
【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、版によって請求記号が異なります。国立国会図書館オンラインでタイトルを入力して検索してください。

目次

1. 戦後の歯科医の名簿
2. 明治から昭和前期までの歯科医の名簿
2-1. 明治期
2-2. 大正期
2-3. 昭和前期

1.戦後の歯科医の名簿

  • 『全国歯科医師名簿』(ドクターズファミリー 年刊)
    都道府県・市区郡別の歯科医師の一覧です。医院名、氏名、電話番号、住所が掲載されています。2008年以降、電子資料(CD-ROM)で刊行されています。
  • 『医育機関名簿』(羊土社 年刊)
    大学の歯学部に所属する医師が掲載されています。
  • 『日本歯科醫籍年鑑. 東日本版』(日本醫學新報社 不定期刊) 
  • 『日本歯科醫籍年鑑. 西日本版』(日本醫學新報社 不定期刊)
  • 『日本歯科醫籍年鑑. 医育機関編』(日本醫學新報社 不定期刊)
    都道府県・市区郡別の歯科医一覧です。各個人は五十音順に配列され、氏名、専門科名、医院または病院名、所在地、生年月日、医籍登録番号、略歴、主論文などが掲載されています。いずれも第37版(2004年発行)をもって刊行を終了しました。

大学の歯学部に所属する医師は、以下の資料にも掲載されています。

  • 『医学研究者名簿』(医学書院 年刊) 
    2004年版をもって刊行を終了しました。
  • 『医科学研究者名簿 : ライフサイエンス : 全国国公私立研究所・薬学部・歯学部』(羊土社 隔年刊)
    2005年版をもって刊行を終了しました。
  • 『歯学研究者名鑑』(口腔保健協会 3年に1回刊) 
    2005年版をもって刊行を終了しました。
  • 『全国大学職員録』(廣潤社 年刊) 
    2006年版をもって刊行を終了しました。

2.明治から昭和前期までの歯科医の名簿

2-1.明治期

2-2.大正期

2-3.昭和前期

「調べ方案内」内関連コンテンツ

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究