トップ調べ方案内科学技術・医学技術・工学安全工学・災害>過去の災害を調べる(地震・津波・火山噴火・水害等)

過去の災害を調べる(地震・津波・火山噴火・水害等)

過去の災害を調べるための資料には、以下のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、巻によって請求記号が異なります。NDL-OPACに資料名を入力し、検索してください。
(目次)は当館作成目次データベースへのリンクです。

目次

1. 日本の災害史に関する資料
2. 世界の災害史に関する資料
3. 日本の地震・津波・火山に関する資料
4. 世界の地震・津波・火山に関する資料
5. 災害全般に関する資料
6. インターネット情報源

 

1. 日本の災害史に関する資料

  • 『昭和災害歴史事典』(日外アソシエーツ 1993.7- 1995.11 【EG77-E134】) (目次:第1巻 第3巻 第4巻 第5巻
  • 『昭和災害史年表事典. 2』(日外アソシエーツ 1992.6 【EG77-E134】) (目次)
    昭和2(1927)年から昭和63(1988)年までに日本で発生した自然災害(豪雨、地震、雪崩など)及び社会的災害(各種交通機関の事故、公害、山岳遭難など)、約12,000件を発生順に掲載した、全6巻の資料です。各災害について、死傷者数や被害規模などの概略を記述しています。第1-5巻の各巻末には、各巻に対応した災害別一覧及び都道府県別一覧があります。総索引は災害名の50音順索引となっており、発生年月日が示されています。なお、第1巻、第3-5巻及び総索引の資料名が『昭和災害歴史事典』であるのに対し、第2巻のみ資料名が『昭和災害史年表事典』となっています。NDL-OPACに請求記号【EG77-E134】を入力し、検索してください。
  • 『日本災害史事典. 1868-2009』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日外アソシエーツ 2010.9 【EG77-J340】)
    明治元(1868)年から平成21(2009)年までに日本で発生した災害(豪雨、地震、雪崩など)及び社会的災害(各種交通機関の事故、公害、山岳遭難など)、約4,500件を、発生順に掲載した資料です。死傷者数や被害規模などの概略を記述しています。巻末に、災害別一覧及び都道府県別一覧があります。
  • 『わが国の災害誌』 (全国防災協会 1965-2016.3)
    日本で発生した災害の事例について、発生状況及び行政対応を統計資料や各種データ(天気図や地形図など)を用いて詳細に解説した資料です。2016年6月現在、第5編まで刊行されていますが、第2編『わが国の災害誌 1976(続)』(1976.8) は当館未所蔵です。第1編『わが国の災害誌. 1965』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク【369.3-Z24w】(国立国会図書館デジタルコレクション:館内限定公開)は昭和8(1933)年から昭和36(1961)年まで、第3編『わが国の災害誌. 第3編(昭和60年版)』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク【M91-24】は昭和48(1973)年から昭和58(1983)年まで、第4編『わが国の災害誌. 第4編(平成16年版)』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク【M91-H2】(目次) は昭和59(1984)年から平成15(2003)年まで、第5編『わが国の災害誌. 第5編 (平成26年版)』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク【M91-L9】は平成16(2004)年から平成25(2013)年までに発生した災害を扱っています。第5編については、出版社のホームページで目次[PDF:208KB]外部サイトへのリンクが閲覧できます(http://www.zenkokubousai.or.jp/download/h27_saigaishi_mokuji.pdf)。
  • 『近代日本の災害: 明治・大正・昭和の自然災害』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (テクノバ 1993.7 【EG77-E166】) (目次)
    明治以降の大きな自然災害について、公的な観測・記録に基づいた情報を集約し、解説した資料です。被害状況の写真や当時の新聞記事などを多数掲載しています。近代を、明治(1868年から1912年)、大正(1913年から1926年)、昭和前期(1927年から1945年8月)、昭和中期(1945年9月から1964年)、昭和後期(1965年から1988年)に分割し、各時代において発生した災害全般の概要、主要な災害の一覧を掲載しています。また、大きな自然災害については個別に解説をしており、災害の概要、被害概況(被害に関する数値データ)、災害の特徴・対策などを掲載しています。巻末の付録には、政治・社会一般の出来事を併記した「災害総合年表(明治・大正・昭和)」(pp.285-299)、江戸時代末までに起きた大きな自然災害をまとめた「近世までの歴史的大災害」(pp.300-310)、参考文献一覧、事項索引があります。
  • 『日本の自然災害』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (改訂 日本専門図書出版 2005.7 【M91-J7】)
    飛鳥時代から平成7(1995)年までに発生した自然災害の情報を収録した資料です。資料の前半では、上代・中世(飛鳥-室町時代 550-1572年)、近世(安土桃山・江戸時代 1573-1867年)、明治・大正時代(1868-1926年)、昭和前期(1927-1945年)、昭和中期(1946-1969年)、昭和後期・平成(1970-1995年)に時代を分割し、主要な災害を年表形式(簡単な解説、図又は写真を含む)でまとめています。資料の後半では、地震・津波、火山噴火、台風・豪雨、豪雪、冷害、干害について、日本で発生した事例を解説しており、被害写真や科学的データ(天気図、震度分布図など)も掲載しています。巻末に、参考文献及び写真・資料提供者の一覧があります。
  • 『防災総覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (ビジネス研究社 1991.7 【EG77-E170】)
    江戸時代から昭和時代までに日本で発生した災害(地震、火山噴火、火災、風水害、雪害)をまとめた全2巻の資料です。第1巻では、各種災害の概要、仕組みについて述べた後、災害事例、災害史年表を掲載しています。第2巻では、各種災害の対策、災害時における自衛隊、海上保安庁、警察の救援活動について解説しています。

 

2. 世界の災害史に関する資料

  • 『世界災害史事典. 1945-2009』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日外アソシエーツ 2009.10 【E2-J115】)
    1945年から2009年6月末までに世界各地で起きた大災害(豪雨、地震、雪崩、各種交通機関の事故、公害、山岳遭難など)約3,200件を、発生順に掲載しています。死傷者数や被害規模などの概略を記述しています。巻末に、災害別一覧及び国・地域別一覧があります。
  • 『日本の自然災害 : 世界の大自然災害も収録 : 1995~2009年』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日本専門図書出版 2009.7 【M91-J3】)
    平成7(1995)年から平成21(2009)年までに発生した災害事例(日本の災害については死者・行方不明者数が100人以上、世界の災害については1,000人以上の規模のものを収録対象の目安としています。)を収録したフルカラーの資料です。地震災害、火山災害、津波災害、気象災害、土砂災害のそれぞれについて、まずその災害の概要や対策などについて述べ、次に、世界の災害事例を被害状況の写真を用いて解説しています。巻末には、日本と外国の主な自然災害年表があり、発生年月日、災害の種類、被災地域、死者・行方不明者数などが項目となっています。

 

3. 日本の地震・津波・火山に関する資料

  • 『日本活火山総覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (第4版 気象庁 2013.3 【YU9-L41】)
    日本にある110の活火山について掲載した、全3巻の資料です。第1巻が北海道・東北編、第2巻が関東・中部・伊豆・小笠原編、第3巻が中国・九州・沖縄・北方領土編となっています。火山名、標高、緯度・経度、噴火や火口の様子を撮影した写真、概要、最近1万年間の火山活動、有史以降の火山活動、地図、ハザードマップ情報、火山活動データ(噴火活動、火山付近の地震活動)などを掲載しています。また、各巻の巻頭に、「活火山分布図」、「カルデラ火山一覧」「主な火山災害年表」などがあります。付属のDVDには、本編の内容に加え、「活火山一覧表」及び「観測点一覧表」を収録しています。また、気象庁ホームページの「日本活火山総覧(第4版) Web掲載版」外部サイトへのリンク(http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/souran/menu_jma_hp.html)にて、本書の内容が閲覧できます。
  • 『日本被害地震総覧 : 599-2012』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (東京大学出版会 2013.9 【ME75-L20】)
    『日本被害地震総覧 : 最新版 : 「416」-2001』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京大学出版会 2003.4 【ME75-H32】)(目次)の改訂版です。推古7(599)年から平成24(2012)年までに日本で発生した約1,000件の被害地震について、発震年月日(西暦、和暦、時刻)、震央地名、震源の緯度・経度・規模・深さ、地震の名称、解説、参考文献、図表(震度分布図、被害状況など)を掲載しています。表裏の見返しには、被害地震の震央分布図があります。
  • 『日本の火山性地震・微動のデータベース』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (2004.3 火山地震データ編集グループ 【ME75-H57】)
    日本で記録された火山性地震や微動について書かれた論文や報告書を火山ごとに分類整理し、まとめた資料です。各地震または微動について、典拠文献(論文や報告書の書誌事項)、発生日時、震央、深さ、特徴的な周期・周波数、発生メカニズム、関連する火山活動を掲載しています。
  • 『日本被害津波総覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (渡辺偉夫著 第2版 東京大学出版会 1998.2 【ME75-G48】) (目次)
    津波について、「総論」と「各論」の二部構成で解説した資料です。「総論」では、津波に関する物理(発生メカニズム、津波研究の歴史など)、統計、防災について総合的に記述にしています。「各論」では、天武13(684)年から平成8(1996)年までに日本及びその周辺で発生した約200件の津波について、発震年月日(西暦、和暦、時刻)、波源(震央)地名、緯度・経度、深さ、地震マグニチュード、津波マグニチュード、地震名、解説、震度分布図などを掲載しています。巻末に索引があります。
    本書は『日本被害津波総覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東京大学出版会 1985.11 【ME75-90】)(国立国会図書館デジタルコレクション:館内限定公開)の改訂版ですが、改訂にあたり最新の研究成果を取り入れたため、内容が大幅に変更、又は削除された津波の情報が多くあります。

 

4. 世界の地震・津波・火山に関する資料

  • 『地震の事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (第2版 朝倉書店 2001.7 【ME2-G25】) (目次)
    地震発生のメカニズムとそれに伴う災害などの地震現象について、幅広く解説した資料です。巻末に付録として、外国の主な地震の表を掲載しており、16世紀以降の地震について、発生年月日、発生した国、死亡者数をまとめています。1901年以降については、震源の位置とマグニチュードも記述しています。この他、日本の主な地震の表及び索引があります。
  • 『世界の被害地震の表 : 古代から1989年まで』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (1990.5 【ME75-E15】)
    紀元前から1989年までに世界各地で発生した被害地震を発生年度順にまとめた表形式の資料です。各地震について、発生年月日時分、緯度・経度・深さ・マグニチュード、津波記録の有無、死者数・負傷者数、被害の程度などを掲載しています。
  • 『世界の火山百科図鑑』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (柊風舎 2008.6 【ME371-J5】)
    世界の100の活火山について解説した資料です。地域はヨーロッパ、アフリカ、アジア・オセアニア、南北アメリカに大別しています。各活火山について、よく起こる火山活動、解説(特徴や過去の噴火の記録)、噴火の仕組みを示した図、火口や噴煙を記録した写真、地図などを掲載しています。巻末には、火山学用語集、世界の火山観測所一覧、索引などがあります。
  • "Volcanoes of the world : a regional directory, gazetteer, and chronology of volcanism during the last 10,000 years"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Hutchinson Ross Pub. Co. c1981. 【ME2-66】)
    世界の火山についてまとめた資料です。最初に火山・噴火などに関する解説を行った後、「Directory of Volcanoes」(pp.31-108)にて、各火山について、名称、緯度、経度、標高、分類(形や大きさによる分類:pp.9-10に解説あり)、火山番号、噴火開始・停止年月日、噴火の特徴、溶岩量・火山灰の体積などを掲載しています。また、「Chronology of Eruptions」(pp.109-155)では、噴火開始年月日順に、噴火の期間、火山の名称、火山番号、溶岩量・火山灰の体積などを掲載しています。「Gazetteer」(pp.157-214)では、各火山を火山の名称順に掲載しています。そのほか、表見返しでは、火山の分類、性質、噴火特性や記号、略語を説明しています。裏見返しには、火山の位置を示した世界地図があります。

 

5. 災害全般に関する資料

  • 『環境・災害・事故の事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (丸善 2001.3 【M93-G44】) (目次)
    環境問題、宇宙開発関係事故、航空機事故、鉄道事故、船舶事故、産業災害、火災、地震・津波災害、火山噴火災害、風水害、寒波・雪害、熱波・干ばつの12分野を扱った資料です。年表、用語解説、参考文献、事例解説などを掲載しています。巻末に、50音順索引があります。
  • 『自然災害の事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (朝倉書店 2007.2 【M91-H6】) (目次)
    様々な自然災害の仕組みや特徴を解説した資料です。付録として、「日本の主な自然災害年表」(pp.641-655)及び「世界の主な自然災害年表」(pp.657-683)があり、1901年から2006年8月31日までに発生した気象災害、地震災害、火山災害、地すべり・崩壊災害、雪氷災害、風害に関する情報を掲載しています。巻末に索引があります。
  • 『近代世界の災害』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (国会資料編纂会 1996.1 【M91-G2】)
    地震災害、火山災害、津波災害、気象災害、土砂災害、環境災害、宇宙・地球規模災害、磁気嵐災害について解説した資料です。各災害について、発生の仕組み、歴史、防災対策などについてまとめた後、世界各地で発生した災害の事例について、簡単な解説を掲載しています。

 

6. インターネット情報源

  • 気象庁外部サイトへのリンク (http://www.jma.go.jp/)
    ホーム>各種データ・資料外部サイトへのリンク(http://www.jma.go.jp/jma/menu/menureport.html)にて、過去の災害に関する情報を提供しています。「過去の地震津波災害」外部サイトへのリンク(http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/higai/higai-1995.html)では、明治以降1995年までに、日本で100人以上の死者・行方不明者を出した地震津波災害をまとめています。「過去に発生した火山災害」外部サイトへのリンク(http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaisetsu/volcano_disaster.htm)では、18世紀以降、日本で10人以上の死者・行方不明者が出た火山活動をまとめています。
  • 防災専門図書館外部サイトへのリンク (全国市有物件災害共済会) (http://www.city-net.or.jp/library/)
    災害、防災、減災等に関する資料を所蔵する図書館であり、一般に公開しています。「防災専門図書館 蔵書検索」外部サイトへのリンク(http://www.libblabo.jp/bousai/home32.stm)にて、所蔵資料を探すことができます。

関連する「調べ方案内」

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡