トップ調べ方案内社会・労働・教育・スポーツ教育を調べる>日本の教育史の調べ方

日本の教育史の調べ方

明治時代以降の日本の教育史を調べるための資料には、以下のようなものがあります(【】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、版によって請求記号が異なります。資料ごとの所蔵を調べるには、NDL-OPACでタイトルを入力して検索してください)。

  • 『教育史年表 : 日本・世界』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(山文社 1991 【FB2-E26】)
    日本と海外の教育史を年表形式で並列して収録しており、BC500年頃~AD1990年頃を対象としています。参考資料として巻末に主要各国の学校体系図、児童・生徒の体格と体力の推移、学習指導要領・教育要領の変遷が掲載されています。
  • 『歴史の中の教育〈教育史年表〉』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(教育開発研究所 2003 【F2-H59】)
    日本と世界の教育史を年表に並列して収録しており、BC500~AD2003年を対象としています。一般事項、教育動向、海外、その年没年の教育関係人物、教育関連主要資料(教育関係の法律・制度の施行・改訂の掲載など)に分けて掲載されています。
  • 『日本近代教育年表』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(シースペース 2008 【FB14-J25】)
    慶応4(1868)年~昭和20(1945)年が収録対象です。年表のほか学校体系図(明治6、24、34、44年、昭和20年)が掲載されています。参考資料に「明治期 全国小学校数・就学児童数・就学率の推移」「明治期 幼稚園・盲聾唖学校・実業補習学校・各種学校等の数の推移」「大正・昭和期 全国諸学校数の推移」が掲載されています。
  • 『戦後教育年表』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(風間書房 2005 【F2-H85】)
    昭和20(1945)年~平成12(2000)年を対象としており、月日で掲載しています。巻末資料に戦前(1937年)と戦後の学校系統図があります。索引には、「事項検索」「調査、統計に関する項目検索」「雰囲気、傾向、心情に関する項目索引」「映像に関する項目索引」があります。
  • 『学校教育の戦後70年史』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(小学館 2016 【FB14-L129】)
    昭和20(1945)年~平成27(2015)年を対象として、日本における学校教育の歴史を編年体および重要テーマ別にまとめています。
  • 『日本教育史事典 : トピックス1868-2010 』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日外アソシエーツ 2011 【F2-J62】)
    明治元(1868)年~平成22(2010)年を対象とした年表形式の事典です。巻末に、分野別索引、人名索引、事項名索引が付されています。
  • 『資料日本現代教育史』(三省堂 1974 【FB14-90】)
    昭和20(1945)年~昭和48(1973)年について、教育関係の具体的な出来事、問題事項が掲載されています。新聞、広報、調査報告書などからの抜粋もあります。追補版には、昭和49(1974)年~昭和54(1979)年の主要資料が収録されています。
  • 『学校の中の事件と犯罪』(批評社)
    昭和20(1945)年~平成17(2005)年教育関係の事件・犯罪を具体的に解説した資料です。巻末に「戦後教育事件史年表」が掲載されています。
  • 『戦後日本教育史料集成』(三一書房 1982‐1984 【FB14-266】)
    13分冊で刊行されており、別巻には、昭和20(1945)年~昭和58(1983)年の年表、統計、補遺を収録しています。統計には、小・中・高・大学等の生徒数、教員数、学校数、入学者数、卒業者数、就学率、進学率、教育費、国際比較(在籍率、進学率、教育費)、少年犯罪関連などがあります。補遺には新聞、教育誌等からの教育関係記事・論文等が掲載されています。
  • 『図説近代百年の教育』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日本図書センター 2011 【FB14-J202】)
    明治5(1872)年から昭和41(1966)年の教育史が中心です。校舎や学生の服装、授業風景、教科書、教材、文房具、学校備品など、21枚のカラー写真と約1000枚のモノクロ写真を収録しています。また、近代以前の教育として、藩学校や私塾など近世の学校に関する解説もあります。なお、本書は1967年に国土社から発行された『図説近代百年の教育』全1巻を底本とし、復刻したものです。
  • 『写真図説日本学生の歴史』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(講談社 1970 【FD37-71】)
    明治元(1868)年~昭和45(1970)年頃の学生、学校の状況について、豊富な写真を使って解説した資料です。東京大学、東京専門学校(早稲田大学)、札幌農学校、学習院(学習院大学)、東京美術学校(東京芸術大)、高等師範学校、尋常師範学校、等の設立当時の写真や、当時を象徴する雑誌の表紙、本の広告、主な書籍の表紙新聞記事、朝日新聞に連載されていた『三太郎』の当時の挿絵、当時の生活、文化、時代背景、事件などの写真が掲載されています。
  • 写真の中の明治・大正(国立国会図書館ホームページ電子展示会)
    教育の項目内に、主な大学等の写真が収録されています。
  • 『教育学講座』(学習研究社 1980 【F5-17】)
    別巻に、昭和23(1948)年~昭和53(1978)年の30年間について図説・統計を収録しており、幼稚園、小、中、高、大学の学校数、在学者数、進学者数、卒業者の進路、教職員数などが掲載されています。「体格・体力・運動能力」の項目に年齢別の身長、体重、胸囲、座高の平均値、体力・運動能力テストの平均値を掲載しています。そのほか、職業別就職者数として、サービス業、販売、農林水産、運輸、保安、技能工、事務など10分類での数値があります。
  • 『新日本教育年記』(学校教育研究所 1966‐2006)
    昭和20(1945)年~平成16(2004)年の教育関係の総合年表です。年表は、「教育事項」、「社会・経済・政治・文化」、「海外の動向」に分けて月日で掲載しています。年表と資料編が約半々に分かれており、資料編には、年表では説明しきれない部分の詳しい説明や答申、法令報告書の概要などがあります。
  • 『旧制高等学校全書』(旧制高等学校資料保存会刊行部 1985 【FD4-E167】)
    各旧制高等学校についての詳細が記述されています。各校沿革、基本統計、教育方針、教科書、寮生活(寄宿寮規則、献立表等)、寮歌、運動競技(インターハイ・野球の記録等)、文化活動などを調べることができ、別巻には、総目次、文献目録、年表を収録しています。
  • 『学校名変遷総覧 : 大学・高校編』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日外アソシエーツ 2006  【F2-H149】)
    大学、短期大学、高等専門学校、高等学校6,481校の校名変遷を追った資料です。学校設立後、校名に変遷がない学校も収録しています。都道府県ごとに学校を収録し、校名データ、変遷データを掲載しています。巻末には、学校種別一覧、学校法人別一覧、校名索引がついています。
  • 「地方教育通史2008年版」(国立教育政策研究所 研究成果アーカイブ)
    地方自治体・地域ごとの教育通史(特定分野の通史を含む)の刊行状況を調査して都道府県別に配列した資料です。研究成果アーカイブのデータベース検索外部サイトへのリンクより閲覧することができます。

関連する「調べ方案内」へのリンク

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡