「リサーチ・ナビ」に関するアンケートを実施しています。 皆さまのご意見をお聞かせください。アンケートに答える

トップ調べ方案内科学技術・医学技術・工学エネルギー工学>原子力について調べる

原子力について調べる

原子力について調べるための資料には、以下のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。(目次)は当館作成目次データベースへのリンクです。

目次

1. 原子力全般について調べる
2. 原子力発電所について調べる
3. アイソトープ・放射線について調べる
4. インターネット情報源

 

1. 原子力全般について調べる

  • 『原子力問題図書・雑誌記事全情報. 2000-2011』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日外アソシエーツ 2011.10 【NG1-J3】)
    原子力・核問題に関する図書及び雑誌の書誌情報を収録した資料です。2000年から2011年の間に日本国内で発行された約3,000点の図書と約140誌の一般誌・専門雑誌に掲載された約10,000点の記事を対象としており、主題に応じて、「原子力問題一般」、「原子力政策」、「平和利用とその問題」、「福島第一原発事故」、「軍事利用」、「放射能汚染・放射線障害」、「原子力と文学」に大別されています。巻末に、事項名索引、著者名索引、原子力関連年表があります。この他、収録対象年が1985年から1999年までである、『原子力問題図書・雑誌記事全情報1985-1999』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日外アソシエーツ 2000.4 【NG1-G2】) (目次)もあります。
  • 『原子力・量子・核融合事典 = Encyclopedia of nuclear engineering, quantum beam science & nuclear fusion science』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (丸善出版 2014.12 【YU7-L1251】)
    原子力、量子ビーム、核融合に関する事項をまとめた全6巻の資料です。第1分冊では原子核物理学や核融合プラズマ物理学などを、第2分冊では原子力発電所の設計建設や運転管理などを、第3分冊では核燃料サイクル技術や放射性廃棄物の処理などを、第4分冊では放射線診断・治療などを扱っています。また、第5分冊は東日本大震災における福島第一原子力発電所の事故を扱っており、事故の状況、安全性の問題点と課題、放射線被ばく、放射性廃棄物の処理や環境修復などについて、詳しくまとめています。第6分冊には総目次、総索引、分冊索引を掲載しています。
  • 『原子力ハンドブック』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (オーム社 2007.11 【NG2-J1】)
    原子力発電を中心に解説した資料です。高速増殖炉や高温ガス炉などの概要(原子炉の概念図や燃料設計)や研究開発動向を取り上げている他、原子炉施設や放射性廃棄物処理における安全確保や放射線防護方法についても解説しています。付録として巻末に、「アイソトープ表」(項目は核種、半減期、壊変形式、製法)、「同位体存在比と中性子吸収断面積」、「原子力略号」、「原子力年表」(範囲は1895年から2007年まで)などを掲載しており、50音順索引もあります。
  • 『原子力辞典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日刊工業新聞社 1995.8 【NG2-G1】)
    原子力に関連する用語を50音順に排列し、解説した資料です。高温ガス炉の構造図(モジュール型高温ガス炉)(p.152)など、図を用いて解説した項目もあります。「欧文略語一覧」(pp.519-581)では、原子力関連の略語(記号、単位を含む)の正式名称、日本語名称などを掲載しています。付録として、「炉型別原子力発電設備容量」や「原子力安全規制」など、10点の図表を掲載しています。巻末に、英仏独語索引、ギリシア語索引、ロシア語索引があります。
  • 『動力炉燃料・材料ガイドブック』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日本原子力産業会議 1998.12 【NG71-G70】) (目次)
    動力炉(動力用原子炉)に用いられる燃料と材料に関する資料です。主に軽水炉(沸騰水型炉(BWR: Boiling Water Reactor)及び加圧水型炉(PWR: Pressurized Water Reactor))について、構造材料の損傷対策や燃料の製造・品質管理などを、図表を用いて解説しています。この他、高速増殖炉(FBR: Fast Breeder Reactor)、高温ガス炉、核融合炉に用いられる燃料と材料についても簡単にまとめています。
  • "Handbook of nuclear engineering"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Springer 2010 【NG31-B36】)
    原子力工学に関する全5巻の資料です。「Vol.1 Nuclear engineering fundamentals」、「Vol.2 Reactor design」、「Vol.3 Reactor analysis」、「Vol.4 Reactors of generations III and IV」、「Vol.5 Fuel cycles, decommissioning, waste disposal and safeguards」から構成されています。原子力工学に関する幅広い分野を扱っており、例えば、Vol.2の「11 Radiation Shielding and Radiological Protection」(pp.1313-1448)では、放射線と健康の関係を扱っており、防護素材(コンクリート、金属など)の効果や体に悪影響を及ぼす放射線量(The 1987 NCRP Exposure Limits)などについて解説しています。各巻頭に総目次が、Vol.5の巻末にアルファベット順の総索引があります。

 

2. 原子力発電所について調べる

  • 『原子力施設運転管理年報』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (原子力安全基盤機構企画部 年刊(平成25年版をもって廃刊) 【Z43-47】)
    原子力発電所(実用発電用原子炉施設、研究開発段階発電用原子炉施設)、加工施設、再処理施設、廃棄施設の一覧、運転状況、検査状況、事故・故障、放射性廃棄物管理の状況などのデータをまとめた資料です。原子力規制委員会のページ外部サイトへのリンク(https://www.nsr.go.jp/)のホーム>組織について>旧組織等の情報>旧独立行政法人原子力安全基盤機構関連情報>広報誌・年報>原子力施設運転管理年報外部サイトへのリンク(https://www.nsr.go.jp/archive/jnes/kouhou/unkan/index.html)のページでは、本資料の平成16年版から平成25年版までが閲覧できます。
  • "Nuclear Power Plants Worldwide"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Gale Research 3年1回刊 【Z63-C399】)
    世界の原子力発電所に関するデータ集です。当館では1993年版を所蔵しており、世界39ヵ国、約740基の原子力発電所の情報を掲載しています。国別に原子力発電所の概要や歴史などをまとめた後、発電所別に名称、所在地、設置者、原子炉の種類、発電量、発注年、建設開始年、初臨界年、営業運転開始年、関連情報、参考文献などを掲載しています。巻頭に、原子力発電所の所在地を図示した地図を掲載しています。また、巻末には、事故の種類別発電所一覧とアルファベット順の索引があります。
  • "Directory of nuclear power plants in the world, 1994"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (初版 Japan Nuclear Energy Information Center Co., Ltd. 1994 【DL211-A34】) (目次)
    1994年の時点で世界に存在していた原子力発電所に関するデータ集です。世界39か国、約620基の原子力発電所の情報を収録しています。各発電所について、一般情報(所在地、電力会社、営業運転開始年月など)、原子炉の情報(炉心寸法、燃料装荷量、燃焼度など)、プラントの情報(圧力容器、減速材、タービンなど)、写真などをまとめています。その他、一部の発電所の鳥瞰図、平面図、断面図などの付録があります。巻末には、国別の発電所一覧、発電所名索引、技術項目名索引、旧ソ連の核燃料サイクルプラントの関連項目名索引があります。

 

3. アイソトープ・放射線について調べる

  • 『アイソトープ便覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (改訂3版 丸善 1984.12 【NG2-14】) (目次)
    アイソトープ(同位体・同位元素)に関する基礎知識(物理的性質や製造方法)、放射性物質の取扱方法(測定や遮蔽、運搬方法)、原子力発電や工業、医療等の分野における利用方法などについて網羅的に解説した資料です。巻末には付録として、「おもなアイソトープの表」(項目は核種、半減期、同位元素質量等)などの図表を掲載しており、索引もあります。
  • 『アイソトープ手帳』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (11版 机上版 日本アイソトープ協会 2011.5 【MC251-J17】)
    アイソトープ(同位体・同位元素)及び放射線に関するデータ集です。例えば、「おもな放射性同位元素の表」(pp.20-100)では、放射性同位元素について、核種、半減期、壊変形式、主な生成反応などをまとめています。また、「自然放射線源による被ばくの全世界平均」(p.177)では、宇宙線や外部大地放射線などによる年実効線量平均値をまとめています。この他、放射性同位体・放射線に関する日本工業規格(JIS規格)番号の一覧や関係機関の一覧なども掲載しています。なお、本書の一部に誤りがあります。日本アイソトープ協会外部サイトへのリンク(http://www.jrias.or.jp/)が発表した正誤表[PDF:104KB]外部サイトへのリンク(http://www.jrias.or.jp/books/pdf/20111216-112319.pdf)をご確認ください。
  • 『原子力関係者のための放射線の健康影響用語集』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (日本原子力学会 1992.6 【NG2-E2】) (目次)
    放射線の健康への影響とその防護に関する用語を解説した全13章からなる資料です。1-11章では原子力関連の用語の定義や根拠となるデータなどをまとめています。また、12章では、ICRP(International Commission on Radiological Protection:国際放射線防護委員会)勧告、BEIR(Committee on the Biological Effects of Ionizing Radiation:電離放射線の生物影響に関する委員会)報告、UNSCEAR( United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation:原子放射線の影響に関する国連科学委員会)報告について解説しています。13章では、チェルノブイリ原子力発電所事故等、原子力に関する事故事例について、被曝線量や健康への影響などを解説しています。巻頭に収録用語一覧が、巻末には、付録として「A. 原子力/放射線関連略語」、「B. 報告書発行機関略号」、「C. 放射線関連単位換算表」があります。

 

4. インターネット情報源

  • ニューシア 原子力施設情報公開ライブラリー外部サイトへのリンク (原子力安全推進協会) (http://www.nucia.jp/)
    主に国内の原子力発電所や原子燃料サイクル施設の運転に関する情報を提供しているデータベースです。「トラブル情報等」外部サイトへのリンク(http://www.nucia.jp/nucia/kn/KnTop.do)では、原子炉の停止や基準を超える放射性物質の漏れ、機器・配管の小さなひび割れといった、発電所などで生じたトラブルの詳細な情報をまとめています。
  • INIS database外部サイトへのリンク (International Atomic Energy Agency) (http://inis.iaea.org/search/)
    IAEA(International Atomic Energy Agency:国際原子力機関)が提供する、原子力関連文献の書誌情報を検索できるデータベースです。標題、抄録、著者名、キーワード、特許番号、言語、発行年、掲載誌のISSNなどを調べることができます。一部の文献については全文へのリンクがあります。
  • Reactor Database外部サイトへのリンク (World Nuclear Association) (http://world-nuclear.org/information-library/facts-and-figures/reactor-database.aspx)
    World Nuclear Association(世界原子力協会)が提供する、原子力発電所に関するデータベースです。世界各国の原子力発電所について、原子炉の種類、事業者、運転開始日、過去の供給電気量などの情報をまとめています。設置場所、現在の状態(稼働中であるか、建設中であるか)、原子炉のタイプなどの条件を選択して検索することができます。

 

関連する「調べ方案内」

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡