トップ調べ方案内科学技術・医学医学・薬学・心理学心理学>心理学について調べる

心理学について調べる

心理学について調べるための資料には、以下のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。(目次)は当館作成目次データベースへのリンクです。

 

目次

1. 参考図書・データ集
2. 臨床心理学・カウンセリング
3. 心理学関連の論文集
4. 文献情報データベース

 

1. 参考図書・データ集

  • 『APA心理学大辞典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(培風館 2013.9 【SB2-L4】)
    心理学についての用語・人名を解説した辞典です。米国心理学会(American Psychological Association : APA)が発行した"APA Dictionary of Psychology"の日本語翻訳版です。原著の項目の一部を割愛し、約20,000項目を掲載しています。配列は50音順です。巻末に事項索引(アルファベット順)、人名索引があります。
  • 『精神分析事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (岩崎学術出版社 2002.3 【SB2-G24】)
    精神分析学に関する事項・人名を解説した事典です。人名や日本独自の概念・用語を含めた約1,100項目について、見出し語、対応する外国語(英独仏)、説明、人名の場合は生没年を記載しています。巻頭に収録項目一覧が、巻末に参考文献一覧、フロイト著作年表、索引(人名索引(アルファベット順)、和文索引、欧文索引)があります。
  • 『新編感覚・知覚心理学ハンドブック』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (誠信書房 1994.1 【SB2-E18】) (目次)
  • 『新編感覚・知覚心理学ハンドブック. pt.2』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (誠信書房 2007.9 【SB2-H16】) (目次)
    認知心理学を中心にヒトの感覚・知覚について解説した資料です。第1部が総論、第2部以降が感覚別各論(視覚、聴覚等)となっており、各感覚・知覚の測定方法やその尺度構成、測定値の計算、各刺激の効果、身体的反応とメカニズム、日本人の嗜好、文献紹介などを記載しています。巻末には、人名索引、和文事項索引、欧文事項索引があります。

シリーズ「心理測定尺度集」

  • 『ストレス科学事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (実務教育出版 2011.6 【SC2-J149】)
    ストレスに関連する用語・人名など約1,500項目を50音順に掲載しています。付録として、昭和54(1979)年から平成20(2008)年までに刊行・作成されたストレスを測定する検査を、多面的尺度、ストレッサー尺度、認知的評価尺度、コーピング尺度、ストレス反応尺度の5つに分類し、掲載しています。各尺度の項目は、尺度名、対象者、項目数、出典です。巻末には、和文索引と欧文索引があります。
  • "The Corsini encyclopedia of psychology"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (4th ed. John Wiley c2010 【SB2-B16】)
    人間の発達・知覚・感情、社会心理学(人格形成、人間関係、言語)、精神疾患、心理療法、心理学的評価方法、人間の行動と社会的・環境的影響などを扱っている全4巻の資料です。各項目はアルファベット順に並んでいます。各巻の冒頭には全巻分の項目リストがあり、第4巻には心理学に貢献した研究者など543人の略歴、全巻分の著者名索引、項目索引があります。
  • "International dictionary of psychoanalysis = Dictionnaire international de la psychanalyse"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Macmillan Reference USA c2005 【SB2-B7】)
    精神分析学の分析理論や方法論、学派、概念や人名などについて約1,600の項目の解説を収載した全3巻の資料です。各項目はアルファベット順に並んでいます。第1巻には、1815年から2004年までの精神分析学に関連する出来事を年表として収録しています。第3巻の巻末には、この資料内で引用されたフロイトの文献一覧、全体の引用文献一覧、この資料に掲載されている概念をフランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語の5か国語に訳した訳語リスト、総索引があります。
  • "Encyclopedia of human behavior"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Academic Press c1994 【SB2-A12】) (目次)
    人間の行動について解説した全4巻の資料です。人間の機能(記憶、感情など)、人間の発達(言語、歩行など)、人間の社会的行動、精神的な疾病などを記述しています。各項目はアルファベット順に並んでおり、項目の冒頭にその項目の概要と専門用語の定義集(その項目内限定)を記載しています。第1巻の冒頭に全巻分の目次があり、第4巻の巻末には総索引があります。

 

2. 臨床心理学・カウンセリング

  • 『カウンセリング大事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (新曜社 2004.7 【SB2-H6】)
    カウンセリングの基本用語および臨床心理学や社会学などの用語、約560項目を50音順に収載している事典です。付録として「カウンセラーに必要な本のリスト」および「カウンセラーに必要な住所録」(関連団体・機関の連絡先を記載)があります。巻末には、事項索引、欧文略記号一覧、人名索引(50音順、原綴一覧)があります。
  • 『心のケアのためのカウンセリング大事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (培風館 2005.9 【SB2-H10】) (目次)
    主要なカウンセリング・心理療法について、理論および技法を実際の事例や図表、統計や調査資料などを用いながら解説している事典です。付録として「レポート・報告書の書き方」、「臨床心理士・産業カウンセラー倫理綱領」、「関連協会・学会・団体一覧」があります。巻末には、事項索引、欧語索引、人名索引があります。
  • 『心理臨床大事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (改訂版 培風館 2004.4 【SB2-H5】) (目次)
    心理臨床に関する概念を約590項目、心理臨床家80名について解説した資料です。項目の末尾には、参考書や引用文献を挙げており、場合によっては簡単な解説を付してあります。付録として、おもな心理臨床家80名の経歴(pp.1370-1415)、日本の心理臨床関連協会・学会・団体一覧(pp.1416-1421)、臨床心理士関係例規(pp.1422-1424)を収載しています。巻末には、50音順の事項索引、アルファベット順の欧語索引、50音順人名索引があります。

 

3. 心理学関連の論文集

  • "The handbook of stress science : biology, psychology, and health"国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (Springer Pub 2011 【SC291-B11】)
    ストレスが人間の健康に与える影響とその仕組み、人間の行動とストレス・疾病との関係に関する研究についてまとめた資料です。ストレスの測定、調査・研究方法についての技術も収載しています。巻末に人名索引、件名索引があります。

 

4. 文献情報データベース

  • ProQuest PsycINFO外部サイトへのリンク (当館契約データベース:館内限定)
    アメリカ心理学会(American Psychological Association:APA)が提供する、心理学およびその関連分野の抄録・索引データベースです。1806年以降の国際的な心理学文献の抄録および書誌・引用情報を収録しています。
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡