トップ調べ方案内科学技術・医学医学・薬学・心理学医学>関西でしらべる:医療情報の調べ方

関西でしらべる:医療情報の調べ方

関西でしらべるでは、おもに関西地域における、資料の利用方法や所蔵機関、調べ方を提供しています。

おもに関西圏の医療情報の調べ方について、関西館の総合閲覧室に開架している資料やインターネット情報を中心にご紹介します。
【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、巻によって請求記号が異なります。NDL-OPACでお調べください。

目次

1. 関西館の所蔵状況
1-1. 病気全般について調べる
1-2. 病院・医師について調べる
2.当館契約データベース及び、インターネット情報
2-1. 医療文献を探す
2-2. 病院や医師会を探す
2-3. 海外の医療情報を調べる
3.主に関西圏の他機関所蔵状況
3-1. 医学系大学図書館
3-2. 他の公共図書館

 

1.関西館の所蔵状況

1-1. 病気全般について調べる

病気全般について調べたい場合は、主に関西館総合閲覧室に開架している、以下の資料から探すことができます。

  • 『新家庭の医学』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(時事通信出版局 2005 【Y75-H3042】)
    急な病気やケガをしたときの対処方法、病気の症状、診断、治療法、妊娠・出産・育児に関する知識など、家庭で役立つ医学に関する情報が記載されています。病気とその治療法を病名や部位、症状から調べることができます。
  • 『メルクマニュアル医学百科:最新家庭版』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日経BP社 2004 【Y75-H1919】)
    家庭向けの総合参考書です。病気の症状、治療法、検査の受け方、病気やけがの応急処置などについて広く扱っています。
    オンライン版をメルクマニュアル医学百科家庭版日本語版オンライン外部サイトへのリンク(MSD株式会社)から閲覧できます。オンライン版には、本書発行後に新たに明らかとなった情報も反映されています。
  • 『メルクマニュアル』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日経BP社 2006 【SC2-H170】)(※医療関係者向け)
    メルクマニュアル医学百科の元になった、医療関係者向けの総合参考書です。オンライン版外部サイトへのリンクが公開されています。
  • 『病気と症状がわかる事典 : 最新の医学知識と健康生活のポイント満載! : 病名から引ける!症状から引ける!』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日本文芸社 2009 【Y75-J2179】)
    病気の症状、原因、治療法について簡単にまとめられています。病院選びなどの参考として、自分の症状について簡単に調べたいときに有用です。pp.111-216には、症状から疑われる病気の名前を調べることのできるチャートが掲載されています。症状は身体の部位別に分類されており、「頭部の異常」→「頭痛」→「発熱がある」のような形で、自己診断を進めることができます。巻末の「さくいん」で病名から調べたり、巻頭の目次で部位別に調べたりすることができます。
  • 『家庭医学大全科 : BIG DOCTOR』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(法研 2010 【Y75-J3524】)
    「症状からみた病気」(pp.113-200)では、頭痛や胸痛などの症状別に疑われる病気について、チャート図を用いて解説しています。チャート図末尾の疑われる病名の下にはページ番号が書かれており、そのままその病気の病態、診断、治療法を調べることができます。
  • シリーズ『インフォームドコンセントのための図説シリーズ』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(医薬ジャーナル社)
    医師が患者に対して、病気や治療の説明をする際の資料として制作されたものです。図表や写真が多用され、分かりやすく説明されています。
  • シリーズ『病気がみえる』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(メディックメディア)(※医療関係者向け)
    医師、看護師、薬剤師など、医療の現場で働く人たちが共通して使えるように編集されたフルカラーの資料です。イラスト、表、写真などを豊富に用いて、病態、症状、検査法、治療法などを解説しています。各巻末に、和文索引と数字・欧文索引があります。
    「第1巻 消化器」、「第2巻 循環器」、「第3巻 糖尿病・代謝・内分泌」、「第4巻 呼吸器」、「第5巻 血液」、「第6巻 免疫・膠原病・感染症」、「第7巻 脳・神経」、「第8巻 腎・泌尿器」、「第9巻 婦人科・乳腺外科」、「第10巻 産科」
  • シリーズ『ビジュアルブック』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(学研メディカル秀潤社)(※医療関係者向け)
    医療の現場で働く様々な職種の人々を対象に、共通して必要な事項を解説したフルカラーの資料です。各病気はSummary Mapを掲載し、誘因・原因、病態、病状・臨床所見、検査・診断・分類、治療、予後について解説しています。各巻末に、主題索引があります。
  • 『最新医学大辞典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(医歯薬出版 2005 【SC2-H104】)(※医療関係者向け)
  • 『南山堂医学大辞典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(南山堂 2015 【SC2-L72】)(※医療関係者向け)
    代表的な医学辞典です。
  • 『看護に役立つ疾患・症候事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(メヂカルフレンド社 2008 【SC2-J9】)(※医療関係者向け)
    看護師向けに、病気・症候の病状や看護のポイントなどを編集した資料です。

1-2. 病院・医師について調べる

関西の病院や医師に関する情報について調べたい場合は、関西館総合閲覧室に開架している、以下の資料から探すことができます(一部、関西館書庫資料を含みます)。

病院について
  • 『近畿病院情報』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(医事日報)
    病院所在地、電話番号、診療科目、病床数、院長名などが記載されています。年刊です。
    その他の地方についてもご覧いただけます。『北海道・東北病院情報』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク『関東病院情報』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク『中部病院情報』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク『中国・四国病院情報』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク『九州・沖縄病院情報』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク
  • 『医者がすすめる専門病院 兵庫・京都・滋賀』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(ライフ企画)
  • 『医者がすすめる専門病院 大阪・奈良・和歌山』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(ライフ企画)
    都道府県別、科目別に病院の紹介があり、各病院の所在地、スタッフ、特色、症例数・治療・成績、医療設備、外来診療が記載されています。またカルテを開示しているか、他の病院での診断結果についての意見を求めるセカンドオピニオンに応じているか、自分の病院の診断についてセカンドオピニオン用のデータを貸し出してくれるか、ジェネリック薬の処方をしてくれるか、についての記載もあります。
  • 『手術数でわかるいい病院』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(朝日新聞出版)
    「手術数」の多い病院をランキング化した資料です。脳動脈瘤開頭術、脳血管内治療、心臓手術、乳がん手術などの疾患別に手術・治療数が多い順で紹介しています。「近畿」、「中部」などの地方別ランキングもあり、各術式でランキング上位の病院を紹介しています。
  • 『病院の実力. 総合編』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(読売新聞東京本社)
    全国の医療機関に対して行ったアンケートの回答結果に基づき、病院のデータを掲載している資料です。読売新聞朝刊で毎月掲載している「病院の実力」を基にしたもので、患者数の多い病気などが取り上げられています。
  • 『ドクターマップシリーズ』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(三星出版)※関西館書庫資料
    地図上に病院のある場所が示されています。また、地域別に病院名、科目、住所、地図頁の一覧が掲載されています。地域別に刊行されています。
  • 全国助産院マップ. 2009年版国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』(日本助産師会 2010 【E2-J133】)※関西館書庫資料
    都道府県別に助産院(所)名、代表助産師名、住所、電話番号の一覧が掲載されています。また、入院分娩、出張分娩、母乳育児相談、自主サークルの有無についても記載があります。
医師について
  • 『醫籍総覧 西日本版』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(醫事公論社 2005 【SC8-H87】)
    都道府県別の病院と開業医(五十音順)のリストです。病院については住所等と院長、副院長、医員を掲載しています。医師個人のデータとしては、氏名、科目、院名または勤務先、住所、電話番号、出身県、生年月日、学歴、登録番号、略歴、学位、主論文、恩師、資格、公職、趣味、家庭等を掲載しています。
    なお、醫籍総覧は西日本版が2005年、東日本版が2004年のものが最新で、以降刊行されていません。
    東日本版は、『醫籍総覧 東日本版』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(醫事公論社 2004 【SC8-H66】)
  • 『医育機関名簿』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(羊土社)
    全国の国公私立大学の医学部,医科大学,附属研究施設等の教授・准教授・講師1万8千余名に関して,異動の最新情報や研究領域を掲載しています。年刊です。
  • 『医学研究者名簿. 2004-2005』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(医学書院 2004 【SC8-H64】)※関西館書庫資料
    2004‐2005が最新版。大学医学部・医科大学、歯科大学と主な医学生物学系研究施設に所属する研究者を収録した医学研究者名簿。約28000名分を収録しています。

 

2. 当館契約データベース及び、インターネット情報

2-1. 医療文献を探す

  • 医中誌Web外部サイトへのリンク(当館契約データベース:館内限定)
    医学中央雑誌刊行会が提供する、医学、歯学、薬学、看護学、獣医学およびその関連分野の雑誌6,000誌以上に収載されている論文の書誌情報を検索することができるデータベースです。医中誌ユーザ向け情報外部サイトへのリンクには、索引情報(キーワード)、シソーラス用語等の検索支援情報もあるほか、「診療ガイドライン」外部サイトへのリンク(東邦大学医学メディアセンター/医学中央雑誌刊行会)のページには、1999年以降に雑誌に収録された日本の「診療ガイドライン」を疾患別に分類し、書誌事項を掲載したものもあります。
    1976年以前の論文は、『醫學中央雜誌』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(医学中央雑誌刊行会 1903-2002 【Z19-510】)で探すことができます。同誌は国立国会図書館デジタルコレクションで、創刊号から3275号(1983.3.22)まで閲覧できます。
  • ProQuest Biological Sciences外部サイトへのリンク(当館契約データベース:館内限定)
    臨床医学、バイオテクノロジー、動物学、農学、獣医学等に関する、雑誌記事、会議録、特許などの抄録と引用文献を検索できます。MEDLINE (米国国立医学図書館による生命科学に関する参考文献)、TOXLINE(毒物に関する文献に含まれる、化学物質、製薬、殺虫剤、環境汚染物質、突然変異 誘発要因、催奇形物質等の情報の書誌引用情報および抄録)も横断的に検索することができます。
  • ProQuest Health & Medical Collection外部サイトへのリンク(当館契約データベース:館内限定)
    臨床医学、生物医学を中心とした雑誌記事を検索することができます。生理学、生化学、解剖学のほか、疾患、診療科ごとの記事を対象としています。図形および表(グラフ、顕微鏡写真、微生物写真など)を含む記事のみに限定して検索することもできます。
  • PubMed外部サイトへのリンク(NCBI)(http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/)
    米国国立医学図書館の国立バイオテクノロジー情報センター(NCBI)が提供する、MEDLINEを含む医学関連分野のデータベースです。医学用語、著者、雑誌名等のキーワードから、文献の書誌情報(タイトル、著者名、雑誌名、抄録等)を調べることができます。記事の全文を閲覧できる文献もあります(Pubmed Central等のフリージャーナルへのリンクが付されています)。MEDLINEでは、医学用語を統一して使えるようにするため、 MeSH(Medical Subject Headings)を使用しています(例:cancer, neoplasm, tumor は、neoplasmに統一)。思いつく言葉からMeSHを選んで検索したり(MeSH Database)、文献数を見ながらMeSHを選んで検索する(Advanced Search のSearch Builder)こともできます。参考資料に『図解PubMedの使い方』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日本医学図書館協会 2013 【M111-L14】)があります。
  • 学会会議録検索外部サイトへのリンク(国際医学情報センター)(http://www3.imic.or.jp/Scripts/gakkai/ImicInet.dll?OnSearch?iBtnNo=2&hdnSearchData=)
    (財)国際医学情報センターが提供するデータベースで、学術大会(医学、薬学、歯学、看護学およびその関連分野)で配布された抄録集や医学雑誌に掲載された抄録の所在情報を会議名、開催年月、開催地等から検索することができます。
  • UMIN医療・生物学系電子図書館(ELBIS)外部サイトへのリンク(大学病院医療情報ネットワーク)(http://www.umin.ac.jp/elbis/)
    大学病院医療情報ネットワーク(UMIN)が提供するデータベースです。医学・生物系学会主催の学術集会における発表の抄録を収録しています。一部抄録等については会員のみ閲覧可能(検索は非会員も可能)となっています。
  • 医学・薬学予稿集全文データベース検索外部サイトへのリンク(大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンター)(http://togodb.dbcls.jp/yokou)
    医学・薬学系の学会の大会年会予稿集の書誌データと要旨本文のPDF画像を検索・閲覧することができます。

2-2. 病院や医師会を探す

  • サービス提供機関の情報(医療機能情報)外部サイトへのリンク(WAM NET)(http://www.wam.go.jp/content/wamnet/pcpub/iryo/service/)
    福祉医療機構が運営する、福祉・保健・医療の総合情報サイトWAM NET内にあり、所在地、診療科目などの基本情報や、検査・治療、手術などの施設の特色から病院・診療所を検索することができます。サービス提供機関の情報(救急・夜間診療情報)外部サイトへのリンクは、救急医療情報や休日・夜間情報を掲載するサイトのリンク集となっています。
  • 病院検索JAPAN外部サイトへのリンク(病院検索JAPAN)(http://www.zero-dr.jp/)
    全国の病院・診療所・歯科医院の検索サイトです。都道府県、市区町村、診療科目の順に病院を絞り込むことができ、住所、連絡先を知ることができます。地図も表示されます。
  • 各地の医師会外部サイトへのリンク(日本医師会)(http://www.med.or.jp/link/search.html)
    日本医師会(47都道府県医師会の会員をもって組織する学術専門団体)のHP内のページです。都道府県医師会、郡市区医師会を検索することができるリンク集です。
  • リンク集外部サイトへのリンク(日本歯科医師会)(http://www.jda.or.jp/links/)
    都道府県歯科医師会を会員とする団体のHP内のページです。都道府県歯科医師会や関連団体といった種類ごとにリンクが掲載されており、住所、電話番号も記載されています。また、全国の歯医者さん検索外部サイトへのリンクで都道府県、市・区・郡や診療科目から検索を行うことができ、住所、電話番号などを知ることができます。

2-3. 海外の医療情報を調べる

  • 世界の医療事情外部サイトへのリンク(外務省)(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/index.html)
    在外公館(大使館・総領事館)に在勤する医務官が自ら体験し、確認した現地の医療事情を掲載した外務省のサイトです。
  • 海外医療情報外部サイトへのリンク(海外邦人医療基金)(http://www.jomf.or.jp/jyouhou/index.html)
    海外赴任する人のための医療情報です。世界の医療機関・病院の紹介や各国の医療情報などが掲載されています。

 

3. 主に関西圏の他機関所蔵状況

3-1. 医学系大学図書館

学外者の利用が可能な関西圏の医学系大学図書館を以下に挙げます。利用に際して、身分証明書の提示などが求められる場合もありますので、詳しくは各図書館にお問い合わせください。

3-2. 他の公共図書館

医療情報に関する調べ方を紹介している、関西圏の他の公共図書館を以下に挙げます。有料契約データベースの利用などに関しては、必ず各機関に確認してください。

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡