トップ調べ方案内芸術・言語・文学美術>美術品の売立目録

美術品の売立目録

 ( )内は当館請求記号です。版により請求記号の異なる資料は、最新版のみ記載しています。
各専門室等で開架している資料は、請求記号に続けて以下の略号で室名を付しています。
人文:東京本館人文総合情報室
関西:関西館総合閲覧室

 

売立目録とは

  特定個人や名家の所蔵品などを決まった期日中に売る売立会(うりたてかい;競りや入札が多い)のため、事前に配布される冊子目録のことを、売立目録と言い ます。売立目録は、入札目録、売立入札目録とも言われ、主に書画骨董など美術作品の図版、品目名、形態等の記載がありますが、入札額、落札額は記載されて いません。一般に流通する出版物ではないため、書誌事項(書名、出版年など)を記録するための情報源(奥付やタイトルなど)を欠いている場合が多くありま す。

 

売立の開催情報を調べる

 売立目録を参照すると、売立会の開催年月日や会場、出品された作品や作者など、売立の内容が分かり、美術作品について調べる際に使うこともできます。
 売立目録などをもとに売立会の情報をまとめた資料には、以下のものがあります。

  • 『美術商の百年 : 東京美術倶楽部百年史』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク 東京美術倶楽部百年史編纂委員会編 東京美術倶楽部 2006.2 (K251-H31) 人文、関西
    「記録篇」に、1903(明治36)年から1943(昭和18)年までの東京、大阪、京都、名古屋、金沢の各美術倶楽部(美術商の協同組合)の売立会、および 1951(昭和26)年以降の主要な売立会の情報を掲載しています。また、売立に出品された主要な作品については、作者、作品名、落札価格、主催者が掲載 されており、作者名索引、作品名索引、入札売立名称索引から検索できます。作品名の後に【図】とある約2,500点については、モノクロ図版(小)を掲載 しています。
  •  『東京美術市場史』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク 東美研究所編  東京美術倶楽部 1979.12 (K251-32)
    「入札記録」に、1911(明治44)年から1977(昭和52)年までに東京美術倶楽部で行われた約850の売立会に出品された作品のうち、基準価格以上の落札値であった約2万件の作品が、売立会の情報とともに開催年月日順に収録されています。また、一部の作品については、図版を掲載しています。作者別、品目別、高値作品、入札会名索引があります。
  • 『売立目録の書誌と全国所在一覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク 都守淳夫 編著 勉誠出版 2001.11 (K1-G13) 人文、関西
    第2章「全国売立目録の書誌情報」に、売立会の開催年月日順に、入札会名、入札年月日、会場名、主催者(札元)名、図版の有無などを記載しています。

 

売立目録の所蔵調査

 売立目録の所蔵機関を調べる資料・データベースには、以下のようなものがあります。

複数の機関の所蔵を調べる

  • 『美術商の百年 : 東京美術倶楽部百年史』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (上述)
    「記録篇」に、1903(明治36)年から1943(昭和18)年までの東京、大阪、京都、名古屋、金沢の各美術倶楽部の売立会の情報と売立目録の主な所蔵機関を記載しています。
  • 『売立目録の書誌と全国所在一覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク (上述)
    第1章「全国売立目録の分類目次」は3節に分けられ、誰の(「実家名」、「某家名」)、または何についての(「物件名や展観名」)売立かという観点から、売立目録の存在を確認できます。また、第3章「全国売立目録の所在情報」第2節では、売立目録が開催年月日(配列番号)順に排列されており、その所蔵機関が分かります。
  • 美術図書館横断検索 (ALC)
    http://alc.opac.jp/外部サイトへのリンク
    国公立の主要な9つの美術館・博物館の図書室の蔵書とCiNii Books(全国の大学図書館等の蔵書) が横断的に検索できるデータベース。これらの機関が所蔵する売立目録を、入札会名、会場名等で検索できます。

個別の機関の所蔵を調べる

 

関連情報


[last access:2013.12.3]

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡