トップ調べ方案内哲学・宗教>哲学・思想分野の著作の現代語訳、書き下し文を探す

哲学・思想分野の著作の現代語訳、書き下し文を探す

哲学・思想分野の著作のうち、著名なものには、現代語訳・口語訳(海外の著作の場合には翻訳)が存在する場合があります。また、現代語訳がなくても、用語の注釈がついているものがあります。
哲学・思想、宗教分野に関する用語、文献の一般的な調べ方については、「哲学・宗教に関する文献を探すには(主題書誌)」を参照してください。

書誌事項末尾の【 】内は当館請求記号です。各専門資料室等で開架している資料は、請求記号に続けて以下の略号を付しています。
 人文:東京本館人文総合情報室
 関西:関西館総合閲覧室
 アジア:関西館アジア情報室

目次

1.NDL-OPACで探す
2.代表的な叢書など
 2-1.日本思想(現代語訳/語釈付き)
 2-2.東洋思想(翻訳/語釈付き)
 2-3.西洋思想(翻訳/語釈)
3.その他

 

1. NDL-OPACで探す

NDL-OPACの簡易検索画面または詳細検索画面の「タイトル」欄に、著作名と「口語訳」または「現代語訳」等のキーワードを入力して、かけ合わせて検索することで、現代語訳・口語訳が発見できることがあります。

 例)新渡戸稲造著 ; 山本博文訳・解説『武士道 :現代語訳』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(筑摩書房 2010 【H81-J46】)

ただし、現代語訳や口語訳は刊行時点での訳であるため、歴史的仮名遣いや旧漢字が用いられている場合があります。
このほか、タイトル欄に作品名と「まんが」と入力して検索すると下記のような資料が見つかることがあります。

 例)西田幾多郎原作, Teamバンミカス漫画『善の研究』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(イースト・プレス 2014 【Y84-L10930】)

このほか、代表的な思想家には全集または選集・著作集があります。

2.代表的な叢書など


叢書には現代語訳が収録されていることがあります。
各巻の収録書名はNDL-OPACの書誌データに掲載された内容細目に記されています。

2‐1.日本思想

(現代語訳)

  • 『日本の名著』全50巻 (中央公論社 1983~1984 【US1-73】)
    『日本の名著』【US1-5】の新装版。著作解説のほか、明治時代以前の著作には、全訳または一部分の抄訳が掲載されています。

また、講談社学術文庫や角川文庫、ちくま新書、岩波現代文庫など、文庫・新書版で刊行された現代語訳があります。これらはNDL-OPACのタイトル欄に作品名と「現代語訳」を入力して掛け合わせることで検索可能です。

(語釈付き)

  • 『日本思想大系』全67巻 (岩波書店 1970~1982 【HA5-7ほか】)
    現代語訳はありませんが、原文が漢文のものは書き下し文にして収録し、語句に註釈をつけています。また、収録作品についての解題もついています。
    一部書目については、1994~1996年にかけて新装版が刊行されています。 (岩波書店 1994~1996 【AZ-143-E39ほか】)
  • 『日本近代思想大系』全24巻 (岩波書店 1988~1992 【HA121-E2】)
    現代語訳はありませんが、原文が漢文のものは書き下し文にして収録し、語句には註釈がついています。また、収録作品についての解題もついています。
    『日本近代思想大系.別巻』(岩波書店 1992 【HA121-E2】)には、近代史料解説のほか、各巻の総目次、人名索引、著者別史料索引が収録されており、各巻の内容の検索が可能です。

2-2.東洋思想

(翻訳)

  • 『中国古典文学大系』全60巻 (平凡社 1971 【KK412-1】)
    作品の全訳と解説が掲載されています。作品によっては平凡社東洋文庫にも収められています。平凡社東洋文庫の一部は、ジャパンナレッジ(当館契約データベース:館内限定)で全文検索が可能です。
  • 竹田晃 [ほか]編『中国の古典』(学習研究社 1981-1986 【KK412-5】アジア)
    書き下し文と現代語訳が掲載されています。
  • 『世界の名著』全81巻 (中央公論社 1978-1980 【US1-43】)
    『世界の名著』66巻+続巻15巻(080-Se1228)の新装版です。現代語訳(抄訳の場合もあります)と解説が掲載されています。
    東洋思想関係では、大乗仏典、孔子、孟子、老子、荘子、禅語録、司馬遷、諸子百家、朱子、王陽明、バラモン経典、原始仏典、中国の科学、孫文、毛沢東 などの巻があります。
  • 宇野精一, 平岡武夫 編集『全釈漢文大系』全33巻 (集英社 1973-1980 【US1-23】)
    原文(漢文)のほか、書き下し文、語釈、通釈、解説が掲載されています。
  • 『世界の大思想』 第1期全29巻、第2期全16巻 (河出書房新社 1966-1969 【080-Se1226】)
    翻訳、解説が掲載されています。
    東洋思想関係では、孔子、孟子、老子、荘子、仏典、毛沢東などがあります。
  • 西順蔵編『原典中国近代思想史』全6巻 (岩波書店 1976-1977 【HB131-4】)
    翻訳(一部は抄訳)と解説が掲載されています。
  • 野村浩一, 近藤邦康, 並木頼寿, 坂元ひろ子, 砂山幸雄, 村田雄二郎 編『新編 原典中国近代思想史』全7巻 (岩波書店 2010-2011 【HB121-J2~J6,J8,J10】)
    翻訳(一部は抄訳)と解説が掲載されています。

(語釈付き)

  • 『新釈漢文大系』全120巻 (明治書院 1960- 刊行中 【082-Si498ほか】)
    原文(漢文)のほか、書き下し文、語釈、通釈などを掲載しています。
  • 『新編漢文選』全10巻 (明治書院 1996-2001 【HB81-G2ほか】)
    元の漢文のほか、書き下し文、語釈、通釈などを掲載しています。
  • 『陽明学大系』全11巻別巻1 (明徳出版社 1971-1974 【HB113-2】)
    王陽明のほか、陸象山や陽明門下の著作、中江藤樹、大塩中斎、熊沢蕃山などの日本の陽明学者の著作も含みます。原文(漢文)、書き下し文、語釈などを掲載しています。
  • 『朱子学大系』全15巻(一部未完) (明徳出版社 1974-1983 【HB96-5】)
    朱子文集、朱子語類、四書集注、近思録などの著作のほか、藤原惺窩、林羅山、山崎闇斎、李退渓など日本や朝鮮の朱子学者の著作も含みます。原文(漢文)、書き下し文、語釈などを掲載しています。

2-3.西洋思想

(翻訳)

  • 『世界思想教養全集』全24巻 (河出書房新社 1962-1964 【080-Se1224-K】)
  • 『世界の大思想』第1期全29巻、第2期全16巻 (河出書房新社 1966-1969 【080-Se1226】)
    翻訳、解説を掲載しています。
  • 『世界の名著』全81巻 (中央公論社 1978-1980 【US1-43】)
    『世界の名著』66巻+続巻15巻【080-Se1228】の新装版です。翻訳(抄訳の場合もあります)と解説が掲載されています。
  • 『中世思想原典集成』全20巻 (平凡社 1992-2002 【HC31-E8】)
    翻訳のほか、訳者による解説が掲載されています。別巻【HC31-H1】(人文総合情報室開架)に総目次、人名・固有名索引、邦訳書名一覧が収録されています。

(語釈)

  • 石塚正英, 柴田隆行監修『哲学・思想翻訳語事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(増補版 論創社 2013 【H2-L1】人文)
    翻訳された訳語の哲学史上の意味について調べることができます。

 

3.その他


以上のほか、個人全集や上記以外の叢書に、現代語訳や翻訳が入っていることがあります。どの全集にどの作品が採用されているかについては、次の資料が参考になります。

  • 『全集・叢書総目録』 1945/1990、1991/1998、1999/2004、2005/2010、明治・大正・昭和戦前期 (日外アソシエーツ 【UP18-E1ほか】人文、関西)
    日本国内で刊行された全集・叢書の内容を通覧することができます。

その他、日本の古典文学に属する作品の場合は、以下の資料から現代語訳の有無を検索することが可能です。

また、以下にも哲学書や文学作品の解説がおさめられています。

  • 『世界名著大事典』全16巻、補遺1巻 (オリジナル新版 平凡社 1987.6 【UG2-E1】)
    第16巻が索引になっており、著者(日本語、欧文)、部門別、書名から検索ができます。

 

関連情報

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡