トップ調べ方案内歴史・地理歴史>江戸幕府の法令集(一般)

江戸幕府の法令集(一般)

江戸時代の法は、幕府が定めた幕府法のほか、各藩で大名が独自に定めた藩法があります。ここでは、江戸幕府が定めた幕府法の法令集を紹介します。

幕府評定所が編纂した「御触書」は、幕府の法令を網羅したものではありませんが、幕府が編んだ官撰の法令集です。なお、幕府の法律は部外者には秘密とされたものも多く、今日では失われてしまったものもあります。

ここでは、代表的な法令集をご紹介します。公事方御定書など個別の法令については、「江戸幕府の法令集(個別の法令・法典)」をご覧ください。

書誌事項末尾の【 】内は当館請求記号です。各専門室などで開架している資料は、請求記号に続けて以下の略号を付しています。
 人文:東京本館人文総合情報室
 関西:関西館総合閲覧室

目次

1.御触書集成~江戸幕府の法令をまとめて見る~
 1-1.8代将軍吉宗から12代将軍家慶の代までの江戸幕府の御触書の集成
 1-2.天保以降の御触書の集成・編纂
2.「御触書」以外の代表的な法令集
3.撰要類集

 

1. 御触書集成~江戸幕府の法令をまとめて見る~

1-1. 8代将軍吉宗から12代将軍家慶の代までの江戸幕府の御触書の集成

「御触書集成」は、江戸幕府評定所が編集した幕府の法令集です。8代将軍吉宗が寛保2(1742)年に「公事方御定書」を制定した後、評定所に元和元(1615)年以後の幕府法令の編集を命じ、寛保4(1744)年に完成しました(寛保集成)。その後、10代家治による『宝暦集成』、11代家斉による『天明集成』、12代家慶による『天保集成』が作られています。

以下の翻刻版が出版されています(石井良助「御触書」『国史大事典』を参照)。

目録・索引として以下の資料があります。

  • 『御触書集成目録』(岩波書店 2002)
     ※上(事項目録) 【AZ-145-H4国立国会図書館の所蔵情報へのリンク】人文、関西
      下(編年目録) 【AZ-145-H5国立国会図書館の所蔵情報へのリンク】人文、関西
      解題 【AZ-145-H6国立国会図書館の所蔵情報へのリンク】人文・関西
  • 『御觸書集成編年索引』上巻国立国会図書館の所蔵情報へのリンク下巻国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(ゆまに書房 1997 【AZ-145-G20】人文、関西)

1-2. 天保以降の御触書の集成・編纂(天保8(1837)年~明治元(1868)年)

  • 『幕末御触書集成』第1~6巻、別巻(岩波書店 1992-1997 【AZ-145-E23】)
    別巻国立国会図書館の所蔵情報へのリンクのみ人文総合情報室開架。別巻には、「解題」、「事項目録・編年目録」を収録しており、法令名から検索ができます。

 

2. 「御触書」以外の代表的な法令集

明治以降に編纂された江戸時代の代表的な法令集を紹介します。

  • 司法省大臣官房庶務課 編 ; 法制史学会 編 ; 石井良助 校訂『徳川禁令考』(創文社 1959-1961 【322.15-Si298t3-I】)(国立国会図書館デジタルコレクション:館内限定
    前集第1-第6、後集第1-第4、別巻。明治時代に司法省が編纂した法令集の復刻版。江戸幕府の法令を「法令禁令」(前集)と「刑律條例」(後集)に二分し、前集は、江戸時代の法制史料を広く引用・採録し分類しています。後集は、「公事方御定書」を整理・編纂した「科條類典」の全体を収録し、各条に関係資料を付記したほか、「御定書に添候例書」、「赦律」(およびその編纂資料)、「寛政刑典」の三資料を付加。別巻は、創文社が刊行した復刻版に付されたもので、「享保度法律類纂」、「棠蔭秘鑑(とういんひかん)」、「以上幷武家扶持人例書」、「赦律」、「寛政刑典」、「刑典便覧」を収録したほか、前集および後集の編年索引を収録しています。
  • 近世法制史料叢書国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』第1-3(訂正版 創文社 1959 【322.15-I586k-(t)】)(国立国会図書館デジタルコレクション:館内限定
    第1巻
    「御仕置裁許帳」:収録期間は明暦3(1657)年から元禄12(1699)年まで。裁判の先例となる事例を選定し、集成・分類した刑事判決録(判例集)。「三奉行裁許帳」とも呼びます。
    「厳牆集(げんしょうしゅう)」:元禄7(1694)年から元禄11(1698)年頃に成立。対馬宗家の判決事例を選定し、抄録を集成・分類。
    「元禄御法式」:「御仕置裁許帳」をもとに条文の形に編成。
    第2巻
    「御当家令条」:慶長2(1597)年から元禄9(1696)年までの幕府の法令を収録。「令条記」、「令叢」とも呼びます。
    「律令要略」:幕府の判決の要旨を集成・編纂。寛保元(1741)年に成立。
    第3巻
    「武家厳制録」:慶長3(1598)年から元禄16(1703)年までの幕府の法令を集成・編纂。第3巻の巻末の附録に、「御当家令条」との対照表を掲載。
    「庁政談」:評定所の御定書を元文3(1738)年に編纂したとされています。
  • 『江戸町触集成』第1~22巻(塙書房 1994-2012 【AZ-145-E28ほか】)
    正保5(1648)年から慶応4(1868)年までの江戸の町方の触書・法令、町年寄の布告等を集成。
  • 『京都町触集成』第1~13巻 , 別巻1~3(岩波書店 1983-2017 【AZ-145-70ほか】)
    京都の町に宛てて布達された、元禄5(1692)年から明治4(1871)年までの触書を集成、編年順に排列。
  • 『内閣文庫所蔵史籍叢刊』(汲古書院 1982 【GB22-30】)
    第19・第20「大成令」(影印版)
    寛永年間(1624-1644)から寛保年間(1741-1744)までの幕府の諸法令を分類・編纂。私撰(民間・個人の編纂)の法令集。
    第21~第27「教令類纂」(影印版)
    初集は慶長年間(1596-1615)から正徳5(1715)年、二集は享保元(1716)年から天明6(1786)年までの幕府の諸法令を編纂。宮崎成身(みやざきせいしん)による私撰の法令集。
    第28「憲法類集」(影印版)
    天明7(1787)年から文政12(1829)年、続編は天保元(1830)年から嘉永7(1854)年までの幕府の諸法令を編纂。宮崎成身による私撰の法令集。
    第37~第43「憲教類典」(影印版)
    江戸時代初期から寛政年間(1789-1801)の幕府の諸法令を分類・編纂。近藤守重(重蔵)による私撰の法令集。

 

3. 撰要類集

撰要類集とは、江戸町奉行で執務上使われた幕府の法令・先例の集成です。多くは散逸し、享保・明和・天明・天保の撰要類集が現存するほかは、断巻のみが残っています。

内容細目(目録)は下記資料(1)で見ることができます。原本(古典籍)は、当館の「旧幕引継書」に含まれています。そのほか、「享保撰要類集」は、影印版(2)、翻刻版(3)が刊行されています。

  • (1)『旧幕引継書目録国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』第3冊(文生書院 2001 【A111-G112】人文、関西)
    撰要類集細目 第1:旧幕引継書目録 ; 9(享保撰要類集)
    撰要類集細目 第2:旧幕引継書目録 ; 10(明和撰要集,安永撰要類集)
    撰要類集細目 第3:旧幕引継書目録 ; 11(天保撰要類集)
    撰要類集細目 第4:旧幕引継書目録 ; 12(嘉永撰要類集,南撰要類集,七十冊物類集)
  • (2)『享保撰要類集 第1~第3巻』(旧幕府引継書影印叢刊1~3)(野上出版 1985-1986 【AZ-145-83】)
  • (3)『近世法制史料叢書』第3、別篇(弘文堂 昭和19年 【749-93】)
    別篇で「享保撰要類集」の一部を翻刻しています。
  • (参考)『撰要類集』第1~3(続群書類従完成会 1967-1979 【322.15-Se188】)
    町奉行大岡忠相の時代に成立した「撰要類集」(「享保撰要類集」の前身)の全7巻10冊のうち、最初の2巻4冊を収めた影印本です。

 

参考文献

  • 松平義郎「近世法」(『岩波講座日本歴史国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』11(近世3) 岩波書店 1976 【GB71-60】)
  • 石井良助「御触書」(『国史大辞典国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』第2巻 (う~お)  吉川弘文館 1980 【GB8-60】)
  • 村上直「江戸幕府文書 法令・布達」(『日本古文書学講座国立国会図書館の所蔵情報へのリンク』6 (近世編 1)  雄山閣出版 1979 【GB39-19】)

 

関連情報

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡