トップ調べ方案内出版・ジャーナリズム・図書館情報学出版>戦前期雑誌の所蔵機関

戦前期雑誌の所蔵機関

ここでは、戦前期の雑誌(和文)の主な所蔵機関を紹介します。

戦前期雑誌の所蔵機関には、当館や、CiNii Books外部サイトへのリンク(国立情報学研究所)(http://ci.nii.ac.jp/books/)で所蔵資料を検索できる大学図書館などのほか、下記のような機関があり、ウェブサイト上で蔵書検索が可能です。

目次

1. 文学館
2. 戦前の私立図書館の流れを汲む機関
3. 研究所
4. 博物館図書室

 

1. 文学館

 文学雑誌、一般雑誌、大衆誌、出版社PR誌などを所蔵しています。

  • 図書雑誌検索外部サイトへのリンク(神奈川近代文学館)(http://www.kanabun.or.jp/opac/kensaku.html)

 

2. 戦前の私立図書館の流れを汲む機関

 戦前の公共図書館で手薄だった雑誌収集に特色があります。一般誌、大衆誌などを所蔵しています。

 

3. 研究所

 

4. 博物館図書室

 

なお、当館が所蔵する雑誌は、NDL-OPACで検索が可能です。当館のコレクションである布川文庫には、戦前の雑誌も一部収録されており、布川文庫逐次刊行物から検索できます。

また、東京都および近県の主題別専門機関(公共図書館や大学図書館を含む)については、専門図書館ガイド外部サイトへのリンク(東京都立図書館)(http://metro.tokyo.opac.jp/tml/trui/)で検索が可能です。

 

関連する「調べ方案内」

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡