トップ調べ方案内歴史・地理歴史>江戸時代の藩士を調べるには

江戸時代の藩士を調べるには

ここでは、江戸時代の藩士(各藩の大名に仕えた家臣)の調べ方をご紹介します。

なお、幕臣を調べる場合は、調べ方案内「江戸時代の幕臣を調べるには」をご覧下さい。

【 】内は当館請求記号です。
各専門室などで利用できる資料は、請求記号に続けて以下の略号を付しています。
 人文:東京本館人文総合情報室
 議官:東京本館議会官庁資料室
 関西:関西館総合閲覧室
特に記載のないものは、東京本館書庫資料です。

目次

1.藩士の人名を調べる
 1-1.辞典・事典類
 1-2.文献目録
 1-3.データベース
2.家臣団に関する史料、参考文献を探す
 2-1.文献目録
 2-2.データベース

 

1.藩士の人名を調べる

1-1.辞典・事典類

以下の辞典・事典類で調べられるのは、史料に事績を残した一部の著名な藩士のみです。その他の藩士を調べるための主なツールは、2.家臣団に関する史料、参考文献を探すで紹介する、各地で所蔵している藩政史料(藩庁や大名家、家臣家で作成し、保管された文書など)となります。

  • 家臣人名事典編纂委員会 編『三百藩家臣人名事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク第1-7巻(新人物往来社 1987-1989 【GB12-E4】人文、関西)
    慶長5(1600)年の関ヶ原の戦いから明治4(1871)年の廃藩置県までに存在した250余藩を収録。地域(例:九州)別に分冊され、国(例:肥後国)ごとに藩を五十音順(例:熊本藩、人吉藩の順)に排列しています。各巻末に藩主名の五十音順索引が付いています。
  • 竹内理三 [ほか]編纂『角川日本姓氏歴史人物大辞典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク既刊14冊(角川書店 1989- 【GB12-E14】人文、関西)
    県別に編纂されています。既刊は岩手、宮城、群馬、神奈川、富山、石川、山梨、長野、静岡、愛知、山口、鹿児島、沖縄の13県と京都市です。各巻とも主に人物編、姓氏編、資料編から成ります。姓氏編の出典に家臣団に関する史料(2.家臣団に関する史料、参考文献を探す参照)を含む場合が多く、資料編に藩士一覧が掲載されている巻もあります。

以下のような各地の人名辞典、県史の人物編などに、藩士の人名が掲載されている場合があります。

1-2.文献目録

  • 馬場万夫 編著 ; 国立国会図書館図書館協力部図書館研究所 編『日本人名情報索引』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(改訂増補版 国立国会図書館 1990 研修教材シリーズ ; no.7 【GB1-E19】人文、議官、関西)
    「第Ⅲ部 地域人名資料」で、各都道府県の人名を調べるための文献を紹介しています。

全国各地の図書館では、地元の人物を調べるためのツールを作成しています。藩士の名前を収録した資料(県史、市町村史、藩政史料など)を紹介するウェブサイトとして、例えば以下のものがあります。

1-3.データベース

藩士の名前から検索できる主なデータベースとして、以下のものがあります。

 

2.家臣団に関する史料、参考文献を探す

藩政史料のうち、藩士の人名が掲載されている文書として、大名家臣団の総合的な人名録である分限帳(ぶげんちょう)、家の由緒を略述した由緒書(ゆいしょがき)、家臣団の系図集である家中系図などがあります。

ここでは、家臣団に関するこれらの史料や参考文献を探す方法を紹介します。古文書の場合はさらに文書の所蔵機関や、文書が翻刻されているかどうかも調べる必要があります。

2-1.文献目録

  • 木村礎 [ほか]編『藩史大事典』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク第1-8巻(雄山閣出版 1988-1990 【GB8-E9】人文、関西)
    地域(例:関東)ごとに分冊。各藩の項目末尾にある「藩の基本史料・基本文献」に、公刊された史料、地方公共団体が編集・刊行した県史・市町村史(※「史料編」、「資料編」の類に史料が収録されていることが多い)、辞典・事典類、研究文献が掲載されています。
  • 児玉幸多 [等]編『近世史ハンドブック』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(近藤出版社 1972 【GB8-22】人文、関西)
    pp.56-129「諸藩の藩政」に文献一覧があります。
  • 丸山浩一 編『系図文献資料総覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(増補改訂 緑蔭書房 1992 【GB1-E34】人文、関西)
    第4部「系図文献目録」に、都道府県別に県立図書館などの所蔵資料が掲載されています。
  • 学習院大学史料館 編『旧華族家史料所在調査報告書』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク5冊(学習院大学史料館 1993 【GB5-E106】人文、関西)
    旧華族には、かつての大名も含まれます。家ごとに史料名と所蔵機関が掲載されています。
  • 馬場万夫 編著 ; 国立国会図書館図書館協力部図書館研究所 編『日本人名情報索引』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(改訂増補版 国立国会図書館 1990 研修教材シリーズ ; no.7 【GB1-E19】人文、議官、関西)
    「第Ⅲ部 地域人名資料」で、各都道府県の人名を調べるための文献を紹介しています。
  • 荒居英次 編『日本近世史研究入門』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(小宮山出版 1974 【GB311-4】)
    「藩政史料刊行一覧」(pp.277-285)が付いています。

2-2.データベース

史料名は様々なため、以下のデータベースで「分限帳」、「由緒書」、「藩士録」、「家臣録」、「侍帳」などをキーワードとして検索します。

  • NDL-OPAC
    詳細検索国立国会図書館の所蔵情報へのリンク画面で、「選択してください」のプルダウンから「件名」を選び、右隣の欄に、探している藩士が所属した藩名を入力して検索すると、藩政史料が見つかる場合があります。
  • 日本人名情報索引(人文分野)データベース
    人物の略歴を掲載した資料を収録しており、一部の資料は収録人物名から検索できます。キーワード欄に「分限帳」、「侍帳」などと入力し、「追加条件を表示する」をクリックして、「分類(地域)」のプルダウンから探している藩が位置した都道府県を選び、同様に「収録年代」から「近世」または「幕末」を選んで検索します。
  • 日本古典籍総合目録データベース外部サイトへのリンク(国文学研究資料館)
    (http://base1.nijl.ac.jp/~tkoten/)
    国立国会図書館で所蔵していない資料も検索できます。
  • 東京大学史料編纂所データベース外部サイトへのリンク(東京大学史料編纂所)
    (http://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/db.html)
    「データベース選択画面」で「史料の所在」>「所蔵史料目録データベース」を選択して検索します。

 

関連情報

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡