トップ調べ方案内歴史・地理歴史>中国の「正史」の日本語訳

中国の「正史」の日本語訳

中国では新しい王朝が成立すると、前王朝の歴史を編纂するのが通例で、そうして編纂された各王朝の公式歴史書が「正史」と呼ばれます。『史記』『漢書』『後漢書』『三国志』『晋書』『宋書』『南斉書』『梁書』『陳書』『魏書』『北斉書』『周書』『隋書』『南史』『北史』『旧唐書』『新唐書』『旧五代史』『新五代史』『宋史』『遼史』『金史』『元史』『明史』を二十四史とすることが多いですが、『新元史』や『清史稿』を加えて二十五史、二十六史と呼ぶこともあります。

『史記』『漢書』『後漢書』『三国志』には現代日本語による全訳があり、とりわけ『史記』には多数あります。その他の「正史」には全訳がありませんが、財政制度の記録(食貨志)、法制度の記録(刑法志)、日本を含む中国周辺地域の諸民族の記録(「外国伝」)を中心に、部分訳があります。

以下では「正史」の日本語訳のうち、当館の所蔵する単行書を①『史記』、②『漢書』『後漢書』『三国志』ほか、③食貨志、刑法志などの「志」、④「外国伝」に分けてご紹介します。【】内は当館請求記号です。

『史記』の日本語訳
『漢書』『後漢書』『三国志』ほかの日本語訳
1.『漢書』 / 2.『後漢書』 / 3.『三国志』 / 4.その他
「志」の日本語訳
1.食貨志 / 2.刑法志 / 3.その他
「外国伝」の日本語訳
1.日本関係部分 / 2.その他

『史記』の日本語訳

1.『史記』

『史記』の全訳には、以下のものがあります。

『史記』(『新釈漢文大系』38-41、85-92、115、116、120 吉田賢抗ほか著 明治書院 1973-2014 【082-Si498】ほか 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架)

原文、訓読文、現代語訳からなっています。本紀、列伝、書、表、世家は巻末に語句索引を付しています。

『史記』(『世界文学大系』第5、小竹文夫、小竹武夫訳 筑摩書房 1962 【908-Se1224】東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架 第5A外部サイトへのリンク, 第5B外部サイトへのリンク

表のうち、本体の年表部分は省略されています。現代語訳です。

『史記』(野口定男[ほか]訳 平凡社 1972 【GE265-15】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク

『中国古典文学全集』4-5巻(平凡社、1958-59 【928-Ty996】 東京本館所蔵 4巻外部サイトへのリンク, 5巻外部サイトへのリンク))の改訂版です。表のうち、本体の年表部分は省略されています。現代語訳です。

部分訳には、以下のものがあります。

『史記列伝』(小川環樹ほか訳 岩波書店 1975-76 【GE265-25】 東京本館・関西館所蔵)

扁鵲倉公列伝、亀策列伝を除く全ての列伝および六国年表を収録。現代語訳です。5巻末に人名・地名索引を付しています。

『史記世家』(小川環樹ほか訳 岩波書店 1980-91 【GE265-54】 東京本館・関西館所蔵 上外部サイトへのリンク, 中外部サイトへのリンク, 下外部サイトへのリンク

世家の部の全ておよび十二諸侯年表を収録。現代語訳です。下巻末に人名・地名索引を付しています。

『史記列伝』(貝塚茂樹、川勝義雄訳 中央公論新社 2001 【GE265-G57】 東京本館所蔵 1.外部サイトへのリンク, 2.外部サイトへのリンク

列伝70巻のうち、44巻を収録。現代語訳です。残りの26巻は概要を記しています。

『史記』(福島中郎ほか訳、『中国の古典』11-14 藤堂明保監修 学習研究社 1981-84 【KK412-5】 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架 一外部サイトへのリンク, 二外部サイトへのリンク, 三外部サイトへのリンク, 四外部サイトへのリンク

本紀から夏本紀、殷本紀、周本紀、項羽本紀、高祖本紀、呂后本紀を、世家から斉太公世家、趙世家、陳渉世家、留侯世家、孔子世家を、列伝から伯夷列伝ほか19篇および太史公自序をそれぞれ収録。訓読文、現代語訳からなっています。別冊に原文があります。

『史記』(田中謙二、一海知義著 朝日新聞社 1996 【GE265-G13】 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架)

「春秋戦国篇」外部サイトへのリンクに晋世家および管晏列伝ほか4伝を、「楚漢篇」外部サイトへのリンクに項羽本紀、太祖本紀、蕭相国世家、留侯世家、黥布列伝、淮陰侯列伝を、「漢武篇」外部サイトへのリンクに平準書および魏其武安侯列伝ほか5伝をそれぞれ収録。原文、訓読文、現代語訳からなっています。

このページの先頭へ

『漢書』『後漢書』『三国志』ほかの日本語

1.『漢書』

『漢書』の全訳には、以下のものがあります。

『漢書』(小竹武夫訳 筑摩書房 1977-79 【GE269-16】 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架)

現代語訳です。巻末に人名索引と地理志郡県名索引を付しています。

部分訳には、以下のものがあります。

『漢書列伝』(高木友之助、片山兵衛[著] 明徳出版社 1991 【GE269-E15】 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架外部サイトへのリンク

蕭何、張良、陳平、王陵、周勃、張騫、李広利の伝を収録。各伝の梗概のほか、原文、訓読文、現代語訳からなっています。

『漢書列伝選』(三木克己訳 筑摩書房 1992 【GE269-E14】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク

『漢書』のうち『史記』の収録範囲と重ならない時期の人物23人の伝記を収録。現代語訳です。

『『漢書』百官公卿表訳注』(大庭脩 監修 ;『漢書』百官公卿表研究会 訳注 朋友書店 2014 【GE269-L15】 東京本館・関西館所蔵外部サイトへのリンク

原文、訓読文、現代語訳からなっています。

「志」の日本語訳には、以下のものがあります。

『漢書藝文志』(鈴木由次郎著 明徳出版社 1968 【025.22-Su911k】 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架外部サイトへのリンク

原文、訓読文、現代語訳からなっています。

『漢書食貨志訳注』(黒羽英男著 明治書院 1980 【DC155-12】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク

原文、訓読文、現代語訳からなっています。巻末に官職、人名、地名、事項の索引を付しています。

『漢書五行志』(冨谷至、吉川忠夫訳注 平凡社 1986 【GE269-56】 東京本館・関西館所蔵外部サイトへのリンク

現代語訳です。訳者による見出しを付しています。

『漢書郊祀志』(狩野直禎、西脇常記訳注 平凡社 1987 【GE269-E1】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク

礼楽志の郊祀歌も収録。現代語訳です。訳者による見出しを付しています。

『漢書食貨・地理・溝洫志』(永田英正、梅原郁訳注 平凡社 1988 【GE269-E3】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク

食貨志、溝洫志は全訳で、地理志は部分訳です。現代語訳です。訳者による見出しを付しています。

2.『後漢書』

『後漢書』の全訳には、以下のものがあります。

『全譯後漢書』(渡邉義浩ほか編 汲古書院 2001- 【GE269-G38】ほか 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架)

原文、訓読文、現代語訳からなっています。各巻末に人名、官爵、書名、語彙の索引を付しています。現在刊行中です。

『後漢書』(吉川忠夫訓注 岩波書店 2001-05 【GE269-G36】ほか 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架)

原文、訓読文からなり、一部には現代語訳もあります。別冊(【GE269-H32】、東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架外部サイトへのリンク)は人名索引と地名索引です。

部分訳には、以下のものがあります。

『後漢書』(藤田至善著 明徳出版社 1970 【GE269-1】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク

宦者伝(摘訳)、党錮伝(摘訳)、陳蕃伝、竇武伝、班超伝を収録しています。訓読文、原文、現代語訳からなっています。

3.『三国志』

『三国志』の全訳には、以下のものがあります。

『三国志 : 正史』(今鷹真ほか訳 筑摩書房 1993 【GE273-E30】 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架)

『世界古典文学全集』第24巻(筑摩書房 1977-89 【KE211-50】 東京本館所蔵 24巻A外部サイトへのリンク, 24巻B外部サイトへのリンク, 24巻C外部サイトへのリンク)に一部訂正を加えています。現代語訳です。8巻末に人名索引を付しています。

部分訳には、以下のものがあります。

『<正史>三国志英傑伝』(『中国の思想』刊行委員会編訳 徳間書店 1994 【GE273-E39】 東京本館・関西館所蔵)

魏書(上)外部サイトへのリンク、(下)外部サイトへのリンクから28人の伝を、蜀書外部サイトへのリンクから18人の伝を、呉書外部サイトへのリンクから16人の伝をそれぞれ収録するほか、『晋書』から高祖宣帝紀(司馬懿) を収録しています。現代語訳、原文、訓読文からなっています。

『三国志』(宮川尚志著 明徳出版社 1970 【GE273-2】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク

魏書から武帝紀、文帝紀、明帝紀、三少帝紀、后妃伝、張魯伝を、蜀書から先主伝ほか4人の伝を、呉書から孫堅伝ほか4人の伝をそれぞれ収録。訓読文、原文からなっています。

4.その他

『漢書』『後漢書』『三国志』の列伝の訳を含むものには、以下があります。

『漢書・後漢書・三国志列伝選』(本田済編訳、『中国古典文学大系』13 平凡社 1968 【KK412-1】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク

『漢書』からは李陵、蘇武など29人の伝を、『後漢書』からは党錮伝、独行伝、方術伝、逸民伝、列女伝のほか15人の伝を、『三国志』からは武帝紀のほか12人の伝をそれぞれ収録。収録した伝については全訳しています。現代語訳です。

『中国古代の歴史家たち : 司馬遷・班固・范曄・陳寿の列伝訳注』(福井重雅編 早稲田大学出版部 2006 【GE265-H57】 東京本館・関西館所蔵外部サイトへのリンク

『漢書』司馬遷伝、『後漢書』班彪、班固伝、『宋書』范曄伝、『晋書』陳寿伝、『華陽国志』陳寿伝を収録。原文、訓読文、現代語訳からなっています。

魏晋南北朝期の「正史」の列伝の訳を含むものには、以下があります。

『六朝詩人傳』(興膳宏編 大修館書店 2000 【KK86-G3】 東京本館所蔵、関西館アジア情報室開架外部サイトへのリンク

後漢書、三国志、晋書、宋書、南斉書、梁書、陳書、南史、北史、魏書、周書、北斉書、隋書などから、魏から隋代までの詩人79名の伝記を収録。原文、訓読文、現代語訳からなっています。巻末に晋書文苑伝序、宋書謝霊運伝論、南斉書文学伝論、隋書文学伝序、「六朝の官職名」、世系略図、六朝詩人関係年表、索引(人名、書名・作品名)などの付録を付しています。

『旧唐書』『新唐書』の列伝の訳を含むものには、以下があります。

『唐代の詩人 : その傳記』(小川環樹編 大修館書店 1975 【KK113-19】 東京本館・関西館所蔵外部サイトへのリンク

旧唐書文苑伝序、新唐書文藝伝序のほか、旧唐書、新唐書、唐才子伝などから唐代の詩人62名の伝記を収録。原文、訓読文、現代語訳からなっています。巻末に「唐代詩人の伝記資料」、年表、索引(官名、地名、人名)などの付録を付しています。

その他の「正史」の部分訳には、以下のものがあります。

『晋書』(越智重明著 明徳出版社 1970 【GE273-5】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク
『新唐書』(古賀登著 明徳出版社 1971 【GE277-7】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク
『五代史』(日野開三郎著 明徳出版社 1971 【GE281-4】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク
『遼史』(島田正郎著 明徳出版社 1975 【GE285-20】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク
『金史』(外山軍治著 明徳出版社 1975 【GE285-18】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク
『元史』(小林高四郎著 明徳出版社 1972 【GE285-11】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク
『明史』(川越泰博[著] 明徳出版社 2004 【GE291-H12】 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架外部サイトへのリンク

このページの先頭へ

「志」の日本語訳

王朝の諸制度を記録した「志」のうち、よく日本語に訳されているのが、以下に挙げる食貨志と刑法志です。

1.食貨志

王朝の財政に関する記録である食貨志の日本語訳には、以下のものがあります。

『史記平準書・漢書食貨志』(加藤繁訳註 岩波書店 1996 【DC155-G4】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク

1942年初版(【332.22-Sh15ウ】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク)の復刻で、標題に加えて『史記』貨殖列伝も収録しています。訓読文です。

『『魏書』食貨志・『隋書』食貨志訳註』(渡辺信一郎著 汲古書院 2008 【GE273-J16】東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架外部サイトへのリンク

原文、訓読文、現代語訳からなっています。巻末に事項索引を付しています。

『旧唐書食貨志・旧五代史食貨志』(加藤繁訳註 岩波書店 1947 【332.22-Ka661k】ほか 東京本館所蔵外部サイトへのリンク

『旧唐書』食貨志には、総序、田制、両税など訳者による見出しを付しています。

『五代史』(日野開三郎著 明徳出版社 1971 【GE281-4】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク

『旧五代史』食貨志の訳注です。原文、訓読文からなっています。

『大運河発展史 : 長江から黄河へ』(星斌夫訳註 平凡社 1982 【DK175-40】 東京本館・関西館所蔵外部サイトへのリンク

『元史』食貨志・海運、『明史』食貨志・漕運、『同』河渠志・海運、『清史稿』食貨志・海運を収録。現代語訳です。各章に、訳者による梗概を付しています。

東洋文庫では以下の「正史」食貨志について、研究訳注を刊行しています。訓読文です。

『晉書食貨志譯註』(中嶋敏編 東洋文庫 2007 【DC155-H5】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク
『宋史食貨志訳註』(和田清ほか編 東洋文庫 1960-2006 【222.053-W19s】ほか 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架)

索引(【GE281-J5】、東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架外部サイトへのリンク)もあります。

『明史食貨志訳註』補訂版(和田清編 東洋文庫 1996 【DC155-G3】 東京本館・関西館所蔵外部サイトへのリンク

2.刑法志

刑罰制度を記した刑法志の日本語訳には、以下のものがあります。

『中國歴代刑法志 : 譯注 : 補』(内田智雄編 創文社 2005 【AC8-141-H12】 東京本館・関西館所蔵外部サイトへのリンク

『漢書』刑法志、『晋書』刑法志、『魏書』刑罰志を収録しています。原文、現代語訳からなっています。この補訂版では解説と補注を追加しています。

『中國歴代刑法志 : 譯注 : 補. 續』(内田智雄編 創文社 2005 【AC8-141-H13】 東京本館・関西館所蔵外部サイトへのリンク

『隋書』刑法志、『旧唐書』刑法志、『新唐書』刑法志を収録しています。

『訳注中国近世刑法志』(梅原郁編 創文社 2002-03 (上)【AC8-141-G28】外部サイトへのリンク, (下)【AC8-141-H4】 外部サイトへのリンク東京本館・関西館所蔵)

上巻は『旧五代史』刑法志、『宋史』刑法志、『遼史』刑法志、『金史』刑志を収録し、下巻は『元史』刑法志、『明史』刑法志を収録しています。原文、現代語訳からなり、各巻末に収録分の索引を付しています。

『元史刑法志の研究譯註』(小竹文夫、岡本敬二編著 大空社 2001 【AC8-141-G26】 東京本館・関西館所蔵外部サイトへのリンク

教育書籍1962年刊(【322.22-O866g】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク)の再版です。研究篇と訳註篇からなり、訳註篇は訓読文からなっています。再版にあたり、参考論文として、安部健夫「元史刑法志と『元律』の関係に就いて」を収録しています。

『訳注明史刑法志』(野口鐵郎編著 風響社 2001 【AC8-141-G21】 東京本館・関西館所蔵外部サイトへのリンク

原文、現代語訳からなっています。

3.その他

その他の「志」の日本語訳には、以下のものがあります。

『漢書藝文志』(鈴木由次郎著 明徳出版社 1968 【025.22-Su911k】 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架外部サイトへのリンク

原文、訓読文、現代語訳からなっています。

『漢書五行志』(冨谷至、吉川忠夫訳注 平凡社 1986 【GE269-56】 東京本館・関西館所蔵外部サイトへのリンク

現代語訳です。訳者による見出しを付しています。

『漢書郊祀志』(狩野直禎、西脇常記訳注 平凡社 1987 【GE269-E1】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク

礼楽志の郊祀歌も収録。現代語訳です。訳者による見出しを付しています。

『漢書食貨・地理・溝洫志』(永田英正、梅原郁訳注 平凡社 1988 【GE269-E3】東京本館所蔵外部サイトへのリンク

食貨志、溝洫志は全訳で、地理志は部分訳です。現代語訳です。訳者による見出しを付しています。

『魏書釈老志』(塚本善隆訳注 東洋文庫 1990 【HM75-E4】 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架外部サイトへのリンク

原文、現代語訳からなっています。訳者による見出しを付しています。

『隋書経籍志詳攷』(興膳宏、川合康三著 汲古書院 1995 【UP5-E2】 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架外部サイトへのリンク

原文、現代語訳からなっています。巻末に人名・書名索引を付しています。

『宋史選挙志訳註』(中嶋敏編、平凡社 1992-2000 【GE281-E11】 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架外部サイトへのリンク

訓読文です。1巻と3巻の巻末に索引を付しています。

『明史選挙志』(井上進, 酒井恵子 訳注、平凡社 2013- 【GE291-L2ほか】 東京本館・関西館所蔵 1.外部サイトへのリンク

現代語訳、原文からなっています。

このページの先頭へ

「外国伝」の日本語訳

「正史」の「伝」には、中国からみて周辺に位置する諸民族に関する記録があり、それらのうち、日本や朝鮮、また中央ユーラシアの諸民族についての記録には、日本語訳があります。

1.日本関係部分

日本に関係する部分の日本語訳には、以下のものがあります。

『倭国伝』(藤堂明保ほか訳、『中国の古典』17 藤堂明保監修 学習研究社 1986 【KK412-5】 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架外部サイトへのリンク

『後漢書』東夷伝、『三国志』魏書・烏丸鮮卑東夷伝、『宋書』夷蛮伝、『隋書』東夷伝、『旧唐書』東夷伝、『新唐書』東夷伝、『宋史』外国伝、『元史』外夷伝、『明史』外国伝から、日本関係部分を中心に収録するほか、『使琉球録』も収録しています。訓読文、現代語訳からなり、別冊に原文があります。

『魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝』新訂版(石原道博編訳 岩波書店 1985 【GB163-232】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク

1951年初版(【210.3-W19g】 東京本館・関西館所蔵外部サイトへのリンク)を補った新訂版です。訓読文に加え、新訂版では現代語訳と原文の影印などを追加しています。

『旧唐書倭国日本伝・宋史日本伝・元史日本伝』新訂版(石原道博編訳 岩波書店 1986 【GB186-61】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク

1956年初版(【210.3-W19k】 東京本館・関西館所蔵外部サイトへのリンク)の新訂版です。訓読文、現代語訳からなり、原文の影印、日本書紀など関連史料の原文、関連年表を付しています。

『訳註中国正史日本伝』(石原道博著 国書刊行会 1975 【GB71-66】 東京本館所蔵外部サイトへのリンク

『後漢書』『三国志』『晋書』『宋書』『南斉書』『梁書』『南史』『北史』『隋書』『旧唐書』『新唐書』『宋史』『元史』『新元史』『明史稿』『清史稿』の日本関係部分を収録。現代語訳です。巻末に原文の影印、関連年表を付しています。

『中国正史倭人・倭国伝全釈』(鳥越憲三郎著 中央公論新社 2004 【GB115-H25】東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架外部サイトへのリンク

『漢書』『後漢書』『三国志』『晋書』『宋書』『南斉書』『梁書』『隋書』『北史』『南史』『旧唐書』の日本関係部分を収録。訓読文です。

2.その他

朝鮮半島および中央ユーラシアの諸民族に関する部分の日本語訳には、以下のものがあります。

『騎馬民族史 : 正史北狄伝』(内田吟風、田村実造ほか訳注 東洋文庫 1971-73 【GE51-3】 東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架 1.外部サイトへのリンク, 2.外部サイトへのリンク, 3.外部サイトへのリンク

『史記』『漢書』『後漢書』『三国志』『宋書』『南斉書』『梁書』『周書』『魏書』『北史』『隋書』『旧唐書』『新唐書』『明史』から、匈奴、鮮卑、突厥、吐蕃などの伝を収録。現代語訳です。

『東アジア民族史 : 正史東夷伝』(井上秀雄他訳注 平凡社 1974-76 【GE114-1】東京本館所蔵・関西館アジア情報室開架 1.外部サイトへのリンク, 2.外部サイトへのリンク

『史記』『漢書』『後漢書』『三国志』『晋書』『宋書』『南斉書』『梁書』『周書』『隋書』『南史』『北史』『旧唐書』『新唐書』から、日本・朝鮮関係の伝を収録。現代語訳です。

『中国正史西域伝の訳註』(内田吟風ほか[訳註] 文部省科学研究費補助金研究成果報告書 研究種目一般研究C 1978-79 【Y151-S00351078】 関西館所蔵外部サイトへのリンク

『魏書』西域伝訳註稿、『南史』夷貊下西域伝訳註稿、『後漢書』西域伝序・跋訳註稿、『隋書』西域伝序・跋訳註稿、『旧唐書』西戎伝跋・賛訳註稿を収録しています。現代語訳です。

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡