トップ調べ方案内出版・ジャーナリズム・図書館情報学図書館情報学>国立国会図書館所蔵の内務省交付本

国立国会図書館所蔵の内務省交付本

書誌事項末尾の【 】内は当館請求記号です。

目次

1.内務省交付本(内交本)とは
2.当館の納本制度に関連する文献
3.受入印など補助印について
 3-1.受入印の形・文字
 3-2.受入れ種別
 3-3.その他の補助印

 

1.内務省交付本(内交本)とは

明治8(1875)年に、納本事務を文部省から内務省へ移管する旨の太政官布告が発布されて以来、昭和20(1945)年の終戦まで、国内で出版された図書は内務省へ納入されていました。

内務省交付本(以下、内交本と呼びます)とは、内務省へ納入された図書のうち、帝国図書館(詳細は調べ方案内「国立国会図書館の歴史を調べる」>7.帝国図書館>※「帝国図書館」という名称について参照)に交付されたものを言います。
内務省を通しての受入だったため、当時の受入印(受入登録印)には、「内務省交付」略して「内交」の文字が見られるものがあります。昭和11年ごろからは、「納本」の印が押されるようになりました。

<参考文献>

 

2.当館の納本制度に関連する文献

上述1.の参考文献のほか、帝国図書館時代に溯って当館の納本制度に触れた文献に、以下のものがあります。

 

3.受入印など補助印について

受入印(受入登録印)は蔵書印とは異なるものです。当館の蔵書印については、第128回常設展示 印の継承譜-国立国会図書館の印と印影-(本の万華鏡)で、画像と解説を紹介しています。
帝国図書館の受入印について説明する文献は、内交本に限らず、現在のところ見当たりません。
当館蔵書に見られる印影の形や文字は以下のとおりです。

3-1.受入印の形・文字

<縦細>
 ・明治9年ごろ: 「明治九年文部省交付」、「明治九年図書寮交付」など
 ・明治10年ごろ: 「明治十年○月○日文部省交付」、「明治十年図書局交付」など
 ・明治18年ごろ~: 「明治十八年○月○日内務省交付」など


<二重丸>
 ・明治21年ごろ~: 「図/明治二一・○・○・内交」など


<横長楕円>
 ・明治42年ごろ~: 「明治/42 ○ ○/内交」など


<二重丸>
 ・昭和2年ごろ~: 「帝図/昭和二・○・○・内交」など
 ・昭和11年ごろ~: 二重丸内の文字が「内交」から「納本」へ替わります

3-2.受入れ種別

「文部省交付」などの受入印が見られるように、内務省に限らず、各省からも交付があったことが、『帝国図書館年報』の統計欄からわかります。
「交付」、「内交」、「納本」のほか、「購求」(購入)、「寄贈」などの印も見られます。

3-3.その他の補助印

その他の補助印として、緑色のインクで押された「発行所寄贈本」、「帝国図書館消印」、「受入変更」などの印が見られます。
ただし、現在のところ、当時の運用実態の詳細は不明です。

関連する調べ方案内

  • 国立国会図書館
  • 国立国会図書館オンライン
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡
  • 参考書誌研究