トップ調べ方案内出版・ジャーナリズム・図書館情報学図書館情報学>国立国会図書館所蔵の内務省交付本

国立国会図書館所蔵の内務省交付本

以下に紹介する文献はすべて東京本館・人文総合情報室に開架されています。
【 】内は当館請求記号です。

目次

1.内務省交付本(内交本)とは
2.当館の納本制度に関連する文献
3.受入印について

 

1.内務省交付本(内交本)とは

明治8(1875)年に、納本事務を文部省から内務省へ移管する旨の太政官布告が発布されて以来、昭和20(1945)年の終戦まで、国内で出版された図書は内務省へ納入されていました。

内務省交付本(内交本)とは、内務省へ納入された図書のうち、旧上野図書館※に交付されたものを言います。内務省を通しての受入だったため、旧上野図書館では「納本」の語を用いず、「内務省交付」略して「内交」の字が用いられました。現在の当館蔵書にも「内交」の受入印の見えるものがあります。
※旧上野図書館...ここでは、国立国会図書館の源流となった書籍館―東京書籍館―東京府書籍館―東京図書館―帝国図書館までの時代(明治5(1872)年〜昭和22(1947)年)を指します。

参考文献

 

2.当館の納本制度に関連する文献

内交を含めて、旧上野図書館時代に溯って当館の納本制度に触れた文献に以下のものがあります。(上記1.の参考文献も参照のこと。)

 

3.受入印について

受入印は蔵書印と一緒に解説されていることが多くあります。当館ウェブサイト内の国立国会図書館蔵書印に蔵書印の画像があります。

 

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡