トップ調べ方案内芸術・言語・文学文学>日本文学の翻訳を調べるには

日本文学の翻訳を調べるには

日本文学を外国語に翻訳した図書を調べる方法やツールを紹介します。

中国語・朝鮮語に翻訳した図書を調べるには、「中国語・朝鮮語図書の日本語訳、日本書の中国語・朝鮮語訳」を参照してください。

( )内は当館請求記号です。
請求記号の末尾に*の記号がある資料は、東京本館人文総合情報室開架資料です。

目次

1.当館所蔵資料を調べるには
1-1.NDL-OPACによる検索
1-2.日本関係欧文図書目録"Books on Japan"
1-3.児童書(国際子ども図書館所蔵)の検索
2.当館所蔵以外の翻訳図書を探す
2-1.データベース
2-2.冊子目録

 

1.当館所蔵資料を調べるには

1-1.NDL-OPACによる検索

1-1-1.特定の作品をさがす

【近代以降】

  • 原著者名から
    NDL-OPACの詳細検索国立国会図書館の所蔵情報へのリンク画面で、著者欄に原著者名を漢字形で入力して検索します。→1986年以降に受け入れた資料がヒットします。
    ローマ字形を「著者」欄に入力して検索します。→明治から現代までの文学作品がヒットします。
    原作品は検索結果から個別に書誌をみて判断します。
    例)"La chiave"(1964)
    「個人著者標目 * Tanizaki, Junichiro, 1886-1965. . Kagi. Italian」→谷崎潤一郎「鍵」
    例)"Yoshino"(1998)
    「注記 Translation of: Yoshino kuzu, 吉野葛.」→谷崎潤一郎「吉野葛」

    ※ごくまれに、姓(ローマ字形)のみでしかヒットしないデータがあります。
  • 原タイトルから
    漢字ではヒットしません。ローマ字で検索すると「著者標目」中の統一タイトル(ローマ字)や書誌記述(タイトルなど)中の表記(多くはヘボン式)がヒットすることがあります。
    ただし、書誌注記に記載のタイトル(漢字、ローマ字)はヒットしないため漏れが多くなります。そのため、最初に原著者名から検索することをおすすめします。

    ※ローマ字入力の注意点
    おおむねヘボン式表記ですが、訓令式表記の場合もあります。
    単語ごとに区切って検索してください。
    例)○Noruwei no mori ×Noruweinomori

【近世以前】

  • 原著者名から
    著者未詳の古典は原著者名からは検索できません。著者のいる作品の検索方法は(近代以降)と同じです。
  • タイトルから
    著者未詳の古典はタイトル(ローマ字)の検索が効率的です。ただし、研究書もヒットするので作品は検索結果から個別に書誌をみて判断します。
  • 分類から
    国立国会図書館分類表(以下、NDLC)のK表[PDF file:765KB]で、KG(日本文学)のもとに展開されている個別の分類記号(例 KG51 竹取物語)を確認したうえ、NDL-OPACの詳細検索国立国会図書館の所蔵情報へのリンク画面で「選択してください」から「分類」を選び、右隣の欄に分類記号を入力して検索します。
    そのほとんどは研究書とおなじ分類項目を割り振られているので、作品は検索結果から個別に書誌をみて判断します。ただし、一部に「テキスト・注釈」の独立項目をもつものもあります(例 KG58 源氏物語のテキスト・注釈)。

1-1-2.翻訳言語別にさがす

言語別にどのような翻訳があるかを一覧する場合は、以下のように検索してください。

  • 近代以降
    NDL-OPACの詳細検索国立国会図書館の所蔵情報へのリンク画面で、以下の項目を掛け合わせて検索します。

    ・請求記号 「KH*」 + 本文の言語コード(「選択してください」から選ぶ) + 原文の言語コード(「選択してください」から選ぶ)

    複数の著者の作品を収録する合集はNDLCのKH1〜KH22で検索できます。(個別の作品と著者を内容細目でとっている場合は、原著者名のローマ字形で検索可能。)
  • 近世以前
    NDL-OPACの詳細検索国立国会図書館の所蔵情報へのリンク画面で、以下の項目を掛け合わせての検索が有効です。

    ・タイトル(ローマ字) + 本文の言語コード + 原文の言語コード

    ・NDLCのKGに展開されている個別の分類記号 + 本文の言語コード + 原文の言語コード

    どちらも研究書を含む可能性があるので、書誌から個別に判断することが必要です。

1-2.日本関係欧文図書目録"Books on Japan"

当館が受け入れた日本関係の洋書(欧文単行書)のリストが作られています。近年のものは当館サイトに、以前に収集したものは冊子目録になっています。

  • Books on Japan (当館サイト) 2002年〜
    最新版は「刊行物」に搭載
    http://www.ndl.go.jp/jp/publication/books_on_japan/boj_top_J.html外部サイトへのリンク
    バックナンバーはインターネット資料収集保存事業(WARP)に搭載
    http://warp.da.ndl.go.jp/外部サイトへのリンク
  • "Books on Japan" 1986.9−95.12,1995.1-1998.12,1991-1-2001.12 *
    事務資料。排列はNDLC順。著者名索引、書名索引あり。
  • "Catalog of materials on Japan in Western languages in the National Diet Library"
    3巻。次の受入れ年代ごとに刊行されました。
    1872-1960 1966年刊<016.952-K79cu>*ic_ref.png
    1948-1975 1977年刊<GB1-30>*ic_ref.png
    1976-1986 1992年刊<GB1-A40>*ic_ref.png

1-3.児童書(国際子ども図書館所蔵)の検索

 

2.当館所蔵以外の翻訳図書を探す

当館所蔵にかぎらず、翻訳図書にどんなものがあるか探すツールとして、以下のものがあります。

2-1.データベース

2-2.冊子目録

  • (5)"Index Translationum" Unesco [etc.] 1932-92. (UP63-4)関西館所蔵*ic_ref.png
    "Index Translationum" Unesco (Z65-A101)*ic_ref.png
    世界で出版された翻訳図書の書誌。1979年以降はWeb、CD-ROMで検索可能。(上記(1),(2)を参照)
  • (6)"Modern Japanese literature in translation : a bibliography" c1979.  (KG1-6)*ic_ref.png
    明治から1970年代までの翻訳図書の書誌。排列は原著者名(ローマ字)のアルファベット順。巻末に翻訳者名索引、書名索引。
  • (7)"Japanese literature in foreign languages 1945-1995" c1997 (KG1-A9)*ic_ref.png
    巻末に原タイトル(ローマ字)の索引。
  • (8)『海外における上代文学』2006 (KG1-H39)関西館所蔵*ic_ref.png
    主要な古典文学の翻訳書の解題を掲載。
  • (9)『海外における平安文学』2005 (KG1-H25)関西館所蔵*ic_ref.png
    同上
  • (10) "Narrativa giapponese cent'anni di traduzioni" c2000. (KG1-B2)東京本館所蔵*ic_ref.png
    1900年以降にイタリア語に翻訳された日本文学作品の目録。
  • (11)"Elements de bibliographie japonaise" c1986. (GB1-A14)東京本館所蔵*ic_ref.png
    日本語作品翻訳書誌(文学以外の分野を含む)および欧文による日本研究書誌からなる。

 

関連情報

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡