トップ調べ方案内歴史・地理歴史>戦国武士の官職名(官途・受領名)

戦国武士の官職名(官途・受領名)

日本の歴史上、○○守、○○大夫といった官職名(官途・受領名)は、通称として多く使われていました。ここでは、戦国時代の武士が使っていたこれらの官職名について調べるための主な文献をご紹介します。

書誌事項末尾の(  )内は当館請求記号です。
各専門資料室等で開架している資料は、請求記号に続けて以下の略号を付しています。
人文:東京本館人文総合情報室
関西:関西館総合閲覧室

 

官途名・受領名についての基礎知識

左衛門督・修理大夫といった中央の官職名を官途名、武蔵守・上総介といった国司の官職名を受領名といいます。これらは律令制の官職名であり、本来は、相当する位階に叙された上で任官し、初めて名乗ることができるものでした。(公家官制や官位の対応については参考文献1,2参照)
例)従五位下に叙された上で伊予守に任ぜられる、など

室町幕府では、これらの官職には幕府の推挙の下に朝廷から叙任されることになっていましたが、戦国時代にはそのほかに、
・戦国大名が直接公家(朝廷)に奏請して叙任を受ける
・大名が家臣に自らの権限で官途受領名を名乗ることを許す
・大名の家臣が勝手に自称する
というようなことも行われていたようです(詳しくは末尾の参考文献3~8をご覧ください)。

 

官職名(官途名・受領名)から人物を調べられる資料

一般に、官職名だけで人物を特定することは困難です。年代や地域などを考慮して、該当人物を判断することになります。
ここでは、東京本館人文総合情報室の開架資料を中心に、戦国時代の人物が収録されており、官職名の記載がある資料をご紹介します。これらの資料は、実名が分かっている人物の官職名を調べる場合にも利用できます。

系図集の索引

官職名の索引があり、姓と合わせて検索することで手掛かりを得られます。ただし、いずれも江戸時代に各大名・旗本から提出された系図をもとに編纂されたものであるため、収録されているのは江戸時代まで存続した家に限られており、記述は必ずしも正確でない部分があります。

  • 『寛永諸家系図伝』 続群書類従完成会 1980-1997 (GB43-146)人文・関西
    「索引2」外部サイトへのリンクに官職索引、国名索引があります。
  • 『寛政重修諸家譜索引』 続群書類従完成会 1967 (288.21-Ka479-H)人文・関西
    「第4」外部サイトへのリンクに称呼索引:官職名の部、国名の部があります。

官職名の記載があり、検索しやすい人名辞典類

探している人物の姓から本文中の官職名を通覧することで、求める人物にたどり着けることがあります。通称しか分かっていない人物であっても立項されています。

  • 『戦国人名辞典』 吉川弘文館 2006 (GB12-H43)人文・関西外部サイトへのリンク
    巻末の人名索引では官職名などの通称がまとめて併記されており、通称からでも探しやすくなっています。
  • 『戦国人名事典』 阿部猛,西村圭子 新人物往来社 1987 (GB12-75)人文外部サイトへのリンク
    見出しの後に幼名・官名・法号などをまとめて( )内に示しています。
    *コンパクト版もあります。(1990年刊 GB12-E22)関西外部サイトへのリンク
  • 『日本史総覧 3』 新人物往来社 1984 (GB8-122)人文・関西外部サイトへのリンク
    「武家系図」(pp.197-396)
    中世を中心に活躍した主な武家の系図をまとめたもの。系図中に幼名・通称・官位・号などを記載しています。索引はないため、探している人物の姓と年代を手掛かりに通覧することになります。
  • その他、大名の家臣で主君が分かっている場合には次の資料も参考になります。

  • 『戦国大名家臣団事典』東国編・西国編 新人物往来社 1981 (GB12-46)人文・関西
    見出しの人名に通称が含まれている場合と、本文の冒頭に通称が記載されている場合があります。見出しに通称が含まれている場合は各巻巻末の人名索引で確認できますが、索引に出ていない通称は本文を確認する必要があります。

武家の任官を一覧できる資料

鎌倉末期以降は、公家の一部を除き、官職ごとにまとまった形の補任記録を一覧できる資料はありませんが、次の資料では、戦国大名を含む武家の任官について、年代順の一覧表にまとめています。

1493年~1568年分

  • 『戦国大名と天皇』 今谷明 福武書店 1992 (GB235-E49)外部サイトへのリンク
    「戦国大名官位受領一覧」(pp.256-259)
    *講談社学術文庫版もあります。(2001年刊 GB235-G61)外部サイトへのリンク

1558年~1601年分

  • 『戦国・織豊期の武家と天皇』 池享 校倉書房 2003 (GB235-H13)外部サイトへのリンク
    「武家官位叙任表」(pp.238-243)

いずれも、「歴名土代」「公卿補任」「お湯殿の上の日記」などの各種史料で手続きが確認できる武家の任官を一覧表にまとめたものです。ここに挙げられたものについては、何らかの典拠となる史料が存在するということになりますが、必ずしもその典拠史料の記述が正確であるとは限らないことに注意が必要です。

これらの一覧表で確認できない人物について、任官を史料上で確認したい場合は、その人物の伝記や地方史などを調査し、関連文書の中から該当する文書を探していくことになります。

 

参考文献

  • 1.『日本史総覧 1』 新人物往来社 1983 (GB8-122)人文・関西外部サイトへのリンク
    「公家官制一覧」(pp.571-573)、「官位相当表」(pp.574-576)
    *他にも各種日本史辞典類に同様の表が収録されています。
  • 2.『日本古代官職辞典』増補改訂 阿部猛 同成社 2007 (A112-J3)人文・関西外部サイトへのリンク
  • 3.『日本史小百科 27 武将』 近藤出版社 1990 (GB71-88)人文・関西外部サイトへのリンク
    「叙位任官 32 官途受領名を名乗る意味」(pp.90-91)
  • 4.『武士:日本史小百科』 東京堂出版 1993 (GB211-E67)人文・関西外部サイトへのリンク
    「偏諱と官途・受領 50 武士の礼的秩序」(pp.140-142)
  • 5.『国史大辞典 第3巻』 吉川弘文館 1983 (GB8-60)人文・関西外部サイトへのリンク
    「官途書出(かんとのかきだし)」(pp.900-901)
  • 6.『戦国史事典』 秋田書店 1980 (GB235-67)人文・関西外部サイトへのリンク
    「第3章 天皇・公家 位官叙任」(pp.120-121)
  • 7.『日本中世の法と経済』 下村效 続群書類従完成会 1998 (GB241-G8)外部サイトへのリンク
    「第7章 豊臣氏官位制度の成立と発展」
  • 8.『戦国・織豊期の武家と天皇』 池享 校倉書房 2003 (GB235-H13)外部サイトへのリンク
  • 9.加藤秀幸「一字書出と官途(受領)挙状の混淆について」(『古文書研究』(5) 1971.11 pp.17-49)(Z8-1437)ic_ref.png
  • 10.木下聡「官途状の形式とその地域的・時期的特徴について」(『史学雑誌』115(9) [2006.9] pp.1571-1592)(Z8-321)ic_ref.png
  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡