トップ調べ方案内社会・労働・教育・スポーツ名簿を調べる>医師の名簿

医師の名簿

医師の名簿には以下のようなものがあります。
【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、版によって請求記号が異なります。NDL-OPACでタイトルを入力して検索してください。

目次

1. 現代の医師の名簿
2. 明治から昭和前期までの医師の名簿
2-1. 明治期
2-2. 大正期
2-3. 昭和前期

 

1.現代の医師の名簿

  • 『全国医師名簿』(ドクターズファミリー 年刊)
    都道府県別に、医師の氏名、医院名、住所、電話番号、診療科目を掲載しています。
  • 『醫籍総覧』(醫事公論社 年刊)
    都道府県別に病院と開業医を掲載しています。開業医は、氏名、科目、院名または勤務先、住所、電話番号、出身県、生年月日、学歴、登録番号、略歴などを掲載しています。東日本版は第80版(2004年発行)、西日本版は第81版(2005年発行)をもって刊行を終了しました。
  • 『日本医籍録』(医学公論社 1-2年に1回刊)
    市区郡別に、医師の氏名、専門科名、自営医・病院名または勤務先、住所、出身地、生年月日、出身校、登録番号、経歴などを掲載しています。東日本版は第77版(2004年発行)、西日本版は第78版(2005年発行)をもって刊行を終了しました。
  • 『日本医家名鑑』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(金原出版 1976 【E2-79】)
    都道府県別に、医師の氏名、生年月日、医籍登録番号、専門科名、現住所、勤務先、出身地、出身校などが掲載されています。

大学の医学部に所属する医師は、次の資料にも掲載されています。

  • 『医育機関名簿』(羊土社 年刊)
  • 『医学研究者名簿』(医学書院 年刊)
    2004年版をもって刊行を終了しました。
  • 『医科学研究者名簿 ライフサイエンス 全国国公私立研究所・薬学部・歯学部』(羊土社 隔年刊)
    2005年版をもって刊行を終了しました。
  • 『全国大学職員録』(廣潤社 年刊)
    2006年版をもって刊行を終了しました。

2.明治から昭和前期までの医師の名簿

2-1.明治期

  • 『眼科医家人名辞書』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(思文閣出版 2006 【SC2-H168】)
    江戸期および明治初期の眼科医の人名辞典です。氏名の50音順に、生没年、経歴が掲載されています。

地域別の医師の名簿としては、以下のような資料もあります。

2-2.大正期

地域別の医師の名簿として、以下のような資料もあります。

2-3.昭和前期

  • 『日本医籍録』(医事時論社 1-2年に1回刊)
    昭和3年からほぼ毎年刊行されています。都道府県に、医師の姓名、住所、生年月日、出身、経歴などの一覧が掲載されています。昭和前期の資料は、国立国会図書館デジタルコレクションにも収録されています。
  • 『日本医事年鑑』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(日本医事新報社 【60-1461】)(国立国会図書館デジタルコレクション
    昭和12-14年度版に「日本医師名簿」があり、医師の住所、姓名の一覧が掲載されています。台湾、朝鮮、満州なども含まれています。昭和12-15年度版には「医学博士録」があり、氏名、本籍、出身大学、専門科目などが掲載されています。

地域別の医師の名簿として、以下のような資料もあります。

「調べ方案内」内関連コンテンツ

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡