トップ調べ方案内経済・産業統計を調べる>長期統計

長期統計

経済・社会分野における総合的な長期統計を紹介します。長期統計は、過去の統計を長期にわたり一望できる統計資料です。それぞれの掲載統計には出典となる統計名が記載されており、さらに調査を広げることもできます。
【 】内は当館請求記号です。請求記号が記載されていないものは、版によって請求記号が異なります。NDL-OPAC国立国会図書館の所蔵情報へのリンクでタイトルを入力して検索してください。

 

目次

1.インターネット情報源
2.戦前に刊行された統計資料
3.戦後に刊行された統計資料

 

1.インターネット情報源

  • 日本の長期統計系列外部サイトへのリンク(総務省統計局)
    明治から平成までの日本の国土、人口、経済、社会、文化などに関する統計について、時系列データを総合的に収録して取りまとめたサイトです。データの更新は平成24年3月までです。

2.戦前に刊行された統計資料

3.戦後に刊行された統計資料

  • 『日本長期統計総覧』(日本統計協会 1987-1988)
  • 『日本長期統計総覧-新版』(日本統計協会 2006)
    明治から平成にかけての広範な分野にわたる分野の統計を集成し時系列統計としたものであり、官公庁またはこれに準ずる機関が公表したデータを掲載しています。
  • 『完結昭和国勢総覧』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(東洋経済新報社 1991 【DT31-E7】)
    第一次国勢調査が行われた大正9(1920)年から昭和63(1988)年までの広範な分野にわたる分野の主要統計を網羅し、その推移を総括したものです。国勢全般をカバーすると同時に、戦時統計、植民地関係のデータなどを収録しています。民間の資料を多く典拠にしているため『日本長期統計総覧』にはない統計も多く含んでいます。(目次例: 第3巻
  • 『数字でみる日本の100年』(矢野恒太記念会 不定期刊)
    経済・社会分野の総合統計である『日本国勢図会』国立国会図書館の所蔵情報へのリンク(矢野恒太記念会 年刊 【Z41-107】)の長期統計版です。(目次例:2013年版
  • 『長期経済統計:推計と分析』(東洋経済新報社 1965-1988 【330.59-Ty9924】)(国立国会図書館デジタルコレクション:1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14
    明治以降の多数の統計に加工・推計をほどこして長期統計としてまとめたものです。各巻の内容は、国民所得、労働力、資本ストック、資本形成、貯蓄と通貨、個人消費支出、財政支出、物価、農林業、鉱工業、繊維工業、鉄道と電力、地域経済統計、貿易と国際収支となっています。

関連する「調べ方案内」へのリンク

  • 国立国会図書館
  • NDL-OPAC 国立国会図書館蔵書検索・申込システム
  • 国立国会図書館サーチ
  • 国立国会図書館デジタルコレクション
  • ひなぎく
  • レファレンス協同データベース
  • 本の万華鏡